HOME > 美容・健康コラム > 子育てのヒント > ぐずる赤ちゃんを長時間抱っこして腕がパンパンになる産後ママへ

美容・健康コラム

< 母乳だけで育てなきゃって思っている産後ママに、母乳育児の落とし穴  |  一覧へ戻る  |  赤ちゃんの抱っこで手首に激痛を感じる産後ママへ... >

ぐずる赤ちゃんを長時間抱っこして腕がパンパンになる産後ママへ

こんにちは!産後ママ・子育てママの笑顔と健康を守る!KenKen接骨院の青森です。



疲れにくい抱っこの仕方はあるの?
 
 
産後、育児の中で一番多くの時間行うことの一つが『抱っこ』。
 
 
この抱っこですが、いろいろなママを見て思うのが、抱っこの仕方も人それぞれといこと。
 
 
赤ちゃんにとってどんな抱っこの仕方がいいか?といことは、赤ちゃんにしかわかりません。
赤ちゃんが安心して抱っこされていることが一番だと思います。
 
 
しかし抱っこの仕方によっては、手首を痛めてしまうママが多くいることも事実なのです。
 
 
そこで、今回はママが手首を痛めることなく長時間抱っこしても疲れにくい抱っこの仕方をお伝えします。
 
 
抱っこで寝かしつけをして腕が筋肉痛になる…
抱っこした後は、しばらく手を使うことをしたくなくなる…
授乳の時に手首が痛くなる…
 
 
そんなママにきっとお役に立てると思います。

いやいや、もう手首痛いのよ!って方はこちら→https://www.kenkennov18.com/blog/entry/post-36/index.php
 
 
手首を痛めにくい抱っこの仕方
 
 
あなたは、普段どんなふうに抱っこしていますか?
 
 
抱っこの種類は大きく分けて『よこ抱き』と『たて抱き』の2種類ですね。
 
 
首が座ってくると、今まで天井しか見えていなかった視野が広がるせいか、たて抱きを好む赤ちゃんが増えますね。
よこ抱き・たて抱きの両方に共通するのが、手のひらの向き。
 
 
一般的に、よこ抱きでは手のひらを赤ちゃんのお尻に当て、ひじの関節あたりで頭を受けるように抱っこすることが多いのではないでしょうか。


 
また、たて抱きの場合は腕の前腕と呼ばれるひじより先~手首までの部分で、お尻を支えてあげるように抱っこすると思います。

 
 
どちらも、手のひらの向きは赤ちゃんの体のほうを向いていますね。
 
 
手のひらを赤ちゃんの方に向けて抱っこすると、ひじを曲げるための筋肉を使って赤ちゃんを支えます。
ひじを曲げる筋肉は、専門用語では屈筋と呼ばれ、反対にひじを伸ばす筋肉は伸筋と呼ばれます。
 
 
ここで実験をしてもらいたいのですが、写真のように手のひらを上に向けた状態と下に向けた状態で、誰かに上から腕を抑えてもらってください。
その時に手のひらがどちらを向いているほうが力が入りやすいか?感じてみてください。




 
 
おそらく、ほとんどの方が手のひらを下に向けた時のほうが力が入りやすいと感じるのではないでしょうか。
これは古武術の体の使い方の原理で、古武術では伸筋をうまく使うことで最小の力で相手を倒すことができるのだそうです。
この古武術は介護などにも取り入れられていて、介護する側の体の使い方を変えることで、体を痛めることなく介護ができるようにと介護技術が開発されています。
 
 
この古武術の原理を生かして赤ちゃんを抱っこすると、最小限の力で長時間赤ちゃんを抱っこすることができるようになるので、その方法を皆さんにご紹介します。
 
 
疲れにくい抱っこ
 
 
よこ抱き

 
よこ抱きの際には、頭側の手のひらを下へ向けます。
そして頭側の手首を、反対のお尻側の手でつかむようにします。
これで赤ちゃんを安定して抱っこすることができます。
 
 
たて抱き

 
たて抱きの場合は、お尻の下に回す腕の手のひらを下へ向けます。
下へ向けた手を、反対側の手のひじのあたりにひっかけるようにして固定します。
反対の手は背中や頭を支えてあげると赤ちゃんも安心ですね。
 
 
まとめ
 
 
抱っこの時は手のひらの向きを意識してみてください。
また抱っこに限らず、体にだるさや疲れ、痛みを感じるということは体から何かしらのサインが出ているということです。そんな時は無理することなく、体の声に耳を傾け専門家にご相談ください。


痛いときはまずこちらを試してみてくださいね!→https://www.kenkennov18.com/blog/entry/post-36/index.php
 
 
KenKenでは
産後ママさん、子育てママさんの
サポート体制を充実させています。
 
産後の体のことで何かお悩みがあれば、
ぜひお気軽にご相談下さいね。
 
 
ご相談はこちらから
LINEで友達追加すると
オープンスペースや健康な食について
子育てのためになる情報を
毎月第2第4土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから
『抱っこ』と返信してください!
 
友だち追加;
;  
 
 
KenKenの産後骨盤矯正について詳しくはこちら!
今ならキャンぺーンで1980円で3回お試しできます!
産後骨盤矯正について

カテゴリ:

< 母乳だけで育てなきゃって思っている産後ママに、母乳育児の落とし穴  |  一覧へ戻る  |  赤ちゃんの抱っこで手首に激痛を感じる産後ママへ... >

同じカテゴリの記事

子どもにはアソビを与えず、ヒマを与える 子育てのヒント 広島の産前産後ママへ

■子どもにはアソビを与えず、ヒマを与える■


 




自分らしく幸せ感じる、
産後・マタニティの体づくり専門家、青森です。



 
人のを他の動物と区別する行為の一つが、「アソビ」です。



 
人間以外のほとんどの動物は、生命維持活動と繁殖活動を主に行っています。
(イルカやカラス、パンダなど例外もあり)



 
生命維持・繁殖活動以外を「アソビ」とするなら、人間の日常的な活動は、ほとんどが「アソビ」です。



 
【「アソビ」とは人の本質である】
という、ヨハン・ホイジンガさんという歴史家の言葉もあるように、人が人である所以は、「アソビ」にあるのです。



 
では「アソビ」の条件はなんでしょうか?



 
「アソビ」の条件の一つは、自由=ヒマであることです。



 
「アソビ」とは自由な独立した活動で、強制されるものではなく、何かのために行うものでもないのです。



 
2つ目の条件は、適度なルール=制約があることです。



 
スポーツや、トランプ、ゲームでもルールがあることで楽しむことができます。



 
面白くあるためには、一定の制約が必要になるのです。


 
 
では現在の子ども達に、「自由=ヒマ」と「適度なルール=制約」は存在するのでしょうか?



 
ベネッセの調査では、小学生のほとんどが習い事や塾に勤しんでいます。



 
しかも習い事の半数が親(母親)のきっかけで始めているそうです。



 
習い事や塾、学校に時間を奪われ、現代の子ども達はとにかく忙しい環境にあるようです。
 



そして、家にいる時間には、テレビやゲーム、スマホでその貴重な時間を潰してしまっています。



 
趣味(工作・絵を描く・ピアノ)へ時間を使う子どもはごく少数に過ぎず、特に男の子にはほとんどいないのです。



 
大人でもテレビやスマホには、貴重な時間を奪われます。



 
現代の子どものように忙しい(ヒマな時間がない)環境であるならば、余計にスマホやテレビなどの制約によって、ヒマな時間を作ってあげることが重要なのではないでしょうか?



 
そうしてできた、ヒマな時間を子どもがどう使うか、子どもが頭を使い始めるきっかけになるのです。
 
 
 
=================
LINE@に友達追加で以下の特典をプレゼント中!
 
産後と子育てに役立つ動画をプレゼント中
『最速最短で体型を戻す体操動画』
『寝かしつけテクニック動画』
 
プレゼントはこちらから
 
 
友達追加はこちらから
 
 
無料でママ育パパ育コンテンツを配信している、オンライン『ネウボラ』のLINE@やっています!
ぜひ友達追加して、ママ・パパのための学べるコンテンツを受け取ってください!
オンライン『ネウボラ』の無料LINE@追加はこちら
 

無制限にスマホを与える影響 子育てのヒント 広島の産前産後ママへ


■無制限にスマホを与える影響■






 
自分らしく幸せ感じる、
産後・マタニティの体づくり専門家、青森です。
 
 
いまの時代、ゲームやおもちゃ、テレビにスマホ、遊んで暇をつぶすことに悩む子どもなんて、いないのかもしれませんね。
 
 
 
 
でもちょっと待って!
 
 
 
 
無制限にそれらを与え続けることで、子どもがどうなるのか知っていますか?
 
 
 
 
東北大学と仙台市の調査によると、1日「勉強2時間以上」していても、会話アプリで「チャット2時間以上」の中学生の成績は、「チャット1時間未満」の子より、約10点も低くなってしまうそうです。
 
 
 
 
それは、「勉強30分未満」で「チャット1時間未満」の子どもとほぼ同じ点数に。(2014年度、東北大学と仙台市調査・分析)
 
 
 
 
スマホは、どこかで大人が、「使い方」や「使う時間」に対して制限をかけないと、無制限では子どもにとってデメリットになるということですね。
 
 
 
 
スマホに限らず、おもちゃや、ゲームなどの遊びは、安易に与えず、子どもの力を伸ばす与え方を考えてみましょう!
 
 
 
 
その具体的な方法については、また次回!
 
 
 
 
=================
LINE@に友達追加で以下の特典をプレゼント中!
 
産後と子育てに役立つ動画をプレゼント中
『最速最短で体型を戻す体操動画』
『寝かしつけテクニック動画』
 
プレゼントはこちらから
 
 
友達追加はこちらから
 
 
無料でママ育パパ育コンテンツを配信している、オンライン『ネウボラ』のLINE@やっています!
ぜひ友達追加して、ママ・パパのための学べるコンテンツを受け取ってください!
オンライン『ネウボラ』の無料LINE@追加はこちら
 

【子育て本紹介】『子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則』


■読書をする暇がないママのために、育児に役立つ本の紹介■
 





自分らしく幸せ感じる、
産後・マタニティの体づくり専門家、青森です。


 
 
【子供を叱り続ける人が知らない「5つの原則」それは「しつけ」か、「押しつけ」か。】

 
著者:石田勝紀


出版社:ディスカバートゥエンティワン


 




内容
 
子どもを叱り続けてしまうことへの疲れたママや、いくら叱っても変化のないことへの無力感を感じているママからの、著者に寄せる子育てに関する相談の実例と、その相談に対留守具体的なアドバイスや、解決方法ががたくさん紹介してあって、相談内容には共感する部分も多く、実際のアドバイスも実践的で分かりやすく、普段の子育てにも取り入れやすいものばかりです。
 
 

 
この本を参考に、今回「子育て5つの原則」というシリーズで動画を配信しています。

 

 
動画の中では、僕自身の子育ての悩みや実体験をもとにした内容も交えて、分かりやすく解説する形でお伝えしています。


 
 
育児で忙しくて、本を開く暇がないママのために、動画という形で本のエッセンスを簡潔にまとめています。


 
 
ぜひお子さんの寝かしつけの後や、お昼寝中にでもご覧ください。
音声だけでも伝わるよう努めていますので、何か家事をしながらでもぜひご視聴ください!


 
 
「子育て5つの原則」
動画アーカイブはこちら


 
 
各原則ごとのURLはこちら
 
原則①「自分と同じ価値観の人はいない」


 
 
原則②「子供は楽しいことしかやらない」


 
 
原則③「人には必ず長所がある」


 
 
原則④「意識しないと目に見えない成長がある」
 


 
原則⑤「叱るより諭す、感情をコントロールする方法」
 
 
 
 
 
=================
LINE@に友達追加で以下の特典をプレゼント中!
 
産後と子育てに役立つ動画をプレゼント中
『最速最短で体型を戻す体操動画』
『寝かしつけテクニック動画』
 
プレゼントはこちらから
 
 
友達追加はこちらから
 
 
無料でママ育パパ育コンテンツを配信している、オンライン『ネウボラ』のLINE@やっています!
ぜひ友達追加して、ママ・パパのための学べるコンテンツを受け取ってください!
オンライン『ネウボラ』の無料LINE@追加はこちら
 

子育て5つの原則⑤ 「叱る」より「諭す」感情をコントロールする唯一の方法を見つけた!


■子供に向けた感情をコントロールする唯一の方法■

 
 
 



自分らしく幸せ感じる、
産後・マタニティの体づくり専門家、青森です。
 
 
 
子どもに対して、感情的になってもいい結果が得られることはないと、誰もが認識していながら、なかなか自分の感情をコントロールすることって難しいというのが、現実ではないでしょうか。
 
 
 
 
時間のない朝にぐずぐずされる時や、毎日毎日同じことを何度も何度も注意している時など、
 
 
 
 
「何回言ってもわからんのんなら、もう知らん!勝手にしなさい!」
 
 
 
 
と突き放すような態度をとってしまうこともありますよね。
 
 
 
 
でも、結果子どもの行動が改善されることはないんじゃいですか?
 
 
 
 
当然、私たち親も人間である以上、感情的になってしまうことは避けられません。
 
 
 
 
僕自身も「怒る」は感情的、「叱る」は教育的と認識していて、いつも「叱る」を実践しようと思いながら、結局「怒る」になっていることがしばしばです。
 
 
 
 
ただ、「怒る」や「叱る」よりも、さらに「諭す」ほうが子どもには伝わりやすいんだそうです。
 
 
 
 
「諭す」とは、感情的にならず、行動をの問題点を指摘することです。
 
 
 
 
ん〜、わかっちゃいるけど…
って感じますよね。
 
 
 
 
冒頭にも触れたように、ほとんどの親は、怒っても意味がなく、できる限り怒らずに問題点を伝えたいと思っているはず。
 
 
 
 
でも感情のコントロールがうまくいかない時があって、なかなかそれができずに苦しい思いをしながら、毎日子どもと関わっているのではないでしょうか?
 
 
 
 
感情のコントロールについては、「アンガーマネジメント」など理論的に体系化された手法がありますが、そのプログラムをじっくり受けることは現実的ではありませんし、そういったプログラムを具体的に解説した本を読んでも、そう簡単に感情がコントロールできるようになるとも思えません。
 
 
 
 
でもどうにか感情をコントロールしたい!
 
 
 
 
と思って、毎日子どもと向き合いながら、どうすれば感情をコントロールできるようになるかを考えていました。
 
 
 
 
そして、唯一の方法を発見しました。
 
 
 
 
発見したと言っても、僕自身に効果があっただけで他の人に効果があるかは分かりません。
 
 
 
 
ただ、僕自身はこれで圧倒的に感情をコントロールすることが簡単になりました!
 
 
 
 
なので、ぜひ試してみてください。
 
 
 
 
方法は簡単で、怒ってしまいそうな時に、「あること」を考えるだけ。
 
 
 
 
「あること」については動画をご覧くださいね!
 


 
=================
LINE@に友達追加で以下の特典をプレゼント中!
 
産後と子育てに役立つ動画をプレゼント中
『最速最短で体型を戻す体操動画』
『寝かしつけテクニック動画』

 
プレゼントはこちらから
 
 
友達追加はこちらから
 
 
無料でママ育パパ育コンテンツを配信している、オンライン『ネウボラ』のLINE@やっています!
ぜひ友達追加して、ママ・パパのための学べるコンテンツを受け取ってください!
オンライン『ネウボラ』の無料LINE@追加はこちら
 
 
 

子供の肉体的成長は目に見えるが、精神的成長は目に見えない 広島のママへ子育てのヒント

■子供の肉体的成長は目に見えるが、精神的成長は目に見えない■
 
自分らしく幸せ感じる、
産後・マタニティの体づくり専門家、青森です。
 
 
 





 
子供の身長が高くなることや、顔つき、体型なんかは見た目で成長がわかりますが、精神的な面や能力的な面の成長は、見た目では分かりにくい部分です。
 
 
 
 
もちろん、毎日一緒にいると身体的な面も分かりにくいんですが。
 
 
 
 
小さい頃は〇〇ができるようになった!
 
 
 
 
という分かりやすい成長の変化がありますが、成長とともにだんだんそういった『分かりやすくできるようになった』ってことは減っていきます。
 
 
 
 
いつの間にか足が速くなっていたり、
いつの間にか絵が宇宙人から人らしくなっていたり。
 
 
 
 
箸の使い方だって、使い始めた頃より1年2年すると見違えるほど上手になってるけど、意識して感じようとしないと、うまくなったなぁ〜って気付きにくいでしょ。
 
 
 
 
能力や精神的な面の成長は、結構注意しておかないと気づきにくかったりします。
 
 
 
 
そう考えると、気づきにくいけど、子どもって見えない部分もすごいスピードで成長し続けているんですよね。
 
 
 
 
特に精神的な面なんて、親の想像をはるかに超えて成長していたりするんだと思います。
 
 
 
 
反対に親である僕たちって、ほとんどの面でほぼ成長は止まってますよね。笑
 
 
 
 
だって去年より箸の使い方って上手くなってますか?笑
 
 
 
 
まぁ、練習した人なら成長しているかもしれませんが、全く使えなかった状態から使えるようになった子どもの成長幅と、下手なりに使えていたのが綺麗に使えるようになった大人の成長幅だったら、子どもの成長幅の方が大きいですよね。
 
 
 
 
また箸のように大人でも仕事上、生活上のスキルの上達はあるかもしれませんが、精神的な成長となるとどうですかね…笑
 
 
 
 
1年間瞑想に取り組んだとかなら変化はあるかもしれませんが、これも子供と比べると、成長のスピードが桁違いではないでしょうか?
 
 
 
 
肉体的な面や精神的な面でほぼ完成されている親とは違い、子供はあらゆる面で能力が信じられないくらいのスピードで成長しています。
 
 
 
 
その成長に親である私たちはしばしばついていけないことがあります。
 
 
 
 
普段よっぽど注意してみているか、何かのイベントで客観的に子どもを見る機会でもないと、子どもの精神的な部分の成長なんて感じることはできません。
 
 
 
 
けど、その成長を感じていない間も、子どもはとてつもないスピードで成長しています。
 
 
 
 
が、当然思っているよりゆっくりな部分だってあります。
 
 
 
 
思っているより速くても、思っているよりゆっくりでも、「子どもは猛スピードで成長中」なんです。
 
 
 
 
それは個人差だから。
 
 
 
 
いくら親子でも個人差。
 
 
 
 
いくら兄弟でも個人差。
 
 
 
 
でも、生じる「ずれ」。
 
 
 
 
特に思っているより、成長してないじゃん!っていう「ずれ」は色々なトラブルを生みます。
 
 
 
 
お兄ちゃんは、〇才で〇〇できてたのに!とか。
 
 
 
 
その「ずれ」のせいで、子どもを「昔の自分」や「他の誰か」と比較して見てしまうことがよくあります。
 
 
 
 
その比較の結果、ついつい余計な一言を発し、子どもの反発を生んだりします。
 
 
 
 
親の余計な一言も、子どもの反発も、親である私たちが「子供は成長している最中」という認識を持てば、減らしていけるものではないでしょうか。
 
 
 
 
親が思っているより子どもの成長スピードは早く、今はできていなくても、明日、来週、来月とできる日はすぐそこなのかもしれません。
 
 
 
 
子どもは成長中!という認識を持って子どもを見てくことがとても大切かもしれませんね!
 
 
 
 
=================
■LINE@に友達追加で以下の特典をプレゼント中!■
 
産後と子育てに役立つ動画をプレゼント中
『最速最短で体型を戻す体操動画』
『寝かしつけテクニック動画』
 
プレゼントはこちらから
 
 
 
 
今なら3回体験4980円で受けられます!
KenKenの産前産後ケアを体験して見たい方はこちら
※キャンペーンは予告なく終了している場合がございますので、ご了承ください
 
 
 
■無料でママ育パパ育コンテンツを配信しています!■
オンライン『ネウボラ』

 
ぜひ友達追加して、ママ・パパのための学べるコンテンツを受け取ってください!
オンライン『ネウボラ』の無料LINE@追加はこちら
 

このページのトップへ