HOME > 美容・健康コラム > 子どもが嘘をつく理由 子育てのヒント 広島の産前産後ママへ

美容・健康コラム

< 子どもにはアソビを与えず、ヒマを与える 子育てのヒント 広島の産前産後ママへ  |  一覧へ戻る  |  自分の感情を上手くコントロールする方法 >

子どもが嘘をつく理由 子育てのヒント 広島の産前産後ママへ


■子どもが嘘をつく理由■



 




自分らしく幸せ感じる、
産後・マタニティの体づくり専門家、青森です。
 
 
 
 
兄弟ゲンカや、お友達とのケンカで、トラブルになった時に、「どっちが先にやった」とか、「相手がこんなに悪かった」などを、子どもが親に訴えてくることがあると思います。
 
 
 
 
こういった訴えの中には、嘘ともとれる、真実を判断するのが難しい「主観的意見」が混じっているもの。
 
 
 
 
嘘とまではいかないにしても、本人の思い込みや勘違いによる「主観的意見」に対して、子どもは自分を正当化するためにアピールします。
 
 
 
 
実際に「主観的意見」は、当事者以外は真実を確かめる方法は少ないでしょう。
 
 
 
 
では子どもは、なぜ親にそういった訴えやアピールをするのでしょうか?
 
 
 
 
それは、親が「裁定者」となっているから。
 
 
 
 
例えば、親がAちゃんとBくんの、それぞれの訴えを聞いて、ケンカの原因を判断し、それなら「Aちゃんが悪かったから、謝ろうか。」と和解の手助けをすると、Bくんは訴えをアピールすることで、勝利したという感情が記憶されます。
 
 
 
 
そうすると、またケンカになった時には、自分が有利な判定をもらえるような訴えをアピールしてくるようになります。
 
 
 
 
これは、子どものケンカに対して、親が過剰に干渉してしまうことにより起こる現象です。
 
 
 
 
親はもちろん良かれと思ってしていることでも、子どもの成長にとってはあまり良くない手助けなのかもしれませんね。
 
 
 
 
親は裁定者にならずに、子ども達が自主的に和解できるお手伝いをしてあげましょう。
 
 
 
 
具体的には、
 
 
 
 
それぞれに
「何が嫌だったの?」かを聞いてあげて、お互いの嫌だったことを理解してもらい、「どうすればいい?」かを考えてもらうことです。
 
 
 
 
子どものケンカは、子ども達に自分で解決させるよう手伝ってあげることが、望ましいのではないでしょうか。
 
 
 
 
=================
LINE@に友達追加で以下の特典をプレゼント中!
 
産後と子育てに役立つ動画をプレゼント中
『最速最短で体型を戻す体操動画』
『寝かしつけテクニック動画』
 
プレゼントはこちらから
https://www.kenkennov18.com/smart/blog/entry/post-49/index.php
 
 
友達追加はこちらから
https://line.me/R/ti/p/%40kenken1118
 
 
無料でママ育パパ育コンテンツを配信している、オンライン『ネウボラ』のLINE@やっています!
ぜひ友達追加して、ママ・パパのための学べるコンテンツを受け取ってください!
オンライン『ネウボラ』の無料LINE@追加はこちら
http://nav.cx/7Cg4bQm
 

< 子どもにはアソビを与えず、ヒマを与える 子育てのヒント 広島の産前産後ママへ  |  一覧へ戻る  |  自分の感情を上手くコントロールする方法 >

このページのトップへ