HOME > 美容・健康コラム > 子育て情報 > 子供の肉体的成長は目に見えるが、精神的成長は目に見えない 広島のママへ子育てのヒント

美容・健康コラム

< 子どもの長所を3つ即答できないママに絶対オススメ!良いとこばかり見えるメガネの掛け方  |  一覧へ戻る  |  子育て5つの原則⑤ 「叱る」より「諭す」感情をコントロールする唯一の方法を見つけた! >

子供の肉体的成長は目に見えるが、精神的成長は目に見えない 広島のママへ子育てのヒント

■子供の肉体的成長は目に見えるが、精神的成長は目に見えない■
 
自分らしく幸せ感じる、
産後・マタニティの体づくり専門家、青森です。
 
 
 





 
子供の身長が高くなることや、顔つき、体型なんかは見た目で成長がわかりますが、精神的な面や能力的な面の成長は、見た目では分かりにくい部分です。
 
 
 
 
もちろん、毎日一緒にいると身体的な面も分かりにくいんですが。
 
 
 
 
小さい頃は〇〇ができるようになった!
 
 
 
 
という分かりやすい成長の変化がありますが、成長とともにだんだんそういった『分かりやすくできるようになった』ってことは減っていきます。
 
 
 
 
いつの間にか足が速くなっていたり、
いつの間にか絵が宇宙人から人らしくなっていたり。
 
 
 
 
箸の使い方だって、使い始めた頃より1年2年すると見違えるほど上手になってるけど、意識して感じようとしないと、うまくなったなぁ〜って気付きにくいでしょ。
 
 
 
 
能力や精神的な面の成長は、結構注意しておかないと気づきにくかったりします。
 
 
 
 
そう考えると、気づきにくいけど、子どもって見えない部分もすごいスピードで成長し続けているんですよね。
 
 
 
 
特に精神的な面なんて、親の想像をはるかに超えて成長していたりするんだと思います。
 
 
 
 
反対に親である僕たちって、ほとんどの面でほぼ成長は止まってますよね。笑
 
 
 
 
だって去年より箸の使い方って上手くなってますか?笑
 
 
 
 
まぁ、練習した人なら成長しているかもしれませんが、全く使えなかった状態から使えるようになった子どもの成長幅と、下手なりに使えていたのが綺麗に使えるようになった大人の成長幅だったら、子どもの成長幅の方が大きいですよね。
 
 
 
 
また箸のように大人でも仕事上、生活上のスキルの上達はあるかもしれませんが、精神的な成長となるとどうですかね…笑
 
 
 
 
1年間瞑想に取り組んだとかなら変化はあるかもしれませんが、これも子供と比べると、成長のスピードが桁違いではないでしょうか?
 
 
 
 
肉体的な面や精神的な面でほぼ完成されている親とは違い、子供はあらゆる面で能力が信じられないくらいのスピードで成長しています。
 
 
 
 
その成長に親である私たちはしばしばついていけないことがあります。
 
 
 
 
普段よっぽど注意してみているか、何かのイベントで客観的に子どもを見る機会でもないと、子どもの精神的な部分の成長なんて感じることはできません。
 
 
 
 
けど、その成長を感じていない間も、子どもはとてつもないスピードで成長しています。
 
 
 
 
が、当然思っているよりゆっくりな部分だってあります。
 
 
 
 
思っているより速くても、思っているよりゆっくりでも、「子どもは猛スピードで成長中」なんです。
 
 
 
 
それは個人差だから。
 
 
 
 
いくら親子でも個人差。
 
 
 
 
いくら兄弟でも個人差。
 
 
 
 
でも、生じる「ずれ」。
 
 
 
 
特に思っているより、成長してないじゃん!っていう「ずれ」は色々なトラブルを生みます。
 
 
 
 
お兄ちゃんは、〇才で〇〇できてたのに!とか。
 
 
 
 
その「ずれ」のせいで、子どもを「昔の自分」や「他の誰か」と比較して見てしまうことがよくあります。
 
 
 
 
その比較の結果、ついつい余計な一言を発し、子どもの反発を生んだりします。
 
 
 
 
親の余計な一言も、子どもの反発も、親である私たちが「子供は成長している最中」という認識を持てば、減らしていけるものではないでしょうか。
 
 
 
 
親が思っているより子どもの成長スピードは早く、今はできていなくても、明日、来週、来月とできる日はすぐそこなのかもしれません。
 
 
 
 
子どもは成長中!という認識を持って子どもを見てくことがとても大切かもしれませんね!
 
 
 
 
=================
■LINE@に友達追加で以下の特典をプレゼント中!■
 
産後と子育てに役立つ動画をプレゼント中
『最速最短で体型を戻す体操動画』
『寝かしつけテクニック動画』
 
プレゼントはこちらから
 
 
 
 
今なら3回体験4980円で受けられます!
KenKenの産前産後ケアを体験して見たい方はこちら
※キャンペーンは予告なく終了している場合がございますので、ご了承ください
 
 
 
■無料でママ育パパ育コンテンツを配信しています!■
オンライン『ネウボラ』

 
ぜひ友達追加して、ママ・パパのための学べるコンテンツを受け取ってください!
オンライン『ネウボラ』の無料LINE@追加はこちら
 

カテゴリ:

< 子どもの長所を3つ即答できないママに絶対オススメ!良いとこばかり見えるメガネの掛け方  |  一覧へ戻る  |  子育て5つの原則⑤ 「叱る」より「諭す」感情をコントロールする唯一の方法を見つけた! >

同じカテゴリの記事

産後のお尻と太ももを引き締めて、妊娠前のパンツがスッと入るようになる方法


 
 
↑↑↑タイトルが長い!笑






なぜ毎月30名以上の産後ママ

\KenKenを選ぶのか?/

 



産後にこんなことで

\悩んでいませんか?/

 
 
✅妊娠前のパンツが入らなくなった
✅スキニーパンツが履けない
✅お尻が横に広がった気がする

 
 
 
妊娠前のように、スラッとスキニーを着こなして、オシャレを楽しみたいですよね?
 
 






 
このページでは以下のことをお伝えします。
 
1.産後にお尻が広がるわけ
2.産後に脚が太くなるわけ
3.産後美脚と美尻になる方法
4.まとめ

 
 
 
このブログを読めば、あなたも美脚美尻の美人ママになることができます!
 
 
 
ぜひ最後まで読んでくださいね。






ママの喜びの声が

信頼の証です!/


 



 


 


 

 

 
 
 
 


 
産後に美脚美尻美人になる方法
 


広島の産前産後専門整体&パーソナルトレーニングジムのKenKenでは、毎月30名を超える出産後のママが新規で来院されますが、そのほとんどの方が痛みなどの症状以外に、出産後の『体型』に悩みを抱えています。
 
 
 
今回は体型の中でも一番多い『脚とお尻』について解説していきます。
 
 
 
骨盤の歪みが産後太りや体型変化の原因でないことはこちらのブログで書いていますので、読んでみてください。
https://www.kenkennov18.com/blog/entry/post-130/index.php
 
 
 
産後のお身体については、インターネットで色々な情報が出ていますが、その中には間違った常識や、広告として書かれた誇張表現もありますので、すべてを鵜呑みにしないように気をつけましょう!
 
 



 
1.産後にお尻が広がるわけ
 
 
出産後にお尻が広がった感じがしたり、実際に妊娠前に履いていたパンツがお尻でキツくなっていたりするママがいます。
 
 



 
なぜ出産後にお尻が広がり、パンツがキツくなるのでしょうか?
 
 
 
KenKenでは、こういったケースのママには、まず『妊娠中にガニ股になっていませんでしたか?』と質問します。
 
 
 
そうするとほとんどのママが、なってました!と答えられます。中には自覚なくガニ股になっているママもいますが…
 
 
 
ガニ股になると、股関節が外旋という外に開く動きをします。
 
 



 
爪先が外に向いた状態になってしまうんですね。
 
 
 
股関節が外旋になってしまうと、股関節の周りの筋肉が過剰に使われるようになり、筋肉が発達して股関節周囲の筋肉が大きくなってしまいます。
 
 
 
その結果、お尻の横幅が広がりお尻が広がったように見えたり、パンツが実際にきつくなってしまいます。
 
 
 
筋肉が大きくなったものは、産後骨盤矯正や施術などで小さくすることは不可能です。
 
 
 
まずは股関節を正しい位置で使えるように、股関節のトレーニングをする必要があります。
 
 
 
股関節が正しく使えるようになったら、必要な部分の筋肉が使われるようになり、自然と不要な筋肉は減っていきます
 
 




 
2.産後に足が太くなるわけ
 
 
 
産後に足が太くなってしまう理由は2つあります。
 
 
 
1つ目は先ほどと同じ理由で、妊娠中に股関節が外旋することにより太ももの前と外側にかかる負担が増え、筋肉が大きくなってしまうことで、足が太くなります。




 

 
 
 
妊娠中の外旋が産後も改善されずに残ってしまうと、太ももに負担がかかり続けて、腰痛や膝の関節炎などにつながりやすくなります。
 
 
 
2つ目はむくみが原因で足が太くなることがあります。
 
 
 
こちらは活動量の低下により筋力が低下することが原因で、筋力不足により足に届いた血液を上に戻す力が足りなくなっている状態です。



 
 
 
 
足では静脈と呼ばれる血液を心臓へ戻す血管を収縮させるのは、ふくらはぎなどの筋肉の役割です。
 
 
 
妊娠中の活動量の低下により、筋肉が痩せ細った状態では、血液を重力に抗って心臓まで戻す力がなくなり、血液が戻れずにたまった状態になってしまい、むくみが出てきます。
 
 
 
この状態を放置し続けると、下肢静脈瘤につながり、最悪の場合手術になるので、注意が必要です。
 
 
 
またこちらは股関節の外旋を戻していくようなトレーニングが大切です。
 
 
 
 



 
3.産後美脚美尻になる方法
 
 
美脚・美尻な産後美人になる方法をご紹介します。
KenKenのYouTubeチャンネルでは、様々なエクササイズや子育てに関する情報を配信しています。ぜひチャンネル登録お願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCn-FVMaalEmFHiqoTLcFj0g
 

太もも引き締めエクササイズ!

 





美脚エクササイズ






美尻エクササイズ


 





 
4.まとめ
 
 
簡単にできる美脚・美尻エクササイズはどうだったでしょうか?
 
 
 
出産後もキレイでいたいというママの願いを叶えるのが、私たちの使命です。
 
 
 
もし今あなたが体型や産後の不調で何か悩んでいるのなら、体型や子育てを1人で悩むのはやめてください!
 
 
 
1人でなんとかしようとしなくてもいいんです。
 
 
 
私たちや、同じくらいの子どもを持つママたちとの仲間で一緒に頑張ってみませんか?
 
 
 
そうすればもっと、あなたの子育てが楽しくなるはずです。
 
 
 
KenKenは『ママのための居場所』を
 
提供している接骨院です。
 
 
 
 
まずは体験に来てみてください
 
 
初回体験2,980円

(通常1回6,000円)



 
体験のお申し込みは以下のページからご希望の体験コースを選択して、それぞれの『返信キーワード』をLINE@にご返信ください。
 
↓↓↓体験について詳しくはこちら↓↓↓
https://www.kenkennov18.com/smart/blog/entry/post-123/index.php
 
 
LINE@に友達追加するには画面↓に表示されている緑のバナーをタップしてください。
※すでに友だち追加済みの方もバナーをタップするとLINEに戻ることができます。






本物の産後ケアを

\体感していただきたい/

 
 
 


 
当院では、整骨院でよくある施術(骨盤矯正)だけの産後ケアは基本的にしておりません。
 


なぜなら、骨盤矯正が一時的に効果があるように感じても、体型が変わらず辛い想いを続ける方が多いからです。
 


結局、体型と体の両方が良くならなければ、ママにとってお金も、時間も、通う労力も全くの無駄となります。
 


ひょっとすると、当院の施術は他の産後骨盤矯正と比べたら高く感じるのかも知れません。しかし、それはじっくり時間をかけて、高い技術と、運動指導を使って根本改善へと導くためです。
 
 
 
 
 
そこでお試しできるように、

1回2980円キャンペーン

をご用意しました
 
 



 
当院の技術が高いと言っても、体験しないと分からない事が多くあると思います。
 
そこで、初回2980円のキャンペーンをご用意しました。
 
これなら施術があなたに合うかどうか、費用の負担をあまり気にせず試せると思います。当院の施術を受けて、ぜひ違いを実感して下さい。
 

  




ママの喜びの声が

信頼の証です/




 
 

P.S
 
KenKenでは本気で体を良くしたい、体を変えたいという思いを持っているママとだけ、本気で向き合っています。
 
このブログを読んで、本気で『変えたい』と思ってくださったママなら必ず結果が出ます。
一緒に美しいくびれを作りましょう!
 
本気のママからのお申し込みお待ちしています!

本当の自分の気持ちに気づくコミュニケーション


本当の

自分の気持ちに気づく

コミュニケーション

 
 
 
自分が本当は何をしたいのか?
 






自分が本当はどうしたいのか?



実は知っているようで、あなたが気づいていない部分です。


 
 
パートナーとどんな家庭を築きたいのか?
 
 
 
どんなライフスタイルを望んでいるのか?
 
 
 
子どもを産み、子育てが始まり、当然のように自分の時間を子どもに費やしているあなた。



自分と向き合う時間なんて当然ないに等しいと思います。
 
 
 
では今振り返ってみて、あなたが思い描いていた人生を歩めているって胸を張って言えますか?
 
 
 
思い描いた通りでなくても、十分満足と言える人生を歩めていますか?
 
 
 
なんだか、こういうことを言うと宗教っぽくなって好きではないんですが。笑



昨年スタートしたコーチングですが、思ったより多くのママが申し込みしてくれて、そのママたちと対話していく中で気づいたことがありました。
 
 
 
コーチングに申し込んでくださったママは、夫婦関係をよくしたいという方が多いのですが、そのほとんどがパートナーとのミスコミュニケーションによって、悩みを複雑にしているのだということに気づきました。
 
 
 
どういうことかというと、あなたが思っている、考えている以上にパートナーは「あなたのことを想って考えて行動しているし、子供のことも考えてどうにかしたいと真剣に思っている」ケースが多かったということです。
 
 
 
こう言われても、


「うちはそんなことない!」



「絶対に何も考えてない!」



「あの人は何もわかっていない!」
 
 
 
今、あなたの頭の中にはこういった反論が浮かんだのではないでしょうか?



たしかにママから見ると、そう見えているかもしれません。
 
 
 
でもね、少し考えてみてください。
 
 
 
そう思っているあなたは、パートナーのことを本当に理解できていますか?
 
 
 
ミスコミュニケーションは、お互いの理解不足によって引き起こされるんです。
 


 
 
あなたは次の質問に即答できますか?





 
 
 
パートナーが最近仕事で悩んでいることはなんですか?
 
 
 
パートナーは仕事でどんな成功を目指していますか?
 
 
 
パートナーはあなたのことをどう想っていますか?
 
 
 
パートナーはどういうライフスタイルを望んでいますか?
 
 
 
パートナーがあなたと達成したいと想っていることはなんですか?
 
 
 
どうですか?
 
 
 
以上のことを、『直接聞いて』確かめてみたことはありますか?
 
 
 
あなたの想像や予測、妄想ではなく、直接本人に聴いたことがあるママってどれくらいいるでしょうか?



もし即答できて、それが本当にパートナーから聴いたものなら、このブログを読む必要はありませんので、すぐに閉じてもらって構いません。

 
 
 
でも、もし聞いたことがないのであれば、あなただってパートナーのことを理解できてないことになりますよね?
 
 
 
自分が相手のことを理解していないのに、自分のことを理解してもらおうとしても、それは原則から外れますし、はなはだ自分勝手な意見だとは思いませんか?
 
 
 
また、聞いてもはぐらかされたり、まともに話してもらえないというママもいるでしょうが、それはあなたが聴く姿勢になっていないからかもしれません。
 
 
 
最終的に自分の意見を伝えようと思って聴いていると、それは聴いたフリになります。
 
 
 
そうではなく、本当にパートナーにスポットライトを当てて、リポーターになったつもりでパートナーの話を聴いていますか?
 
 
 
『聴く』ということは、相手を理解するために聴きます。
 
 
 
でもそれって、実はすごく難しい技術なんですよね。
 
 
 
だから今できていなくても当たり前。
 
 
 
僕自身も人の話は「聞いたつもり」で、いつも自分の話をするタイミングを考えながら人と会話をしてる、最低なお喋りクソヤローでした。笑
 
 





聴く技術




 



気づきましたか?
 
 
 
さっきから『きく』を『聴く』という漢字と『聞く』という漢字に分けて使っています。
 
 
 
これはただ単に『聞く』のではなく、相手の話にフォーカスして『聴く』という意味を込めて区別しています。
 
 
 
僕が難しいと言った『聴く』ためには、相手への既知の情報がとても邪魔になります。
 
 
 
あなたもパートナーの話より、初めて会う人の話の方がなんとなく『聴ける』というのはイメージできませんか?
 
 
 
初対面の人に対して、知っていることはとても少ないですよね。
 
 
 
だから相手の話す内容をしっかりと『聴いて』、相手がどんな人なのか理解しようとします。
 
 
 
でも同じ話をパートナーがしていたらどうでしょうか?
 
 
 
パートナーの話を『聞く』とき、普段ならパートナーの人となりや、今までの言動を踏まえた上で話を聞くと思います。
 
 
 
例えば会話の中で『車』という言葉が出たとします。
 
 
 
この時に、パートナーのイメージする『車』をあなたは、瞬時に今までの経験からパートナーのイメージと近い車種を予測して会話を続けると思います。
 
 
 
わざわざ会話を遮って、「え?車ってどんなの?何色?メーカーは?車種は?」なんて聞かないですよね?



当然聞かれてもうざいんですが。笑
 
 
 
ほとんどの人は関係の深い相手とは、こうして抽象的な言葉からもある程度具体的なイメージを持ち、共有しながら会話をしています。
 
 
 
人はこの能力があるから、会話をテンポよく進めることができるんですが、この能力が時にミスコミュニケーションを生んでしまう原因にもなります。
 
 
 
このイメージする能力を使って会話をしていて、そのイメージが少しずつズレていっているのが「夫婦」です。
 
 
 
だって、夫婦になってたかだか数年〜十数年でしょ?
 
 
 
なのにどちらも相手のほとんどを理解した気になってる。
 
 
 
そんなに相手のことを理解できているわけないでしょ?
 
 
 
そのお互いの理解不足が、ちょっとしたイメージのズレを生み、そのズレが積もり積もっているのが、あなたの『今』です。
 
 
 
だからコーチングしながら、いつもこんなことを思うんです。
 


 
 
ママとパートナーが、お互いをもっと理解する時間を作ってあげたいなって。
 



 
子育てで忙しくて、働き盛りで帰りの遅いパートナーもいて、物理的にコミュニケーションを取る時間を作ること自体が難しい家庭もあるかもしれませんが、コミュニケーションは、量より質です。
 
 
 
子育てでも同じことが言えますが、いくらコミュニケーションの量を増やしても、そのほとんどをお互いの主張やミスコミュンケーションで使ってしまっては意味がありません。
 
 
 
まずはコミュニケーションの質を見直しましょう。
 
 
 
でも、それってパートナーも一緒に見直さなきゃ意味ないんじゃないの?
 
 
 
たしかに、一般的にはコミュニケーションは相手がいて行うものですが、実は自分とのコミュニケーションもとても大事、、、いや一番大事なんですよ。
 
 
 
だって自分と一番親密にコミュニケーションしているのは、間違いなく自分ですよね?
 
 
 
ということは、自分とのコミュニケーションの質が変われば、あなた自身が大きく変わるということです。
 
 
 
人は1日に9000回決断すると言われています。



 
 
 
その決断を下す時に、自分自身とコミュニケーションをしているんですよね。
 
 
 
だからコミュニケーションが変われば、自ずと決断が変わるということです。
 
 
 
決断が変われば、行動が変わります。
 
 
 
行動が変われば結果が変わる。






 
 
あなたがもし、今のままでいいと思っているなら別ですが、本当に何かを変えたいと思うなら、まずは自分とのコミュニケーションから変えてみませんか?
 
 
 
コーチングで、そのお手伝いができます。
 
 
 
今までコーチングを受けたママからは、
 
 
 
『パートナーを変えることはできないけど、自分が変われば見える世界が変わることに気づきました!』
 
 
『パートナーが何も考えていないとか、自分のことを応援してくれないと思っていたのは自分の思い込みで、私よりもっと深く考えてくれていた!』
 
 
 
こんな感想をいただいています。
 
 
 
もちろん自分とのコミュニケーションが変われば、人との関係だけでなく自分のやりたいことや、本当の気持ちに気づくことだってできます。
 
 
 
あるママは自分が本当にやりたいことに気づけて、行動する勇気が出た!と感想をくださいました。
 
 
 
そのママは、自分はこういう人間だと、自分で自分を制限していました。
 
 
 
そのため本当にやりたいことがあるにもかかわらず。行動できない、一歩踏み出せないという状況に陥っていて、しかもそれを、パートナーが育児や家事に協力してくれないせいにしていました
 
 
 
そこでまずは自分とのコミュニケーションを変えること、そしてまずは相手を理解することをトレーニングしていきました。
 
 
 
そうすると自分が信じていたことがまったく事実ではなく、ただの思い込み(妄想)であることに気づき、それまで失いかけていたパートナーへの信頼が一気に回復して、いまでは自分のやりたいことに向かって挑戦できるようになっています。
 
 
 
考えてみてください。
 
 
 
毎日、起きているあいだ中、


 
「あなたはダメな人間だ」
と言われ続けるのと、







「あなたは素晴らしい人間だ」
言われ続けるのだったらどっちがいいですか?




 
 
 
極端かもしれませんが、自分とのコミュニケーションの質が悪いと、毎日「あなたはダメな人間だ」と自分で自分に言い続けているようなものです。
 
 
 
そこまででなくとも、あなたが今何かうまくいっていないことがあったり、悩んでいることがある時に、自分に対してどんなコミュニケーションをするかはとても重要だということがわかってもらえたと思います。
 
 
 
そしてそのコミュニケーションは、子どもにも引き継がれます。
 


だって当然でしょ?



子どもって、まずはママやパパの真似するんだから


 
 
あなたのコミュニケーションの質は、そのまま一緒に過ごす時間の長い子どもに伝わり、引き継がれるのです。
 
 
 
これってめちゃくちゃ怖いことですよね?
 
 
 
でもそれくらいあなたのコミュニケーションは大事で、いろんなところに影響するんです。
 
 
 
今、あなたがコミュニケーションについて学び、コミュニケーションの質を変えることがどれだけ価値の高いことかご理解いただけたでしょうか?
 
 
 
自分にとっても、子どもにとっても、ご家庭にとっても、、、
 
 
 
あなたのコミュニケーションですべてが変わります。
 




 
 
ぜひコーチングを学んで、コミュニケーションを変えてみませんか?
 
 
 
お申し込みはこちら
 

子どもにはアソビを与えず、ヒマを与える 子育てのヒント 広島の産前産後ママへ

■子どもにはアソビを与えず、ヒマを与える■


 




自分らしく幸せ感じる、
産後・マタニティの体づくり専門家、青森です。



 
人のを他の動物と区別する行為の一つが、「アソビ」です。



 
人間以外のほとんどの動物は、生命維持活動と繁殖活動を主に行っています。
(イルカやカラス、パンダなど例外もあり)



 
生命維持・繁殖活動以外を「アソビ」とするなら、人間の日常的な活動は、ほとんどが「アソビ」です。



 
【「アソビ」とは人の本質である】
という、ヨハン・ホイジンガさんという歴史家の言葉もあるように、人が人である所以は、「アソビ」にあるのです。



 
では「アソビ」の条件はなんでしょうか?



 
「アソビ」の条件の一つは、自由=ヒマであることです。



 
「アソビ」とは自由な独立した活動で、強制されるものではなく、何かのために行うものでもないのです。



 
2つ目の条件は、適度なルール=制約があることです。



 
スポーツや、トランプ、ゲームでもルールがあることで楽しむことができます。



 
面白くあるためには、一定の制約が必要になるのです。


 
 
では現在の子ども達に、「自由=ヒマ」と「適度なルール=制約」は存在するのでしょうか?



 
ベネッセの調査では、小学生のほとんどが習い事や塾に勤しんでいます。



 
しかも習い事の半数が親(母親)のきっかけで始めているそうです。



 
習い事や塾、学校に時間を奪われ、現代の子ども達はとにかく忙しい環境にあるようです。
 



そして、家にいる時間には、テレビやゲーム、スマホでその貴重な時間を潰してしまっています。



 
趣味(工作・絵を描く・ピアノ)へ時間を使う子どもはごく少数に過ぎず、特に男の子にはほとんどいないのです。



 
大人でもテレビやスマホには、貴重な時間を奪われます。



 
現代の子どものように忙しい(ヒマな時間がない)環境であるならば、余計にスマホやテレビなどの制約によって、ヒマな時間を作ってあげることが重要なのではないでしょうか?



 
そうしてできた、ヒマな時間を子どもがどう使うか、子どもが頭を使い始めるきっかけになるのです。
 
 
 
=================
LINE@に友達追加で以下の特典をプレゼント中!
 
産後と子育てに役立つ動画をプレゼント中
『最速最短で体型を戻す体操動画』
『寝かしつけテクニック動画』
 
プレゼントはこちらから
 
 
友達追加はこちらから
 
 
無料でママ育パパ育コンテンツを配信している、オンライン『ネウボラ』のLINE@やっています!
ぜひ友達追加して、ママ・パパのための学べるコンテンツを受け取ってください!
オンライン『ネウボラ』の無料LINE@追加はこちら
 

無制限にスマホを与える影響 子育てのヒント 広島の産前産後ママへ


■無制限にスマホを与える影響■






 
自分らしく幸せ感じる、
産後・マタニティの体づくり専門家、青森です。
 
 
いまの時代、ゲームやおもちゃ、テレビにスマホ、遊んで暇をつぶすことに悩む子どもなんて、いないのかもしれませんね。
 
 
 
 
でもちょっと待って!
 
 
 
 
無制限にそれらを与え続けることで、子どもがどうなるのか知っていますか?
 
 
 
 
東北大学と仙台市の調査によると、1日「勉強2時間以上」していても、会話アプリで「チャット2時間以上」の中学生の成績は、「チャット1時間未満」の子より、約10点も低くなってしまうそうです。
 
 
 
 
それは、「勉強30分未満」で「チャット1時間未満」の子どもとほぼ同じ点数に。(2014年度、東北大学と仙台市調査・分析)
 
 
 
 
スマホは、どこかで大人が、「使い方」や「使う時間」に対して制限をかけないと、無制限では子どもにとってデメリットになるということですね。
 
 
 
 
スマホに限らず、おもちゃや、ゲームなどの遊びは、安易に与えず、子どもの力を伸ばす与え方を考えてみましょう!
 
 
 
 
その具体的な方法については、また次回!
 
 
 
 
=================
LINE@に友達追加で以下の特典をプレゼント中!
 
産後と子育てに役立つ動画をプレゼント中
『最速最短で体型を戻す体操動画』
『寝かしつけテクニック動画』
 
プレゼントはこちらから
 
 
友達追加はこちらから
 
 
無料でママ育パパ育コンテンツを配信している、オンライン『ネウボラ』のLINE@やっています!
ぜひ友達追加して、ママ・パパのための学べるコンテンツを受け取ってください!
オンライン『ネウボラ』の無料LINE@追加はこちら
 

【子育て本紹介】『子どもを叱り続ける人が知らない5つの原則』


■読書をする暇がないママのために、育児に役立つ本の紹介■
 





自分らしく幸せ感じる、
産後・マタニティの体づくり専門家、青森です。


 
 
【子供を叱り続ける人が知らない「5つの原則」それは「しつけ」か、「押しつけ」か。】

 
著者:石田勝紀


出版社:ディスカバートゥエンティワン


 




内容
 
子どもを叱り続けてしまうことへの疲れたママや、いくら叱っても変化のないことへの無力感を感じているママからの、著者に寄せる子育てに関する相談の実例と、その相談に対留守具体的なアドバイスや、解決方法ががたくさん紹介してあって、相談内容には共感する部分も多く、実際のアドバイスも実践的で分かりやすく、普段の子育てにも取り入れやすいものばかりです。
 
 

 
この本を参考に、今回「子育て5つの原則」というシリーズで動画を配信しています。

 

 
動画の中では、僕自身の子育ての悩みや実体験をもとにした内容も交えて、分かりやすく解説する形でお伝えしています。


 
 
育児で忙しくて、本を開く暇がないママのために、動画という形で本のエッセンスを簡潔にまとめています。


 
 
ぜひお子さんの寝かしつけの後や、お昼寝中にでもご覧ください。
音声だけでも伝わるよう努めていますので、何か家事をしながらでもぜひご視聴ください!


 
 
「子育て5つの原則」
動画アーカイブはこちら


 
 
各原則ごとのURLはこちら
 
原則①「自分と同じ価値観の人はいない」


 
 
原則②「子供は楽しいことしかやらない」


 
 
原則③「人には必ず長所がある」


 
 
原則④「意識しないと目に見えない成長がある」
 


 
原則⑤「叱るより諭す、感情をコントロールする方法」
 
 
 
 
 
=================
LINE@に友達追加で以下の特典をプレゼント中!
 
産後と子育てに役立つ動画をプレゼント中
『最速最短で体型を戻す体操動画』
『寝かしつけテクニック動画』
 
プレゼントはこちらから
 
 
友達追加はこちらから
 
 
無料でママ育パパ育コンテンツを配信している、オンライン『ネウボラ』のLINE@やっています!
ぜひ友達追加して、ママ・パパのための学べるコンテンツを受け取ってください!
オンライン『ネウボラ』の無料LINE@追加はこちら
 

LINE@のお友達追加

このページのトップへ