HOME > 美容・健康コラム > アーカイブ > 産後ケアについて > 5ページ目

美容・健康コラム 産後ケアについて 5ページ目

産後に骨盤が開くってどんな状態?本当に骨盤が開いてパンツがきつくなってるの?







広島の産後ママ・子育てママの笑顔と健康を守る、KenKen接骨院の青森です。




産後の骨盤ケアをお考えならこちら

今だけの特別キャンペーン実施中!

広島で子どもと通える産後骨盤矯正&産前マタニティケア 産後ママと妊婦さんのための専門治療院
 ↑↑↑↑クリック↑↑↑↑





【骨盤が開くってどんな状態?】

 
 
産後、『骨盤が開く』と良く聞きますが、『骨盤が開く』ってどうなっている状態か想像できますか?
 
 


ということで、本日は、『骨盤が開く』について解説していきます。
 


 
骨盤には仙腸関節とよばれる関節が存在します。
 


 

 


 
この関節は普段、2~3ミリ程度の可動性しかないといわれ、私たちが学生のころに習ったときには、不動関節という、動きのない関節だと教わったものです。
 


 
この仙腸関節に加え、恥骨結合と呼ばれる骨と骨を靭帯とよばれる繊維の束でつないでいる結合部分が存在します。


 
 

 


 
ここはそもそも関節と名前がついていないので、ただ骨をつないでいるというほとんど動きのない珍しい部分です。
 
 


この2か所が、分娩の際に女性ホルモンの働きで靭帯がほんの少し(9ミリ程度)緩むことによって、通常ほとんど動かない部分に動きが生まれ、産道を赤ちゃんの頭が通れるくらいにまで広げることを可能にしています。
 



「がばっと骨盤が開く」なんてことは、ありえないんですね。

 


この分娩の際にでた女性ホルモンは、出産後2~3日は分泌が持続します。
 
 


ですので、2~3日は骨盤がユルユルで不安定な状態ということです。


 
 
そして、分娩時にユルユルで不安定になった骨盤は、赤ちゃんの頭を通すという大役を務め、今まで経験したことのない範囲にまで関節を動かしたため、とても大きなダメージを受けていることが想像できます。
 


 
骨盤が開くのは分娩時に赤ちゃんが通る時だけで、通り抜けてしまえば靭帯に弾性があるので、骨の位置関係はある程度まで元に戻るのが一般的です。
 


 
ということは、分娩後に「開きっぱなしになっている」というのは考えにくく、あくまでも出産のダメージとして「筋肉や関節の損傷」が残っているのではないか?と考えています。
 


 
そして、この「損傷」のあるまま赤ちゃんを抱っこしたり、授乳などで背中を丸めるなどの良くない姿勢を多くとることで、腰や肩首などの関節や筋肉にさらに負担がかかり、痛みなどの症状に繋がっている可能性が高いのです。




かといって、出産後「損傷」が治癒するまで、じっとしていることは、現代社会の子育て家庭ではかなり難しいのが現状ですよね。




そんなママのために、KenKen接骨院の産後ケアがあるのです!


今なら2種類の体験コースから選べます!

A:セルフケア習得コース
B:ご入会検討コース


各コースの詳細についてはこちら

http://line.me/R/home/public/post?id=qdi0167i&postId=1153535158610011538
 



よかったら友達追加して以下のお得な情報をゲットしてください!

=================
LINE@に友達追加で以下の特典をプレゼント中!
 
産後と子育てに役立つ動画をプレゼント中
『最速最短で体型を戻す体操動画』
『寝かしつけテクニック動画』
 
 
友達追加はこちらから
↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓
 








まとめ



いかがだったでしょうか?
 


 
あなたが思っていた、骨盤が開くというイメージは変わりましたか?


 
 
それともイメージ通りでしたか?


 
 
どちらにしても骨盤の緩みは防ぐことができないので、産後のケアは必須という事ですね!
 
 


産後で腰痛や肩こりがひどく悩んでいる方がいたら、KenKenのことをこの記事を見せながら教えてあげてください。
 
 

 
骨盤には動きの少ない関節と骨の結合部分がある。
 


 
妊娠3カ月から産後2~3日まで女性ホルモンの働きで骨盤はユルくなっている。
 
 


開いた骨盤はある程度までは自然と戻るが、分娩のダメージにより、筋肉や関節が損傷している可能性がある。
 
 
ゆがみのあるまま日常生活にもどると腰や肩の痛み、頭痛などさまざまな症状が出る可能性がある。
 
 



 
 


P.S
産後ママのあなたへ
出産という、とてつもない
経験をして、肉体的にも精神的にも
ダメージが残る中、すぐに家事に育児と奮闘されている方も
多いと思います。
 
 
確かに
子どもにとって
母親はあなただけです。
だから頑張るのは当然!
その気持ちはとても素晴らしいし、
尊敬します。
 
 
でも、
同時に頑張りすぎていないか
心配になります。
 
 
子どもにとって
母親はあなただけ…
だからこそ、
お母さんにも健康で笑顔でいてほしいのです。
私はそのお手伝いをしたいと思っています。
 
 
自分ができない範囲を
人に頼るのは悪いことではありません。
 
ぜひ頼れるところを見つけて
頼ってくださいね。









LINEで友達追加すると
オープンスペースや健康な食について
子育てのためになる情報を定期配信!


 
友達追加はこちらから
 
友だち追加
 




育児に関するお悩みを
1人で抱え込んでいませんか?



 
1人で苦しまずにぜひご相談ください。

産後初めてKenKenにご来院のあなたへ


産後初めてKenKenにご来院のあなたへ
 
 
このたびは、
KenKenへご来院いただき
ありがとうございます。


施術の後は、血流がよくなる影響で、
一過性のかゆみや痛みなどの症状が出る場合がございます。
もし何か気になることがありましたら、どんな些細なことでもLINEでお伝えください!



 
 
 
今回は産後ママの健康のため
産後にご自身の体がどのような変化をし、
何をすれば健康に過ごせるのか?
について解説していきたいと思います。
 
 
産後の体というのは
女性の一生の中でも、
一番大きく変化するときです。
 
 
そのため、
出産後は体を良くすることも
悪くすることも簡単にできてしまうのです。
 
 
産後に正しい知識を持ち、
少しのことに気を付けることで
体を産前より良くすることができるとしたら
いかがでしょうか?
 
 
ぜひこのブログをヒントに
多くの産後ママさんに笑顔になってほしいと思います。
 
 

産後体を劇的に変化させるもの
 
 
妊娠から出産にかけて、
あなたの体を劇的に変化させるもの、
それは女性ホルモンです。

 
グラフは妊娠から産後1か月までの
女性ホルモンの分泌量を表したものです。
 
 
出産時にピークを迎えた女性ホルモンは、
産後、正常値を下回るくらいに分泌量が低下します。
この後、1年から1年半の長い時間をかけて、
女性ホルモンの分泌量は安定していきます。
 
 
この女性ホルモン急激な低下により、
女性ホルモンの働きによって、
保たれている機能は一時的に機能低下を起こします。
 
 
この機能低下が、
体に起こる様々な不調、
産後マイナートラブルの要因なのです。
 
 
具体的に
女性ホルモンは
自律神経、感情の働き、
骨、皮膚、粘膜、関節、
筋肉、胃腸、脳に関わっています。
 
 
女性ホルモンが低下することにより
原因不明の不調
イライラ
記憶力の低下
お肌のトラブル
抜け毛
骨粗しょう症
などなど…
 
 
本当に様々な
症状を引き起こしますね。
 
 
女性ホルモンの分泌量に関しては、
体の正常な反応なので、
気合や根性ではどうすることもできません。
 
 
だからといって
そのまますべてのトラブルを
受け入れるわけには
いきませんよね。
 
 
そこで運動療法の出番なのです。



産後の運動の効果
 
 
残念ながら、
産後骨盤矯正自体には、
腰痛予防の効果はありますが、
産後のマイナートラブルの予防効果を
立証する研究結果はありません。
 
 
運動にこそ
産後マイナートラブルの
予防効果があるのです。
 
 
運動は、
筋肉や関節を刺激して
血流を促進し、ダメージを受けた
子宮や身体を回復させる
成長ホルモンの分泌を促します。
 
 
この血流の促進に
女性ホルモンの分泌量の
調整を助ける作用があるのです。
 
 
更年期の女性を比べると
運動習慣のある女性と、
そうでない女性では
症状の程度に差があるとされる研究もあり、
運動と女性ホルモンの関係は
研究でも証明されているのです。


そのため、欧米では
産後リハビリという言葉が
浸透しており、
産後リハビリとしての
骨盤ケアや運動療法が、
健康保険の適応範囲に
なっている国もあるほどです。


骨盤ケア、産後リハビリに関して
日本と欧米での認識の違いは、
想像より大きいようです。
 
 
運動というと
育児中のあなたは、
時間や体力的な面で
負担になりそうだと
感じてしまうかもしれません。
 
 
しかし、KenKenでの運動療法は
一般的にイメージされるものとは違い、
体の機能を高める運動なので、
きつくもないし、苦しくもありません。
 
 
時間的な負担は
どうしてもいただくことになりますが、
施術と合わせて行いますので、
負担になるということはほとんどありません。
 

運動療法を行うことは、
産後の体の女性ホルモンの
分泌量を調整し、
産後マイナートラブルを防ぎ、
快適で健康な体で育児を楽しむために、
とても重要です。
 
 
ぜひ今後を快適に健康で過ごすため、
産後の1年~1年半の間に
KenKenの運動療法を
生活の一部として取り入れ、
出産前より快適で健康な体を
手に入れてください!
 
 
私たちがそのための
あなたのサポートを
全力で行いますので、
一緒に健康な体を目指しましょう!

 
 
 
 
 

オープンスペースの様子をご紹介!

こんにちは!
産後ママ・子育てママの
笑顔と健康を守る
KenKen接骨院の中原です!


今回はオープンスペースについて・・・




今月もKenKenのオープンスペースを開催しました!

 
今回もたくさんのママ、
赤ちゃんたちにご参加いただき
ありがとうございます。


9月に行った
オープンスペースの様子を
少しご紹介いたします!

 
<ママ体操>

・骨盤セルフチェック
・下半身・お尻中心メニュー
     産後で気になるお尻のたるみや
    太ももの筋肉をしっかりと鍛える
    トレーニングをしました!
・お腹まわり
 お子様に好評な飛行機✈✈✈
 ママは意外と腹筋がしんどいです....。



 
・ストレッチ
 

 


<キッズ>

ママ体操とは違い、
お子さまメインのクラスになります。
今回はタオルやおもちゃを使ったり、
KenKenならではの器具を使った
遊びをしました!


 
 
 
元気に声を出して笑ったり
歩き回ったり走り回ったりと
とても楽しそうでした!



急に静かになったと思ったら
みんなアンパンマンに夢中、、、、
 
さすがアンパンマンです。(笑)



この時期は、
遊びを中心とする
身体活動を十分に行うことは、
多様な動きを身に付けるだけでなく、
心肺機能や骨形成にも寄与します。


また、生涯にわたって健康を維持したり、
何事にも積極的に取り組む意欲を育んだりするなど、
豊かな人生を送るための基盤づくりとなります。


積極的に体を動かしたり、
たくさんの大人や子どもからの
刺激を受けることはとても大切ですね!
 
 
また、産後のママの方も
大切な時期があります。


産後1年間はホルモンの関係などで
骨盤がゆがみやすい時期になります。


そこでKenKenでは、
まずはご自身の骨盤の状態が
どんな状態なのか知っていただき、
ゆがみがでにくい体にするため、
骨盤の周りの筋肉を鍛えるトレーニングを行っていきます。


産後ママだけの
特別なキャンペーンも実施中ですので、
詳しくはこちらをご覧ください
https://www.kenkennov18.com/menu/

 
 
現在、KenKenで開催中の
子育てオープンスペースですが、
皆様に大変好評いただいており
定員がすぐに埋まってしまう状況です。
 
 
そこで、もっと多くの
産後ママに参加してほしいという思いと、
もっとニーズにお応えしたいという思いから
新たに有料予約制で参加者の好きな曜日に
グループレッスンという形で開催できるようにしました!



詳しくはこちらをご覧ください
https://www.kenkennov18.com/blog/entry/post-10/
 
10月から新しく産後ヨガとママ&ベビーヨガを開催します!
→http://www.kenkennov18.com/news/entry/post/




産後の体重を戻す唯一の食事法!よく噛んで食べるコツと噛むことのメリット

 
こんにちは
広島の産後ママ・子育てママの
笑顔と健康を守るKenKen接骨院の
青森です。

 
 


今回は『よく噛んで食べる』
ことをテーマに解説していきたいと思います。
 
 

『よく噛んで食べる』
 
 
あなたはできているでしょうか?
かくいう私も早食いが身についていて
よく噛むということには苦労しています。
 
 
そもそも『よく噛んで食べる』と
どんないいことがあるのか?
 
 
知っている方も
復習してみましょう。
 
 

『よく噛んで食べる』といいこと


 
  1. 唾液が分泌される
  2. あごの筋肉が鍛えられる
  3. 脳が活性化する
 
 
1.唾液が分泌される
 
よく噛むことで、
あごや舌が動きます。
 
 
そうすると
口の中の唾液を分泌する
唾液腺を刺激し
唾液が分泌されます。
 
 
この唾液が分泌されることで
消化を助けるホルモンや
幸せを感じるホルモンの分泌も増えます。
 
 
よく噛むことで、
消化を助け、心を満たしてくれるのです。


 
 
2.あごの筋肉が鍛えられる
 
よく噛むことで、
しっかりあごを動かすための
筋肉が働きあごの筋肉が鍛えられます。
 
 
女性からは、
えらが張るんじゃないか?
って声が聞こえてきそうですが、
そんな心配はご無用。
 
 
毎日、毎食
あごが動かせなくなるぐらい
あごだけをボディビルダー並みに
鍛えない限りえらが張るほど筋肉が
鍛えられることはないでしょう。
 
 
普通の食事では
あごだけボディビルダーには
なれません。笑
 
 
それどころか、
あご周りの筋肉を動かすことで
顔周囲のリンパの流れがよくなり
顔のむくみ予防にもなるのではないでしょうか。


 
 
だんだん、
『よく噛んで』食べたくなってきましたね。
 
 
3.脳が活性化する
 
『噛む』という刺激によって
脳への血流が増加して脳の活性化に
つながるといわれています。
 
 
自分の歯がある人は
入れ歯の人に比べて、
認知症になるリスク
低い傾向にあるようです。


 
 
では、よく噛むにはどうしたらいいのか?
 
 
効果は分かったし、
やってみたことあるけど、
どうしても口の中に入ると
すぐ飲み込んでしまう。
 
 
そう、私もです。
 
 
では『よく噛んで食べる』には
どうしたらいいのでしょうか?
 
 

『よく噛んで食べる』ためのコツ
 
 
よく噛んで食べる習慣のない
私のような人にはぜひ試してほしい
5つのコツを紹介します。
 
 
  1. 口に入れる適量を知る
  2. 水を使って飲み込むのをやめる
  3. 前よりの歯を使う
  4. 箸をおいて数える
  5. 硬めに調理してもらう
 
1.口に入れる適量を知る
 
私もですが、
お腹が空いているときの
一口めって多くなりがち。


 
 
もぐもぐして
飲み込んだあと、
口の中に食べかすがあり
飲み込みきれない場合は
一口に入れる量が多すぎるということ。
 
 
飲み込んだ後、
口の中(特に歯茎とほほの間)に
残っていないか確認してみましょう。
 
 
残らない程度に
口の中に入れる量を
調整して適量を知ることから
始めましょう。
 
 
けっこう少ない量が
適量だと感じるはずです。
 
 
私は、
普段の4分の1くらいの
感覚でした。
 
 
2.水を使って飲み込むのをやめる
 
特にパサパサした食べ物や
飲み込みにくい食べ物など、
水を使って飲み込むということは
これも一口に入れる量が多いということ。


 
 
水を使わなくても
飲み込める量だけ
口に運びましょう。
 
 
食事中に
水やお茶など
食べ物以外から
水分を摂取する量が増えると
胃液が薄まり、消化に負担がかかりやすくなります。
 
 
3.前よりの歯を使う
 
日本人は奥歯を使って
噛むことが多いそうです。

 
 
たしかに、私も
口に入れてすぐに
奥歯に食べ物を運ぶクセがあります。
 
 
奥歯のほうに
食べ物が行くと
それだけ飲み込みやすく
なってしまうので
気を付けて前よりの歯を使うことを
意識してみましょう。
 
 
固形物を
前よりの歯で
しっかりかみ砕くことで
奥歯にものが挟まりにくくなるという
副作用も…
 
 
4.箸をおいて数える
 
噛む回数をあらかじめ
決めておいて、食べ物を口に入れたら
箸を置いて、その数に達するまで
箸を触らないようにします。


 
 
箸を持ったままだと
数を数えるにも集中できませんし、
次の食べ物に早く手が伸びてしまうので
箸を1回1回置いてみましょう。
 
 
そのとき、
背筋も伸ばして
噛むことができると
よりいいと思います。
 
 
5.硬めに調理してもらう
 
硬いものは必然的に
よく噛まないといけません。


 
 
外食の時や奥様の手間を考えると
少しハードルが高いですね。
 
 
ですが、できるだけ
硬い食材が使われたメニューを選んだり、
調理をする際に硬い食材を使ってもらったりと
工夫して挑戦してみましょう。



まとめ
 
 
5つのコツをご紹介しましたがいかかですか?
 
 
1~4については
自分の意思でできることなので
ぜひ試してみてくださいね!
 
 
最後に、噛む回数ですが
巷でいろいろな説があり
どれだけ噛んだらいいか?
に答えはないように思います。
 
 
ただし、
口の中で食べ物の形が
残っている状態で飲み込むと
胃や腸で消化するのに
負担がかかるのは確かです。
 
 
30回噛んでも
食べ物の形が残っているようでは
足りないのかもしれません。
 
 
まずは決めた回数噛んでみて、
口の中の食べ物がどの程度
細かくなっているか確認してみましょう。
 
 
できるだけ口の中で
食べ物を細かくするということに
意識を向けてみてください。
 
 
十分細かくなったな!
という時の回数が適当な
回数かもしれません。
 
 
とはいっても、まずは無理のない
20回くらいの回数から始めてみるのも
一つの手ですね。
 
 
私もがんばって続けてみます!






P.S.


育児に関するお悩みを
1人で抱え込んでいませんか?
 
1人で苦しまずにぜひご相談ください。
 
ご相談専用お問合せフォームはこちら
 
 

もっとKenKenを詳しく知る
 
産後骨盤矯正について
 
産後ママへKenKenの想い
 
産後骨盤矯正について
 
施術の流れ
 
スタッフ紹介
 
KenKenで笑顔になったママたちの声
 
ブログをもっと読む
 
 
 

好きな曜日にグループレッスン開催できます♪

広島の産後ママ・子育てママの
笑顔と健康を守るKenKen接骨院の
青森です。
 
 
現在、KenKenで開催中の
子育てオープンスペースですが、
皆様に大変好評いただいており
定員がすぐに埋まってしまう状況です。
 
 
そこで、もっと多くの
産後ママに参加してほしいという思いと、
もっとニーズにお応えしたいという思いから
新たに有料予約制で参加者の好きな曜日に
グループレッスンという形で開催できるようにしました!





【ママトレ!グループレッスン開催について】

ママトレ!グループレッスンとは?


仲のいいお友達や
ほかのサークルなどで
出会ったお友達と
一緒にKenKenで
身体を動かしてみませんか?


KenKenでは毎月2回
無料オープンスペースを
開催していますが、
お友達と一緒に参加される方が
多くいらっしゃいます。


そこで、お友達と一緒に
参加者個別のお身体のお悩み、
お子様の発達のお悩みなどを伺い、
その個別のお悩みに合わせた
プログラム組んでオープンスペースのように
楽しんでもらえたら…


と思い企画しました。





現在の無料オープンスペースでは、
少し物足りないな・・・
と感じていらっしゃる方や、


腰や肩のストレッチをもっと知りたい!


子育ての悩みをもっと相談したい!
などなど・・・


身体のお悩みや
子育てに関するお悩みに
お応えするのが、
【ママトレ!グループレッスン】
です!


オープンスペースでは
行っていない、運動器具を使った
赤ちゃんとできる体操
をしたり、


子どもの発達について、
産後の女性の身体について
もっともっと専門家に詳しく聞きたい!




もっとこうしたい!
これが知りたい!
こんなことしてみたい!


というご要望に合わせて
プログラムを作成しますので、
どんどんご要望をお伝えください。
※すべてのご要望にはお応えできない場合もございます。


もっと元気な体で楽しく子育てしたい!
そんな想いを持つママはぜひ
ママトレ!グループレッスンを
ご利用ください!


 
【ご予約】
 
ただしご予約には
条件があります。
 
 
  • 大人2名様以上で最大大人4名様までのご予約とさせていただきます
  • 曜日を指定していただき、お日にちと時間は予約の空き状況を確認してこちらからご案内します
  • 初めての方でもご予約いただけます
  • 絶対ではありませんが、お子様の月齢・年齢は近い方がいろいろなプログラムができて楽しめると思います
  • 開催費用は2名様でも4名様でも料金は一律で1回2000円です
  • キャンセルのご連絡は開催日前日11:00までとし、それ以降のキャンセルにはキャンセル料2000円をいただきます
 
ご予約には、参加される
【すべてのママのお名前とお子様お名前・月齢・年齢】
【参加されるママのご要望・お悩み】
【ご希望の曜日】
をお伝えください。

※ご要望は、たとえばこのようにお伝えください
→ 授乳中の肩こりがひどいので、肩こりに効くストレッチなどのレッスンを受けたいです。

 
ご予約はお電話かLINEで承ります。
まずは『ママトレ!』と返信してくだされば、
上記テンプレートを送信しますので、
コピペして内容記入後、
返信していただけます!
 
 
仲のいいお友達を誘って
一緒に楽しく身体を動かしたい!
そんなあなたにピッタリのプランです。
 
 
ぜひお友達と一緒にご参加検討くださいね!

無料!子育てオープンスペース定期開催中!

こんにちは!
広島市の女性の笑顔と健康を守る
KenKen接骨院の青森です。
 
 
今日は、以前より開催している
KenKen子育てオープンスペースについて
お知らせです。
 
 
この度、KenKenの
子育てオープンスペースを
定期開催することが決定しました!
 
 
定期開催につきまして
概要をまとめておりますので
下記表を参考にして下さい。


また分からない、
分かりにくい部分は
LINEで直接お問合せのメッセージを
お送りください。
 
 

子育てオープンスペース概要

 


Kid’s発育発達クラス】

毎月第2・第4水曜日 15:00~
 
生後8ヶ月~3歳未満児とママ ママとお子さまが一緒に、子どもの発育・発達を促進するような運動を中心に、色々な体の動かし方をママがサポートしながら体験してもらうコースです。

下記リンクよりLINEにて「キッズ」とメッセージを送ると具体的な予約方法をお伝えします。


【産後ママ体操クラス】

毎月第2・第4水曜 11:00~ 、14:00~(2クラスあります)
 
産後3ヵ月~12ケ月のママと赤ちゃん 産後ママと赤ちゃんが一緒に触れ合い、コミュニケーションを取りながら、産後ママの落ちている体力を取りもどすための運動を、赤ちゃんと一緒に行うクラスです。
下記リンクよりLINEにて「ママ体操」とメッセージを送ると具体的な予約方法をお伝えします。
 
【ハイハイクラス】

毎月第2・第4水曜日 13:00~
 
ママとハイハイ時期の赤ちゃんが一緒に触れ合い、コミュニケーションを取りながら、産後ママも赤ちゃんも一緒にしっかりと体を動かすクラスです。
下記リンクよりLINEにて「ハイハイ」とメッセージを送ると具体的な予約方法をお伝えします。
 



 

KenKenの
子育てオープンスペースは無料です!




クラスは3種類ご用意しています。
 
 
大きく分けて
 
 
産後ママの体力を戻すための
ママ向けの体操クラスと、
お子さまの発育・発達に合わせて
お子さまに色々な運動体験をしてもらう
お子様向けの体操クラスです。
そしてその両方を体験できるクラス。
 
 
どのクラスも無料で参加していただけます!

さらに授乳中でも飲める
カフェインレスコーヒーや
漢方ハーブティなどの体の優しいドリンク

無料でサービスしており、
運動後のカフェタイムで
同じ月齢の子どもを持つママ同士の
交流もできます。




産後ママ体操クラス

 
 
産後1年未満の
産後ママさんは
まだ体力がしっかりと
戻っていないことがほとんどです。



 
そのため、
産後1年未満のママさんには
しっかりと体力を戻すために
運動習慣を身につけることを
おススメしています。
 
 
ただ、育児で忙しく
子どもから目を離せないのに
運動なんて・・・
 
 
当然そのように思われるでしょう。
 
 
しかし、KenKenでご提案させていただいている
運動は赤ちゃんと一緒にできる運動です。
 
 
時には赤ちゃんを負荷に
腹筋を鍛えたり、
 
 
赤ちゃんを揺らしながら
下半身を鍛えたりと、
赤ちゃんとコミュニケーションを
取りながらできるものばかりです。
 
 
特殊な器具を
使うこともないので
オープンスペースで
覚えて帰ってご自宅でもできるような
プログラムになっています。
 
 
産後、育児で
自分の体のケアが
なかなか出来ていない・・・
 
 
運動不足なのは
分かってるんだけど、
何したらいいのか分からない・・・
 
 
そんなママさんに
ぜひ体験してもらいたいクラスです。


Kid's発育発達クラス

 
 
Kid’s発育発達のクラスでは、
様々な器具を使用して
バランス感覚や体の動かし方、
色々な感触を経験することを目的に
プログラムを作っています。
 
 
3歳までに著しく発達する
神経系に良い刺激になるような
運動は、この時期にしっかり行うことが
とても大切で、この時期にこそ
しっかり伸びる能力を伸ばしておく事が
とても重要な事なのです。
 
 
スポーツをさせたい、
運動神経を良くしたい、
というママはもちろんですが、
基礎体力・基礎運動能力を
身につけることはすべての
お子さまに必要な事だと思います。
 
 
ちょうど今の時期だ!
というママさんは
ぜひお子さまを連れてきてくださいね!

オープンスペースの体操の一部をご紹介!

 


予約方法

 
ご予約は
LINEにて
友だち追加後




友だち追加  
 
『キッズ』『ママ体操』『ハイハイ』
のいずれかを返信してください。
 
 
;

産後ヨガとベビトレヨガ®クラスについて【広島市で子連れで通える産後骨盤矯正KenKen接骨院】

産後ヨガとベビトレヨガ®教室の開催
 
 
こんにちは!
広島の産後ママ・子育てママの
笑顔と健康を守るKenKen接骨院の
青森です。



 
 

産後ヨガとベビトレヨガ®
 
KenKenでずっとやりたいと思っていた
産後ヨガとママ&ベビーヨガの教室。
 
 
この度、とってもいいご縁をいただき
ついに開催が決定しました!
 
 
ご縁をつないでくださった
会員様に感謝です。
 
 
では以下2つのクラスの内容と
講師の先生をご紹介します。
 
 
 
 
 

【産後ヨガクラス】

産後ママの心身のケアを目的にしたヨガをしっかり集中して受けてもらうクラスです。

産後ヨガクラスではベビトレヨガ®のママトレを中心にレッスンを行います。

赤ちゃんのお世話や家事に追われるママの日常は、心も体もリラックスしたり、落ち着いたりする時間をとるというのは難しいのが現実。

そんな産後ママにお子様を預かってレッスンを受けてもらうことで、リラックスして、落ち着いた時間を過ごしてもらい、ママがしっかり体調を整えリフレッシュできます。

※お子様はキッズスペースで見守りますので、ご兄弟や月齢など関係なく参加可能です。
 
開催日時:毎月第1(水)15:00~16:00
※日程は変更されることがありますのでお問い合わせください
開催場所:KenKen接骨院
定  員:5名
料  金:2,000 円/回(KenKen 会員:1,500 円/回)
※ヨガマットをレンタルする場合は別途 200 円かかります。レンタルされる際は事前にお伝えください。

ご予約をご希望の場合、
LINEで友達追加して
『産後ヨガ』と返信してください!
友達追加はこちら
↓↓↓↓↓↓
友だち追加

  【持ち物】
・ヨガマット→レンタル可能(200 円/回)
・いつものお出かけセット
・お気に入りのおもちゃ(必要な場合のみで OK)
・水分補給できるもの(授乳も可能です)
 
 

【ベビトレヨガ®クラス】

赤ちゃんとの触れ合いを楽しみながら、産後ママに効果的なポーズを行うレッスン。

産後のお母さんの身体は出産のダメージとホルモンバランスの変化で心身のバランスを崩しがち。

産後の体のケアや体質改善はもちろんのこと、赤ちゃんへの脳や体の発達を促すトレーニングも行なっていきます。赤ちゃんとお母さんが嬉しく笑顔になるハッピーな空間です。

レッスンはお子様と一緒に行います。ベビーマッサージあり。

※お子様の対象年齢:2カ月~あんよの前くらいの赤ちゃん(赤ちゃんが途中で動き回ってしまっても大丈夫。ママのトレーニングをメインで行いましょう!)
 
開催日時:毎月第3(水)15:00~16:00
※日程は変更されることがありますのでお問い合わせください
開催場所:KenKen接骨院
定  員:5名
料  金:2,000 円/回(KenKen 会員:1,500 円/回)
※ヨガマットをレンタルする場合は別途 200 円かかります。レンタルされる際は事前にお
伝えください。

ご予約をご希望の場合、
LINEで友達追加して
『ベビトレヨガ』と返信してください!
友達追加はこちら
↓↓↓↓↓↓
友だち追加  


【持ち物】
・ヨガマット→レンタル可能(200 円/回)
・いつものお出かけセット
・大きめのバスタオル(赤ちゃんを寝かせるためのもの)
・お気に入りのおもちゃ(必要な場合のみで OK)
・水分補給できるもの(授乳も可能です)
 
【注意事項】
※予防接種後はベビーマッサージを 24 時間~48 時間することができません。
 ベビトレヨガ®のクラスに参加予定の際はお気を付けください。
※発熱や感染症の疑いがある場合はクラスの参加を控えましょう。
 
【参加者特典】
当日のドリンク 1 杯無料サービス
クラス開催中はお子様を無料預かり
 
 

【講師紹介】

山本典子
 
  
今年2月に自身も出産を経験


【経歴】

 
地元の東京で大手エステ会社、SE、司法書士事務所の補助員を経てヨガインストラクターに。多業種で仕事をしていく中でマッサージ方法やシステム構築、資料作成技術など多岐にわる技術を身に着ける。
 
司法書士事務所に勤めながらインストラクター資格を取得し、その後東京のヨガスタジオやママサークルなどで活動するも、夫の転勤で5年前に広島に移住。
 
広島ではHP制作会社でwebクリエーターとして働きながら、ヨガスタジオで一般の方にレッスンを行ったり、インストラクター養成講座の講師を担当。
 
ハタヨガ、陰ヨガ、パワーヨガ、産後ヨガなど指導経験を持つ。
 



【講師インタビュー】

典子先生にいろいろ聞いてみました!
 

【ヨガを始めたきっかけは?】

 
最初は学生のころにダイエットやストレス発散の為にホットヨガからスタートしました。
 
軽い気持ちで始めたヨガでしたが、毎日スタジオに通っていくうちに身体だけでなく気持ちまでスーッとスッキリするような感覚が芽生え、気が付いた時にはヨガの虜になっていました!
 
大好きなヨガをもっと知りたいという思いでヨガの専門学校に入り、アーサナ(ポーズ)だけでなく哲学や解剖学などを学び始め、かれこれ10年以上…。
 
まだまだ学びは尽きません。




 

【自身の出産を経験して産後ママへの想い】

 
ヨガは身体を整えるのはもちろん、心の不調も取り除いてくれると言われています。
 
私も含め、産後ママは身体やホルモンバランスが産前の状態に戻りきらないうちに、赤ちゃんのお世話に奔走し、生活の変化に対するストレスや疲れをリセットする時間をなかなか持つことができないのが現状ですが、ヨガを通して自分の身体や心を癒すことができるようになってもらえたらと思います。
 
そしてヨガで心身をリセットすることで、育児に対して余裕を持って取り組んでもらえたら嬉しいです。
 
様々なヨガの指導経験がありますので、クラスに参加してくださる皆さんのご希望に合わせてクラス内容を作っていけたらと思います
 
なぜKenKenでヨガを教えてみたいと思いましたか?
 
私自身も、産後の体形や育児の大変さに日々悩みながら生活している時にKenKenに伺いました。
 
産後ママが無理なく自分の身体のケアをしていけるよう、全面サポートしてくれるKenKenの先生方の姿勢に大変共感し、私も産後ママがもっと元気になるお手伝いをしたいと思い、ヨガをKenKenで教えてみたいと思いました。
 
KenKenの先生方にしっかり身体を整えてもらい、ヨガで心身のバランスを整えていくことで、産後ママの笑顔がどんどん増えていったら嬉しいです。


 

【子育て中でヨガに行けない?と思っている産後ママに一言】

 
クラスでは産後ママの身体を整えるのに有効なポーズだけでなく、赤ちゃんと一緒に行うポーズやセルフケアの方法などもお伝えしていきます。
 
赤ちゃんとの触れ合い遊びや育脳についてもお伝えできたらと思います。一緒にいられる今だからこそ味わえるママ&ベビーヨガ。
 
赤ちゃんと一緒にヨガをしたい時はもちろん、一緒に参加して頂いても良いですし、自分の身体を整えるのに集中したいママさんは託児を利用して頂いても構いません。
 
自分の状態に合わせて気軽にクラスに参加してみてください。
 
そして、毎回クラスに参加出来なくて良いんです!クラスでセルフケアの方法を学び、最終的にはクラスを卒業して自宅で実践できるようになるのを目標に、一緒に楽しみながらヨガをしましょう!



 
 



【生徒さんの声】

 
典子先生は本当に勉強熱心で、ヨガのポーズが体にもたらす効果や、逆に気を付けなければ怪我をしてしまうところも理解して指導してくれる先生です。
 
人柄に関しても、とっても気さくで親しみやすい方です!
 
英会話講師の私が英会話を教える中で大切にしていたことは、レッスンの最終目標に向けたプランを組んで臨むことだったのですが、典子先生のレッスンでも同じように最終目標に向かってレッスンプランを組んでくださっているのを感じ、とても共感したのを覚えています。
 
レッスンでは適当にできるところでも、きちんとこなすとても真面目な先生だと思います。
 
以前レッスンされていたスタジオでも、他のインストラクターさんよりも人気があったのは、典子先生の人柄の部分が多くの人を惹きつけるからだと思います。
 
典子先生のレッスンは、色々なインストラクターのヨガレッスンを受けてきた私だからこそ伝えたい、本気で多くのママさんに受けてもらいたいレッスンです!




ご予約はLINEで友達追加して
『産後ヨガ』or『ベビトレヨガ』
と返信してください!


友だち追加



;

産後ママがなぜか息苦しさを感じる原因とは?






今だけ!
産後の息苦しさを解消するための、産後専門の体ケアの体験が受けられます。



現在、当院では2種類の体験コースをご用意しています。


産後ケア体験コース1回2980円
セルフケア習得コース3回9800円





詳しくはこちらからご覧ください

→体験コースの詳細を見る





KenKenのLINEでは、毎週子供と楽しめるイベントなどのお出かけ情報が無料で届きます!
ぜひLINE追加してお出かけ情報を受け取ってくださいね!




LINE追加はこちらからもOK!


友だち追加





こんにちは!広島の産後ママの健康と笑顔を守る!
広島市中区本川町にあるKenKen接骨院の青森です!
 
 

 

産後の息苦しさ、その正体とは?










 
 
産後息が苦しくなる・・・
たくさん吸ってるのに、なぜか酸素が足りない気がする…
 
 


これって何?


 
 
産後の息苦しさで内科や呼吸器科を受診しても、自律神経の乱れや、ホルモンバランスからくるものだから…と言われ、



『呼吸をゆっくりするように』
『ストレスをためないように』


と、言われたとおりにゆっくり呼吸してみるものの、息苦しさは変わらない。


 
 
毎日の育児で息苦しいのは、すごく不安に感じますよね!


 
 
その息苦しさの正体って何なんでしょうか?


 
 
息苦しさでとても不安になっている女性が、少なくないようです。






息苦しさの原因

 
 


産後に息が苦しくなる原因として考えられるのは以下の4つです。
 
 
甲状腺機能亢進症
自律神経失調症
不整脈
貧血


 
 
この中でも、息苦しさに加えてめまいを感じる場合は、母乳を作るために体内でたくさん必要としている
鉄分が不足したことによる『貧血』が考えられます。


 
 
また、動悸や吐き気とともに息苦しさを感じる場合は、不整脈や自律神経失調症、甲状腺機能亢進症などが考えられます。


 
 
どの場合も自己判断をしたり、放っておくことは危険ですので病院を受診することをお勧めします。


 
 
しかし、病院を受診しても…



自律神経の乱れだから…
ホルモンバランスのせいだから…


 
 
と、様子を見るように言われた時、どうしていいか分からず不安になると思います。






息苦しさから解放されるには

 
 
そんな時一度試してほしいのが


『鼻呼吸』


のトレーニングです。
 
 


鼻呼吸が息苦しさの改善につながるの?と思われるかもしれませんが、ホルモンの調整や食べ物の消化、発汗発熱など、体を一定に保つための体の機能は、自律神経という自分の意思ではコントロールできない神経の支配を受けていますが、唯一自分の意志でコントロールすることができる自律神経支配の機能が『呼吸』なのです。


 
 
ということは、呼吸をコントロールすることができれば、自律神経をコントロールすることができるということです。


 
 
では具体的なやり方をご説明します。






産後におすすめの鼻呼吸法のやり方

 
 
まずは背筋を伸ばしてイスに座り、お腹に両手を重ねて置き、肩の力を抜きます。
 
 
足はリラックスできる幅に広げて、足の裏全体を地面につけます。
 
 
姿勢が整ったら鼻から息を全部吐き出します。
 
 

「最初に吐くの?」

 
 
と思いましたか?
 
 
そうなんです。
吐く方が先なんです。
 
 
人間はオギャーと息を「吐いて人生をはじめ」、息を「引き取り人生を閉じます。」
 
 
また、『呼吸』という字は吐く=呼という字を先に書きます。
 
 
なので呼吸は吐くことから始めるのが正しいのです。
 
 
話が逸れましたが、鼻から息を吐き切ったら、鼻から素早く息を吸い込みます。
 
 
この時のリズムを「吐く2」に対して「吸う1」で行ってください。
 
 
8秒かけて吐いたら、4秒で吸います。
 
 
目を閉じて5分程度鼻で呼吸をしていると、とても気持ちよくなってくるのがわかると思います。
 
 
これは、産後の方に限らず誰でも実践できるので、ぜひブログをご覧の方は試してみて下さい!
 
 
呼吸の詳しいやり方や、産後の体のことでお悩みの方はコチラをご覧ください!


 





今だけのキャンペーン




産後ケア初回体験2980円!
産後骨盤ケアについて詳しく見る

詳しくはこちら→http://www.kenkennov18.com/blog/entry/post-103/index.php
 



 


LINEで友達追加するとママの健康や食、子育てのためになる情報、子供と楽しめるお出かけ情報などを
毎週金曜日に無料で受け取れます!


 
友達追加はこちらから

こちらをタップ!→友だち追加






もっとKenKenを詳しく知る
 
産後ママへKenKenの想い
 
産後骨盤矯正について
 
施術の流れ
 
スタッフ紹介
 
KenKenで笑顔になったママたちの声
 
ブログをもっと読む


 
 

P.S


産後ママのあなたへ
出産という、とてつもない
経験をして、肉体的にも精神的にも
ダメージが残る中、すぐに家事に育児と奮闘されている方も
多いと思います。
 
 
確かに
子どもにとって
母親はあなただけです。
だから頑張るのは当然!
その気持ちはとても素晴らしいし、
尊敬します。
 
 
でも、
同時に頑張りすぎていないか
心配になります。
 
 
子どもにとって
母親はあなただけ…
だからこそ、
お母さんにも健康で笑顔でいてほしいのです。
私はそのお手伝いをしたいと思っています。
 
 
自分ができない範囲を
人に頼るのは悪いことではありません。
 
ぜひ頼れるところを見つけて
頼ってくださいね。
 
 
何か体のことで疑問に思うことや
記事の中で分かりにくかった部分など
お気軽にLINEでご相談ください!
 
 
LINEに友達追加する

友だち追加
 
 
本日も
ブログをご覧いただき
本当にありがとうございます!
 
また次回をお楽しみに!

腰や肩が痛くなくても産後骨盤矯正しないといけないの?

こんにちは!産後ママの健康と笑顔を取り戻す!
産後骨盤矯正専門院KenKen接骨院の青森です!
 
 
巷にあふれる産後健康法やダイエット法が
体に与える影響を、専門家の立場から医学的に解説し分析して、
分かりやすく皆様にお伝えします。
 
 

【腰痛など痛みがなくても産後骨盤矯正は必要?】

 
 
産後のマイナートラブル(身体症状)は


  • 腰痛・骨盤帯痛(お尻と腰の間あたり)
  • 尿失禁
  • 腹直筋離開
  • 手のシビレ
  • 頭痛
  • 産後うつ
  • 睡眠障害
など
多彩な種類があります。
本日は骨盤矯正がタイトルですので、
この中でもとくに骨盤と関係のある
腰痛・骨盤帯痛について解説していきます。
 
 
他のマイナートラブルは
次回以降の記事で解説していきます。



【腰痛・骨盤帯痛】

 
 
  1. 腰痛・骨盤帯痛の原因骨盤の関節が緩む
  2. 骨盤自体が捻じれる
  3. 抱っこなど今までと違う体の使い方
 
 
以上が腰痛・骨盤帯痛の主な原因として挙げられます。
 
 
中でも①と②は、
出産時に女性ホルモンの分泌が増え、
産道を作るためにホルモンの働きで骨盤の関節を
緩めるという正常な生理現象によるものなので、
『関節が緩んで捻じれる』ということは防ぎようがありません。
 
 
たとえ帝王切開での出産だったとしても
妊娠中~出産後1~3ヵ月で変化するホルモンバランスが
影響するので関係ないとは言えません。
 
 
では、これらをどうするのか?
本当に予防法はないのか?
ということですが、
 
 
『できるだけ筋肉の機能を維持向上しておくこと』
 
 
これ以外にありません。
 
 
また、
これだけで完璧!
というものでもないので、
産後骨盤矯正については、
腰痛など痛みがなくても受けることをお勧めします。
 
 
ただし、
矯正だけでなく、
その後のセルフケアの方法や
運動療法まで指導してくれるところで
受けて下さい。
 
 
産後3ヵ月~6ヵ月くらいは
関節の安定が得られず、
捻じれや歪みは戻りやすいです。
 
 
ということは
矯正を週に1回や2週に1回受ける程度では
追いつかないということです。
 
 
産後骨盤の不安定な時期に
矯正だけしても意味がないどころか
体の違和感や不快感につながり、
育児に影響しかねません。
 
 
ですので、
産後骨盤矯正を受ける場合は、
以前書いた記事『治療院見極め術』を
参考に慎重に選んでください。
 
 
産後の体は
非常にデリケートなだけでなく、
赤ちゃんにとってとても大切な体です。
2人のためにも、信頼して体を預けることのできる
治療院と出会ってください!
 
 

まとめ


では、
本日のまとめです!
 
 
産後のマイナートラブル
・腰痛・骨盤帯痛(お尻と腰の間あたり)
・尿失禁
・腹直筋離開
・手のシビレ
・頭痛
・産後うつ
・睡眠障害
 
 
腰痛・骨盤帯痛の原因は
関節の緩み・捻じれ・体の使い方の変化
 
 
骨盤のゆるみ・捻じれは出産のための
ホルモンバランスの変化という生理現象。
 
 
予防は筋肉の機能維持向上。
 
 
産後の骨盤の調整は必要。
 
 
骨盤矯正を受ける
治療院の見極め方も重要。
 
 
産後の体は
子どもを育てるための大切なもの。
 
 
本日は以上です。



LINEで友達追加すると
オープンスペースや健康な食について
子育てのためになる情報を
毎月第2第4土曜日に定期配信!
 
友達追加はこちらから


友だち追加



もっとKenKenを詳しく知る
 
産後ママへKenKenの想い
 
産後骨盤矯正について
 
施術の流れ
 
スタッフ紹介
 
KenKenで笑顔になったママたちの声
 
ブログをもっと読む
 
 

P.S


産後ママのあなたへ
出産というとてつもない
経験をして、肉体的にも
精神的にもダメージが残る中、
すぐに家事に育児と奮闘されている方も
多いと思います。
 
 
確かに
子どもにとって
母親はあなただけです。
だから頑張るのは当然!
その気持ちはとても素晴らしいし、
尊敬します。
 
 
しかし、
同時に頑張りすぎていないか
心配になります。
 
 
子どもにとって
母親はあなただけ…
だからこそ、
お母さんにも健康で笑顔でいてほしいのです。
 
 
私はそのお手伝いをしたいと思っています。
 
 
何か体のことで疑問に思うことや
記事の中で分かりにくかった部分など
お気軽にLINEでご相談ください!
 
 
LINEで『友達追加』する



友だち追加  

本日も
ブログをご覧いただき
本当にありがとうございます!
 
また次回をお楽しみに!

出産後に骨盤ベルトで骨盤を閉めた方が良いって本当?

こんにちは!広島の産後ママの健康と笑顔を守る!
広島市中区本川町にある産後骨盤矯正専門院の
KenKen接骨院の青森です!
 
 
巷にあふれる産後健康法やダイエット法が
体に与える影響を、専門家の立場から医学的に解説し分析して、
分かりやすく皆様にお伝えします。
 
 

【骨盤ベルトは絶対必要?】

 
 
最近、
産後の女性から
骨盤ベルトは使った方がいいの?
や、どの骨盤ベルトが良いの?
 
 
という
相談をよく受けます。
 
 
結論から言うと
骨盤ベルトは使った方がいい。


どの骨盤ベルトを使うかは、
出産や産後の状態、
本人の体形や生活に
あったものを選ぶ。
 
 
という事です。



骨盤ベルトが必要な理由

 
 
骨盤ベルトが
なぜ必要かというと、
産後の女性の体というのは
6ヵ月を過ぎるころまで
 
 
女性ホルモンが
正常値に近づこうとして
急激に減少します。
 
 
さらに
出産前に
広がった骨盤は
赤ちゃんが出たからといって
締まることはありませんので、
骨盤はゆるみの強い開いた状態になっているのです。
 
 
なので
出産後というのは
とても体が弱く不安定な状態
になっているということです。
 
 
この時期は
出産で体力を使っているので
体を鍛えるにはまだ早いですし、
妊娠によって筋力なども落ちていますから、
ベルトの力を借りて骨盤を安定させる
しかないという状態だという事を
知っておいてください。
 
 
また、
どのようなベルトが良いかというのは
専門家にしっかり相談して購入して下さい。
 
 
ベルトは
体にあったものを
正しく使わないと、
閉めすぎた場合など、お腹の血管を
圧迫して吐き気や、腹痛を伴う腸閉塞に
つながってしまう危険もあります。
 
 
どうか
めんどくさがらずに
専門家の指導のもと
正しい使い方を知ってくださいね!


産後の骨盤ケアや、体の悩みについての相談や、
骨盤ベルトの相談はLINEで受け付けています。
友だち追加して『骨盤ベルト』と返信してください。
返信してくれた方には、「寝かしつけ大辞典」を無料でプレゼント中!

友だち追加



もっとKenKenを詳しく知る
 
産後ママへKenKenの想い
 
産後骨盤矯正について
 
施術の流れ
 
スタッフ紹介
 
KenKenで笑顔になったママたちの声
 
ブログをもっと読む
 
 

P.S


産後ママのあなたへ
出産という、とてつもない
経験をして、肉体的にも精神的にも
ダメージが残る中、すぐに家事に育児と奮闘されている方も
多いと思います。
 
 
確かに
子どもにとって
母親はあなただけです。
だから頑張るのは当然!
その気持ちはとても素晴らしいし、
尊敬します。
 
 
でも、
同時に頑張りすぎていないか
心配になります。
 
 
子どもにとって
母親はあなただけ…
だからこそ、
お母さんにも健康で笑顔でいてほしいのです。
私はそのお手伝いをしたいと思っています。
 
 
自分ができない範囲を
人に頼るのは悪いことではありません。
 
ぜひ頼れるところを見つけて
頼ってくださいね。
 
 
何か体のことで疑問に思うことや
記事の中で分かりにくかった部分など
お気軽にLINEでご相談ください!
 
 

友だち追加  
 
本日も
ブログをご覧いただき
本当にありがとうございます!
 
また次回をお楽しみに!

<<前のページへ123456

« 妊娠時のトラブル | メインページ | アーカイブ | 産前(マタニティ)ケア »

LINE@のお友達追加

このページのトップへ