HOME > 美容・健康コラム > アーカイブ > 子育てのヒント > 4ページ目

美容・健康コラム 子育てのヒント 4ページ目

産後ママが安心して、子供に動画を楽しんでもらうために!

こんにちは!
広島の産後ママ・子育てママの
笑顔と健康を守る、
KenKen接骨院の青森です。
 
今日は産後ママさん向け
アプリのご紹介です!
 
あなたは、
お子さんに動画を
見せることはありますか?

 
動画を見せることがあるママは
ぜひこのアプリを使って欲しいです!
 
 
 
【YouTube Kids】
というYouTube動画の
子供向けコンテンツだけを
検索したり見たりできるアプリ。
 
 
さらに
動画の視聴時間を
親が設定することができて
動画の見過ぎも防げます。
 
 
アプリ内で
「アニメ」「まなぶ」「おんがく」「はっけん」
と4つのカテゴリに分けられていたり
子供も操作しやすいやすいようになっています。

うちの子は
正座をして動画を見ています。笑

 
 
保護者も子供も安心して
動画コンテンツを楽しめるアプリです!
 
ぜひお試しください!




LINEで友達追加すると
オープンスペースや健康な食について
子育てのためになる情報を
毎月第2第4土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから

友だち追加


P.S.

育児に関するお悩みを
1人で抱え込んでいませんか?
 
1人で苦しまずにぜひご相談ください。
 
ご相談専用お問合せフォームはこちら
 
 
もっとKenKenを詳しく知る
 
産後骨盤矯正について
 
産後ママへKenKenの想い
 
産後骨盤矯正について
 
施術の流れ
 
スタッフ紹介
 
KenKenで笑顔になったママたちの声
 
ブログをもっと読む

産後ママに伝授!赤ちゃんが泣く理由を本当に理解する方法

こんにちは
広島の産後ママ・子育てママの
笑顔と健康を守る
KenKen接骨院の青森です。



赤ちゃんが泣く理由を本当に理解する



赤ちゃんが泣いたとき
すぐに抱っこして
あやすという行為は、
赤ちゃんの泣くという
シグナルにただ反応しているだけで
何も解決できていないかもしれません。
 
 
泣く→抱っこという反応が
赤ちゃんにとって正解なら
それでいいのですが、
 
 
もし、赤ちゃんの
意図とは違うとしたら…
 
 
きっと赤ちゃんは
伝わらないことで
混乱してしまったり、
ストレスを感じるでしょう。

 
また、
伝わらないあなたに対して
伝えることを
あきらめてしまうかもしれません。
 
 
赤ちゃんが泣いているからといって、
すぐに抱っこして泣き止ませることが
赤ちゃんにとって本当にいいこと
だとは限らないのです。

 
 
ママが赤ちゃんの泣くという
シグナルに反応するのではなく、
答えることができたなら
その時に本当に必要なものを
赤ちゃんに与えることができます。
 
 
では赤ちゃんの
シグナルに答えるには
どうすればいいのでしょうか?


赤ちゃんを理解する3つのコツ


 

泣いている理由を
理解するためのポイントは3つ
 
  1. 止まる
  2. 見る
  3. 聞く

なんだか
踏切を横断するときみたいですね。笑
 
 
1.止まる
 
まずは深呼吸をして
赤ちゃんの心を読むんだと
心に余裕を作ります。
 
 
2.見る
 
赤ちゃんのボディランゲージを
しっかり観察することです。
表情は?
手は握ってる?開いてる?
目線は?
足は動かしてる?つっぱてる?
 
 
3.聞く
 
赤ちゃんの泣き声のパターンを知る
悲しい時のすすり泣く泣き声や
鼻を鳴らして怒りの表現をしている泣き声
抱っこしてほしい甘え泣きなど
3か月を過ぎると、赤ちゃんの泣き声に
感情表現が加わり理解しやすくなります。
 
3か月以前は
強さの違う泣き方で、
ボキャブラリーは3パターン
くらいだといわれています。





まとめ
 
 
  1. 止まる
  2. 見る
  3. 聞く
 
 
赤ちゃんの
シグナルの本当の意味を
理解してあげるために
ぜひ試してみてくださいね!
 
 
赤ちゃんだけでなく
言葉の不十分な子どもすべてに
この3つのポイントは有効です。
 
 
自分の子どもの
シグナルの本当の意味に
気づける親でありたいですね。



LINEで友達追加すると
オープンスペースや健康な食について
子育てのためになる情報を
毎月第2第4土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから
『泣く理由』と返信してください!


友だち追加





P.S.

育児に関するお悩みを
1人で抱え込んでいませんか?
 
1人で苦しまずにぜひご相談ください。
 
ご相談専用お問合せフォームはこちら
 
 
もっとKenKenを詳しく知る
 
産後骨盤矯正について
 
産後ママへKenKenの想い
 
産後骨盤矯正について
 
施術の流れ
 
スタッフ紹介
 
KenKenで笑顔になったママたちの声
 
ブログをもっと読む

広島市の産前産後ケア専門院が掲げる、国が導入すべき子どもの健康な脳の発達に必要な3つの基本施策

こんにちは、
広島の産後ママ・子育てママの
笑顔と健康を守るKenKen接骨院の
青森です。



ユニセフの新報告書



ユニセフの新報告書の
『すべての子どもにとって“はじめ”が肝心』
(原題:Early Moments Matter for Every Child)
が発表され、乳幼児期の子どもの発達を
最大化させるための重要な基盤として
以下3つの施策を導入をあげています。
 
  1. 初等教育開始前2年間の無償幼児教育
  2. 両親の有給の育児休暇
  3. 母親の有給の母乳休暇
 
3つすべてを導入している国は
キューバ、フランス、ポルトガル、
ロシア、スウェーデンなどの15カ国だそうです。
 
【以下引用】
『報告書は、最も恵まれない境遇にある子どもたちに早期発達の機会の保護と提供をしなければ、社会や経済全体の成長の可能性を妨げることになると警鐘を鳴らし、貧困世帯の子どものうち、幼い時期に遊びや早期学習を経験した子どもは、経験しなかった子どもに比べ、平均して25%収入が高いことを明らかにした調査結果を紹介しています。』
 
『乳幼児期の子どもの発達をサポートする施策は、子どもの脳に対する重要な投資に留まらず、明日の市民と労働力への投資であり、文字通り世界の未来への投資なのです』
 
 
 
日本において
乳幼児教育の選択肢は
多くあると思います。
 
 
しかし、すべての人が
それらを利用できるかというと
そうではないと思います。
 
 
国の政策によって当然
保障されてもよいと思える
ユニセフ推奨の3つの施策も、
高齢者の票を意識した日本の政治家ばかりでは
実現不可能だということでしょうか。。。
 
 
今朝の新聞では
安倍首相はこんなこと言ってますが…
本当なのかな。
 
 
 
やはり、私たち子育て世代が
選挙に行き、声をあげて
子どもにとって、より良い社会を
作っていくことが必要なのではないでしょうか?
 
 
衆議院解散総選挙が行われる今、
声を上げるチャンスです!
 
 
子育て世代の票を集めることのできる
政治家とは、一体誰なんでしょうか?
 
 
あなたは誰を選びますか?


LINEで友達追加すると
オープンスペースや健康な食について
子育てのためになる情報を
毎月第2第4土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから
『子育て情報』と返信してください!


友だち追加



P.S.


育児に関するお悩みを
1人で抱え込んでいませんか?
 
1人で苦しまずにぜひご相談ください。
 
ご相談専用お問合せフォームはこちら
 
 

もっとKenKenを詳しく知る
 
産後骨盤矯正について
 
産後ママへKenKenの想い
 
産後骨盤矯正について
 
施術の流れ
 
スタッフ紹介
 
KenKenで笑顔になったママたちの声
 
ブログをもっと読む
 
 

産後ママに気をつけてほしい、子どもの話を「聴く」こと

こんにちは!
 
産前産後・子育てママの健康と笑顔を守る
KenKen接骨院の青森です。
 
 
今日は傾聴について
考えてみたいと思います。



聞く・聴く・訊くの違いとは?

 
 
お子様を持つ
産後・子育てママは
しっかり子どもの話を
聴けていますか?


お子様に限らず
本当に話を聴けていますか?
 
 
あえて聴くという漢字を使いました。
 
 
聞く・聴く・訊くの違いとは?
 
 
聞くは、物音を聞く。
ただ耳に入ってきた音を認識するということです。
 
 
聴くは、耳に入った音に
積極的に耳を傾け、その世界に入るとき
のことです。
 
 
訊くは、尋ねる・問うということを意味しますので、
訊かれるはあっても訊こえるはないのです。
 
 
実際に「きこえる」では
ワードでの変換でも
出てきませんでした。笑
 
 
では、
聞く・聴く・訊く
の違いは何となく分かったけど、
どうすれば傾聴できるのでしょうか?
 
 
傾聴の「きく」が
聴くという字なことに
注目しましょう。



省略された言葉を理解する

 
 
聴くは、その世界に入ることでした。
 
 
傾聴とは
相手の言葉の世界に入ることです。
 
 
しかし普段、私たちは会話をするとき
言葉を省略しがちです。
 
 
省略された言葉を
相手の考えそうなことや、人柄を
考慮に入れて、この人ならこんなこと言いそうだ!
 
 
という予測をして、
省略された部分を補いながら
会話をしています。
 
 
だから、
お互いのことが分かっている夫婦の
「あれ持ってきて」
「はいよ」
が成り立つのです。
 
 
しかし、
この夫婦の場合でも
本当の気持ちは分かりません。
 
 
「はいよ」(自分で取りに行ってよ!)
「はいよ」(この人が喜んでくれた!)
 
 
どう思っているかは、
やっぱり聴かないと分からないのです。
 
 
10歳くらいの活発な男の子が
「転んでケガをした。」と言えば、
また走り回って転んだのかな?
何か走ってはいけないところで走ったのかな?
と考えが浮かぶと思います。
 
 
でもきちんと聴くと、
雨で水たまりができて、
段差が見えなくなっていて
つまずいて転んだ。
 
 
かもしれないのです。
 
 
傾聴(聴く)は、
会話する相手と同じゴールに向かううえで
非常に大切なのが分かりますね。
 
 
傾聴とは具体的に言うと
自分の頭の中のイメージを
相手の言葉から相手の頭の中のイメージと
近づけることです。
 
 
相手の「言葉」に耳を傾けなければなりません。
 
 
言葉に耳を傾けるときは
相手の人柄は脇に置いておいて
言葉だけに注目する必要があります。
 
 
この人はこんな人だ。
という思い込みは、
傾聴を妨げることになるのです。
 
 
ではどうすれば
言葉に集中して、
相手の頭の中のイメージと
自分の頭の中のイメージを
同じにできるのでしょうか?
 
 
そのためには、
先入観・思い込みを捨てることが大切ですが、
そう簡単にはいきませんよね。
 
 
そこで相手の話を理解するときに
使ってほしいテクニックがあります。



物事のあらましを理解する
 
 


それは5W1Hで質問しながら聴く。
といことです。
 
 
話す相手の省略された言葉を
想像で補いながら話を「聞く」のではなく、
省略された部分の形を具体的に表す言葉を
質問で引き出しながら「聴く」ことを心がけるのです。
 
 
では相手の言葉を本当に理解するために、
「転んでケガをした」に対して
足りない部分を補うように質問してみましょう。
 
 
「転んでケガをした」
When(いつ)→昨日
Where(どこで)→歩道で
Who(誰が)→10歳の男の子が
Why(なぜ)→雨で段差が見えなくて
How(どのように)→つまずいた
 
 
この場合、「転んでケガをした」ことを
本当に理解するためには、なぜ転んだのか?
が大切ですね。
 
 
走り回ったわけでも、
走ってはいけないところを走ったわけでもなく、
雨で段差が見えなかったのです。
 
 
このように5W1Hで聴くと
物事のあらましが理解できます。
 
 
気をつけたいのは
5W1Hが大切なのであって、
なぜ?だけを聴けばいいという
わけではないということです。
 
 
ぜひ5W1Hを意識して
相手の言葉に注目して
質問をしてみましょう。
 
 
聴くことができると
相手は気持ちよくしゃべってくれるものです。
 
 
誰でも自分の話を聞いてほしいものですもんね。


話を聞いてほしい
子育てに不安がある
そんな時は勇気を出して
誰かに話してみませんか?

友だち追加



もっとKenKenを詳しく知る
KenKenについて
 
産後骨盤矯正について
 
施術の流れ
 
スタッフ紹介
 
KenKenで笑顔になったママたちの声
 
ブログをもっと読む


子育てオープンスペース定期開催中!
 
LINEで友達追加すると
オープンスペースや健康な食について
子育てのためになる情報を
毎月第2第4土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから
 

友だち追加
 
 
広島で子どもとお出かけできる
スポットをお探しの方!
または色々知ってる方!
ぜひグループのメンバーになってください。
子どもと楽しいお出かけスポット!@広島



<<前のページへ1234

メインページ | アーカイブ | クックパッド殿堂入りへの道 »

LINE@のお友達追加

このページのトップへ