HOME > 美容・健康コラム > アーカイブ > 2020年5月

美容・健康コラム 2020年5月

幹細胞美容液のご購入

幹細胞美容液のご購入はこちら
 
クレジットカードでのお支払いは
こちらをクリックしてください

決済後、「not found」とページが表示されることがありますが、決済完了していますので、2回続けて決済せず決済完了のLINEをご返信ください!

広島で妊活サポートなら!

これだけやったから、

今度こそは妊娠!
 
 

結局うまくいかず、何度も絶望感を味わううちに、自分の心が傷つかないよう、期待しないフリをしている自分がいた。
 


なんでこれだけやってもうまくいかないの?
なんでわたしのお腹には赤ちゃんが来てくれないの?



なんで?なんで?なんで。。。


 
何度も自分のことを責め、何度も自分の体を恨んだことがある。






 
検査の結果を聞くたびに、悲しくて、辛くて、誰もにも言えなくて、もどかしくて、いつまでこれが続くのかゴールも見えなくて、どんどん、どんどん、どうしていいのか分からなくなっていった。


 
言われた通りに頑張っても結果のでないことを、いつまで続けていけばいいのだろうか。


 
ゴールの見えないマラソンは、真っ暗なトンネルの中にいるみたいで、あまりにも辛く、とてつもない疲労感に襲われる。


 
体も、心も、お金も時間も、もう随分と費やしてきたけど、いまだに答えも見つからない、ゴールも見えない毎日。

 
 
誰の責任でもないと分かっていても、もし自分の体が…と、考える。
 
 
自分が苦しくなるだけだと分かっているのに、どうしても考えることを止めることはできなかった。

 
 
少子化対策なんて言葉があるけど、それでも実情は不妊には理解のない会社や上司がほとんどだった。

 
 
国や自治体の制度だって、わたしの産みたいという気持ちに寄り添うものはほとんどなかった。


 
5.5組に1組は不妊だというけど、わたしの周りに詳しい人なんていなくて、誰にも打ち明けることができなくて、ただただ孤独だった。


 
でも、この恥ずかしい、複雑な気持ちをどうすることもできなくなって、できるだけ外には出さないようにしていたけど、ほんとうに辛くてどうしようもなくなったから、ごく限られた友人にだけ話したこともある。


 
でも、そうすると『最近どう?』なんて声をかけられる。


 
何かあれば、自分から話すから、ただそっとしておいて欲しかったのが正直な気持ち。


 
心配してくれるのは分かるけど、それに答えるのだって相当辛いことだったから。
 






不妊という言葉より

『妊活サポート』
 



『先生、不妊ってゴールはあるんでしょうか?』
 


とても難しい問題ですよね。
 


正直、私はそれに明確に答えることはできませんし、これが正解だ!とか、これは間違いだ!という答えも持っていません。


 
ただ、私はあなたと一緒に考えて、あなたに合った最善の方法を、あなたに寄り添いながら、手助けしたいと心から思っています。
 

 
私と妻の話をさせてください。

 
 
私と妻は、子供を持ちたいと思ってから、1年以上タイミング療法を行いましたが、ある日の検査で、私たち夫婦には自然妊娠では子どもができにくいということが分かりました。

 
 
当然、その当時は気持ちも塞ぎ、どうしていいのか全くわからない状況に、ただただ不安と悲しさを感じていました。

 
 
それでも子供を望む私たちは、体外受精を始めることを決意。

 
 
私達夫婦の親でさえ、あまり不妊への理解はありませんでした。

 
 
ですが私たちで決めたことなので、あるクリニックの初診前説明会を予約して参加しました。

 
 
そこにたくさん来ていた子供を望む夫婦たち。
 

 
こんなにもたくさんの人が悩んでいるんだと、とても孤独に感じていた不妊が少しだけ前向きに、勇気を持てるようになりました。

 
 
そんな説明会ののち、開始前説明会へと進んで行きましたが、来週から本格的に開始しようとしていたその矢先に、



妻から



「赤ちゃんできたかも!」と!!!!!!!!

 
 
僕たちの心の中は、一種の錯乱状態でした。
 

 
本当に?

これって奇跡だよね!

そんなバカな?

でも陽性反応出てるし!

あまり喜びすぎない方がいい?
 

 
などなど、本当にいろいろな思いが込み上げてきました。
 

 
クリニックの診察で妊娠が確定した後、産婦人科の先生になんでできたのかを尋ねても、先生にも分からないとのことでした。

 
 
検査で赤ちゃんができにくいと診断されたにも関わらず、自然妊娠できるなんて!

 
 
こんな結果、夢にも思っていませんでした。

 
 
これは私たち夫婦に起きた奇跡なのかもしれませんが、奇跡という言葉で片付けるのではなく、私たちが赤ちゃんを望んで、そのために何をしたのか?についてお伝えします。

 
 
私たち夫婦がしたことは2つで、まずは自分たちが健康でいることです。
 

 
当時の私は喫煙をやめ、睡眠時間を増やし、食事を変えて行きました。

 
 
そうすることで、妻も私も基礎体温が上がるなどの確実に体に変化が表れていました。
 

 
そしてできるだけ心を軽く、ポジティブに生きることを心がけました。
 

 
それまでお互い仕事の忙しさから、2人で過ごす時間はごく限定的になっていました。
 

 
ですが週末には2人で旅行に出かけたり、一緒に食事を作ったり、テレビを見たり。

 
 
とにかく2人の時間を楽しむことを考えて過ごすようにしていました。


 
この2つのことを、「自然妊娠は難しい」と言われた後から2人で話し合って始めました。

 
 
そのおかげかどうかは分かりませんが、結果的に私たちは自然妊娠で子供を授かることができました。

 
 
僕自身が感じたのは、自分たちが健康な状態であることが第一ですが、夫婦の心の状態というのも妊娠にとっては、とても大切なんだということでした。
 


今もし妊娠を望んでいて、自分の健康と夫婦のあり方については、考えたことがなかったのなら、一度2人で時間を作って考えてみることも重要なんだと思います。






 

不妊で不安になってるあなたへ
 
 
子どもを望む夫婦が不妊でクリニックを選ぶ時に重視するのは、『妊娠率』かもしれません。


 
妊娠率という数字は客観的でわかりやすい指標ではありますが、それだけを頼りにクリニックや妊娠する方法を選ぶのは正しい選択とは言えません。


 
少し考えてみましょう。


 
いくらクリニックのホームページで高い妊娠率を誇っているとしても、それはあくまで他人の結果に過ぎません。


 
不妊の原因は人それぞれで、軽い重いに基づいて、あなたたちご夫婦の妊娠率が0%〜100%の間に分布します。


 
重要なのは『自分たちの妊娠率』なのであり、クリニックのホームページにある他人の妊娠率は無関係だと言うことです。


 
私たちは産婦人科ではありませんが、『自分たちの子供を望み、その努力をする』ご夫婦のことを、積極的に援助しています。


 
それまでに妊娠できていない状況と、お身体の状態を踏まえ、様々な可能性の中からあなたたちにあった妊娠の確率を上げるケア方法を、身体面と生活面などからご提案します。


 
積極的に妊娠するよう努力してみたいと考えられているご夫婦に、より自然な、より早期な妊娠成立を目指してケア計画をつくり、納得して妊活に取り組める環境を提供しています。


 
私たちはこれを、「妊活サポート」と呼んでいます。


 
これからは『不妊』と言うをやめ、『妊活サポート』を受けていると、言い換えてみませんか?

 


 

妊活サポートに関するお問い合わせはこちら



まずは妊活サポートの内容を、無料で受けてみませんか?
 
 
無料サポートの内容は

■妊活状況や生活環境のカウンセリング
■お体の状態のチェック
■食事分析と改善のアドバイス

の3つです。
 
 
まずはLINEに友達追加して『妊活サポート』と返信してくださいね!



↓↓LINEで友達追加はこちら↓↓


LINEのメッセージは個別のやりとりですので、安心してご利用ください。

1

« 2020年4月 | メインページ | アーカイブ

LINE@のお友達追加

このページのトップへ