HOME > 美容・健康コラム > アーカイブ > 2019年10月

美容・健康コラム 2019年10月

広島市で子連れで通える産後骨盤ケア
























なぜ毎月30名以上の産後ママ

\KenKenを選ぶのか?/






 

KenKen接骨院の産後ケアに

興味を持っていただき

本当にありがとうございます。





まずはKenKenの院内で

お子さまとママがどんな風に過ごしているか

動画で様子をご覧ください

↓↓タップして見る↓↓

 


今なら初めての方限定で

体験ができます。

通常1回6,000円のところ
 
体験は1回2980円!
 


お申し込みはLINE@から↓↓↓
 

友だち追加



このページでは

以下のことをお伝えします。


 
  1. KenKenは託児ではなく、お子様をママのそばで見守ります
  2. 託児と見守りのメリットとデメリット
  3. 本当に赤ちゃんと行って大丈夫なの?
  4. なぜKenKenは産前産後に専門特化しているの?
  5. なぜ産後ケアにパーソナルトレーニングが必要なのか?
  6. 通っているママの実例&インタビュー
  7. 産後ケアと骨盤矯正は何が違うの?
  8. KenKenが産後ケア以外でママのためにやっていること
 
 
 
 
そのほかの情報につきましては以下のリンクよりタップしてご覧ください

 



 
 
体験は1回2980円!

詳しくは友だち追加してください
 
友だち追加





 

KenKenは託児ではなく

ママのそばで見守りします!





 
 
 
赤ちゃんと一緒に通って楽しい産後ケアを提供するKenKenには、


 
託児専任スタッフは…いません
 
 
 
お子さんはバウンサーやキッズスペースなどで、


 
セラピストや受付スタッフ、

近くにいるほかのママと

一緒に見守ります
 
 
 
理由は
 

「ママは赤ちゃんと一緒が一番安心だから」

 
です。
 
 

 
託児があった方が安心と思われている方も多いですが、本当にそうでしょうか?
 
 
 
当然、生まれたばかりの赤ちゃんとの生活では、少しでも離れて自分の時間を作りたいと思う瞬間もあると思います。
 
 
 
そうした時に託児があれば便利かもしれませんが、KenKenに来る時間は本当に自分の時間ですか?



KenKenに来る以外の時間で、自分の時間を持つ方が、よっぽど有意義だと思います。
 
 
 
だって仮にKenKenmに託児があったとしても、お子さんを預かっている時間のほとんどを施術や運動の時間に使わないといけません。



あなたの自由な時間ではありません。
 
 
 
あなたが一人の時間を作って本当にやりたいことは、もっと他にあると思います。
 
 
 
また託児に関してもメリットとデメリットがあり、次に詳しく解説していますが、その両方を比較検討した結果、KenKenでは託児専門スタッフは配置しないと決めています。
 
 
 





託児と見守りの

メリットとデメリット







託児にもメリットとデメリットがあります。



どちらを選ぶかはあなた次第ですが、本当に託児があることがメリットなのか、こちらを読んでみて、今一度考えてみてくださいね!
 


 

託児のメリットとデメリット

 
 
 
■託児のメリット
 
  • 赤ちゃんと離れてリラックスできる
  • 自分の体に集中して向き合える
 
■託児のデメリット
 
  • 赤ちゃんが見えないから何してるか不安
  • 泣き声だけ聞こえると申し訳なくなる
  • 泣く我が子と離れる罪悪感がある
  • 託児スタッフとの相性が悪かったら最悪
 
 
 
離れることをメリットと感じるか、デメリットと感じるかは人それぞれのようです。
 
 

 
 
そばで見守りのメリットとデメリット
 
 
 
■そばで見守るメリット
 
  • 近くにママがいてお互いの顔が見えて安心
  • スタッフや同じくらいの子を持つママなど、見てくれる目が多い
  • 他のママやスタッフのあやし方が見れて参考になる
  • 他の子どもと触れ合える
  • 他の子も泣いてるから泣き声が気にならなくなる
 
■そばで見守るデメリット
 
  • 泣いたら気になって集中できない


というようにKenKenでは、見守りの方がママにとってメリットが大きいと考えます
 

 
そばで見守るデメリットの、「泣いたら気になって集中できない」に関しては、お子さんが慣れてくれば全く問題ありませんし、スタッフや他のママもあやしてくれます。



また他のお子さんも泣いているのが当たり前の環境ですので、自分の赤ちゃんが泣いていても必要以上に気にならなくなっていきます。
 
 
 
実際にお子さんは、はじめて来る場所にとまどい、不安を感じることで泣いてしまいますが、回数を重ねるごとに周りの子どもや、ほかのママとの触れ合いを経験することで、次第に一人で楽しく過ごせるようになっていきます
 
 
 
ママの体が良くなって卒業となるまで、ずっと泣いてどうしようもなかったということは、今まで一度もありません。



 
 
 
※時期によって途中から後追いが始まり、ママに抱っこされなきゃ嫌だ!という時期もありますが、その全てが一過性のもので、ずっと続くことはありませんのでご安心ください。

 

 
 
 



本当に赤ちゃん連れて

行って大丈夫なの?





 
 

 
お子様連れについて、よくあるご質問をまとめました。
 
 
 
Q.何ヶ月の子供から大丈夫ですか?

A.生後1ヶ月の赤ちゃんもママと一緒に通われています。ねんねの赤ちゃんには、ハイチェアーなど、赤ちゃん用の設備も整っていますのでご安心ください。
 



 
Q.どんな人がみてくれるの?

A.院内にいるすべてのスタッフが常に周囲のお子様の様子を観察しております。また、その場にいるほかのママも一緒に見守りますので、少人数の託児スタッフに任せるより多くの目がある分、安心です。
 




 
Q.ママが施術中、赤ちゃんはどのように過ごすんですか?

A.ねんねの赤ちゃんは基本的にはママの近くで一緒に過ごしますが、ハイハイや歩けるお子様になると、院内を自由に動き回って遊んでいます
 


 
 
Q.保育士さんはいますか?

A.保育士は在籍しておりませんが、KenKenのスタッフはみな年間1000人以上の赤ちゃんと出会い、抱っこをしていますので、お子様の抱っこの仕方やあやし方の経験はとても豊富です。
 


 
 
Q.どんな雰囲気なのか分からなくて不安を感じます

A.基本的にはずっと赤ちゃんの声や笑い声が聞こえています。昼過ぎになると眠たくなったお子様が増えますので、特に泣き声や笑い声などが増して、とてもにぎやかな院内の雰囲気ですので、お子様が全力で泣いても申し訳ない気持ちになることは絶対にありません
 



 
 
 
 








なぜKenKenは

産前産後に特化しているの?






 

 
はじめまして!


KenKen接骨院の青森です。←今ごろ www


 
現在4歳になる息子と戦いごっこの毎日を過ごす37歳です。


当然パパは悪者役をさせられて、やっつけられまくっています。笑



ときどき倍返ししています。



 

 
 

突然ですが、僕の妻の話をさせてください。


 
ぼくの妻は看護師です。

KenKenは僕が妻の妊娠と出産を間近で経験し力不足を感じたことが、産前産後ケア専門の接骨院へと生まれ変るきっかけになりました。



生まれ変わった時のストーリーを動画にしていますので、よかったらこちらもご覧ください。


 








約5年前、ぼくたち夫婦はなかなか子供を授かることができず、話し合いの結果、不妊治療を始めようとしていました。


 
結果的に不妊治療を始める直前に息子を授かりましたが、看護師の妻は妊娠中も夜勤を続けていたせいか、切迫早産になって絶対安静を強いられる期間がありました。


 
そんな決して順調ではない妊娠期間を経て、出産での陣痛にも耐え、ようやく生まれてきた息子を見た時の妻の表情は、今まで見たことがないほど愛に溢れたものでした。



 




 
生まれたときの息子の姿は写真を見ないと忘れてしまっていますが、妻の表情は4年経った今でも鮮明に覚えています。


 
しかし当時のぼくは、そんな妻をそばで見ていたにも関わらず、妻を支えることが何もできずにいました。


 
妻の力になってあげることも、子供のために時間を使うこともなく、今まで通りに生活できると思っていました・・・


 
当然、体にダメージの大きかった妻は、出産後のなれない赤ちゃんのお世話、授乳による睡眠不足、日中一人で子供を見なければならないプレッシャーやストレスにより、疲労がピークに達していました。





 

なのに、ぼくは何もしてあげられませんでした



夫として、父親として、セラピストとしても、何もしてあげられなかったので、今振り返ると本当に情けなくなる、後悔しかない期間です。


 
正直に言うと、妻は離婚すら考えていたそうです。


 
後から聞いて、それにも気づかなかったのかと、本当に情けない気持ちになりました。


 
しかしそんなぼくに、転機が訪れます。


 
新しく働きたいと紹介されたスタッフが、子連れで出勤してもいいかと言うのです。


 
妻への後悔しかなかったぼくは、少しでも償いになるのではないかと考え、二つ返事で子連れ出勤を快諾していました。



 



 
それからスタッフが子連れでも働きやすいよう環境を整えていくうちに、次第に患者さんも産後のママが増え、口コミが広がり、いつのまにか通われている方の100%が産後ママさんか、妊婦さんと言う状態になりました。


 
実はKenKenの開業当初の理念は、高齢者の健康寿命を延ばすことでした。


 
それが子連れのスタッフをきっかけに、ママと妊婦さんであふれかえり、毎日、赤ちゃんの笑い声、泣き声の絶えない接骨院になりました。






 

ぼくは一度失敗しています。




KenKenの今の理念は、


 
ママの育児を楽しみたい!という気持ちを応援することです。



妻に何もできなかった自分。



その後悔を力に、今は産後ママの健康をサポートして、ママに育児を思いっきり楽しんでもうらうための接骨院を作りました。




 



 
僕は自分の失敗から大切なことを学びました
 

 
ママが健康でいることが、子どもにとって一番大切なんだということ。



ママが心身ともに健康でないと、子どもを健康に育てることはできません。


 
ママの笑顔が、子どもにとって一番安心できるということ。


 
ママが笑顔でないと、子どもは笑顔になりません。




ママが笑顔でいることがどれだけ大切か


 
ママが笑顔になるためには、痛みや体の不調がないことに加え、自分の体にキレイと自信をもてることも必要です。
 



 
接骨院とフィットネスジムを併設したKenKenでは、痛みや不調のケアだけでなく、キレイも自信を持ちたいママをサポートすることができます!






今なら初めての方限定で
体験ができます。

体験は1回2980円!

お申し込みはこちらをタップ↓↓↓




友だち追加





なぜ産後ケアに

パーソナルトレーニングが

必要なのか?









KenKenの特徴の一つに、産後ケアにパーソナルトレーニングを取り入れているということがあります。





産後にパーソナルトレーニング?と思われるかもしれませんが、妊娠出産を終えたママの体は、壮絶なダメージを受けていると同時に、筋力(体力)の低下も起きています。



妊娠中にお腹が大きくなってから、満足に体を動かすことのできない期間に、体の全体の筋力が落ち、その代わりにホルモンの作用によって脂肪が増えてしまっています。



妊娠出産によって増えた脂肪を減らし、落ちた筋力を取り戻すには、運動をするしかありません



日常生活を送るだけでは、筋力は戻らないのです。



しかも出産によるダメージを受けた体をケアしながら、運動して筋力を戻すには、妊娠出産に対する深い専門知識と経験が不可欠です。



だからKenKenでは国家資格を持つスタッフが、マンツーマンで体の状態を確認しながらトレーニングメニューを組み立て、実施していきます。






産後ケアとして、国家資格を持つスタッフの施術と運動指導を組み合わせた独自のプログラムが受けられるのは広島県内ではKenKenだけです。




さらに運動をする効果には、ママにとってとても有益なものがあります。



運動の効果についてメンタリストDaiGoさんが詳しく解説してくれていますので、こちらの動画も併せてご覧ください!



 




運動には本当に健康に有益な効果が立証されています。



当然ママも運動することで、その利益を受け取ることができます。



たった20分ですが運動をすることで、『幸せな人生を手に入れる』ことができるんです。



でも、たった20分でも赤ちゃんのいる生活の中で、自宅でその時間を捻出することはとても難しいことだと思います。



だから赤ちゃんと一緒に来れて、運動もすることができるKenKenは、ママに喜ばれているのです。



 
あなたも赤ちゃんと一緒に

KenKenにきて

運動してみませんか?




今なら初めての方限定で

体験ができます。
 
体験は1回2980円!
 
お申し込みはこちらをタップ↓↓↓



友だち追加



通っているママの

実例&インタビュー









まずは、実際に通っているママにインタビューしていますので、生の声をお聞きください











動画でご紹介したママたちの

くわしい経過

 





広島市在住D.Nさま




初めてご来院いただいた時のお悩みは、腰の痛みをどうにかしたいとのことでしたので、最初は回数券のコースをご利用いただきました。



腰の症状は、妊娠中や出産後の抱っこによる姿勢の崩れによって、腰の周りの筋肉が緊張し動かしにくくなることが原因で痛みが出ていました



出産後の女性に多くみられる典型的な姿勢からくる腰痛でしたので、まずは姿勢を戻すために背骨や緊張している筋肉を動かしやすくする施術と、姿勢の崩れによって乱れてしまっている重心を戻していく運動を行いました。



この運動と治療の組み合わせによって、腰の症状は4回目には痛みのレベルが半分以下に変化していました。



筋肉の柔軟性が出たことで痛みの変化が現れてきたので、そのころから運動の強度を上げて、筋力アップを目的とした運動も取り入れていきました。



結果的に妊娠中からでていた腰の痛みは、8回目頃にはほぼ感じなくなるほどに改善していました。



Dさまは腰の痛みが変化したことと、もともと運動が好きだったこともあり回数券の利用終了後は、運動をメインとしたコースに移行されて、体型を戻すことに集中して取り組むことにしました。



運動を続けていく中で、趣味だったバドミントンにも復帰されて、産後に悩まれていたお腹周りやお尻周りもすっきりとして、とても満足していただいています。



Dさまのすごいところは、広島市でもKenKenからは10キロ以上離れたご自宅から週に2〜3回のペースで来院されていたことです。



それだけ自分の体と向き合い、運動に取り組んでくださっているので、結果が出るのも早かったのですが、結果が出た後も目標を変えながら1年間KenKenに通ってくださり、


『KenKenがなかったらどうなっていたか分からない。毎回二人の子どもと一緒に通って、上の子どもが私と離れるのが嫌な時期があったりと、結構大変な時期も乗り越えて通うことができたのは、KenKenが私にとってすごく好きな場所になったからです』



とおっしゃってくださいました。



担当スタッフより


D様はしっかりと目標を決めることで、それに向かって努力できるタイプの方でしたので、より目標を明確にするためにイメージの共有を提案しました。


そこででてきたのが女優の吉瀬美智子さんで、あれぐらキレイな40代を目指したい!という具体的なイメージを共有して、そこに向かって今の体のどの部分を引き締め、どんな食事内容にして、どこの筋肉を柔らかくしなければならないかということを考えて、運動メニューを組んでいきました


そこまで具体的なイメージが必要なのかと思われるかもしれませんが、そうすることで、Dさまもモチベーションを高いまま維持して運動に取り組むことができたと思っています。


Dさまも動画でおっしゃっていますが、最初に来院された時とはお顔の表情や体つきが全く違うので、運動を続けることで自分の変化や成長によって自信が出てきたのだと思います。


もう少しで卒業の予定で寂しく感じますが、きっとこれからもママとして輝いていくことと思います!




 


回数券やコースについて気になる方は→こちら







産後ケアと骨盤矯正は違うの?










結論からいって産後ケアと骨盤矯正は同じではありません



あくまでも骨盤矯正は、産後ケアの一部であってずべてではありません。どういうことか詳しく解説していますので、ぜひ動画をご覧ください!



 






 



KenKenが産後ケア以外で

ママを笑顔にするために

やってること



 




KenKenはママのために様々な取り組みを行っています
 


子どもの命を守る基礎知識講座

子どものき緊急時に冷静に対処することが、その子の命を救う確率を上げる唯一の方法です。幼児や小児へのAEDの使い方や、心肺蘇生法の行い方など、知っておかなければならない基礎知識をお伝えする講座を年に1回開催します。





 
ママ向けのイベント
ママとパパのWAフェス主催

昨年11月に千田町のクリップ広島にて400人以上の来場者を迎え、ママとパパに楽しんでもらえるイベントとして、同業者やママに優しい企業からの協賛を多数いただき開催しました。


 
 
イベントではママのファッションショーなど、独自のコンテンツも盛り沢山で、終了後すぐに2回目の開催を希望する声を多数いただきました。


 
 
ちなみに今年の秋にも開催予定です!
 
 


 
無料の産後ケア体操教室でママに貢献

横川にあるはしかた歯科小児歯科さんの「くまさん広場」、広瀬集会所で活動されている常設型オープンスペース「タウタウ」さんで月に1日ずつ、年間20回以上のママ体操教室を開催。
 
 
 
各会場とも大人気で毎回10名を超えるママが参加して、キャンセル待ちが出るクラスも!年間200名以上のママに体操指導を行なっています。





 

 
 
ママがコミュニケーションを学ぶランチ会定期開催

昨年末より新しい取り組みの一つとして、ランチ交流会を開催しています。
毎回5〜8名での小規模グループでのランチ会で、ママ同士の情報交換だけでなく、コミュニケーションや子育てなどに関するミニ講座も受けられるランチ会として、ママから口コミで広がり、毎回キャンセル待ちの状態になっています。




 
 
ママが子どもと楽しめる各種院内イベント開催

通院されているママ向けに、BBQや鍋パなど毎回10組以上の家族が参加する食事会イベントを開催。
院長の手料理がでてくるので、普段自分の料理しか口にしていないママは人に作ってもらった料理というだけでも幸せになれるみたいです。
 

KenKenのスタッフは、ママを笑顔にすることに全力です!(笑)


 
 




今年の夏には、KenKenに通われているママのためにホットプレートBBQ大会!を開催しました。



次の日、院内がすんごい匂いだったことは言うまでもありません。笑



普段家族のために料理を作ってるママにとって、「人が作ったご飯を食べる」ことは、とても嬉しいとたくさんのママが言っていたので、ぼくがホットプレートを使った料理をママに振舞いました!


 
ぼくたちは笑顔のママを見ることが、何よりもの喜びなんです!



 



 
ママとお子さんだけでなく、パパも呼んで、スタッフも会員様もみんな一緒にパーティをすることで、ママ同士の交流はもちろん、とてもいいリフレッシュになれたみたいでよかったです!



こういったイベントを年に3〜4回行っており、春はお花見、夏はホットプレートBBQ(暑いし紫外線気になるから院内で!笑)、冬は鍋パーティなどなど季節ごとに色々企画していて、KenKenに通われているママだけでなく、そのお友達や卒業したママもたくさん参加されるんです!



 
だからあなたのことも、必ず笑顔にしてみせます!







 
私たちがあなたがもっと子育てを楽しめるサポートをします!







 
KenKenでは、ママが笑顔で子育てが楽しめるよう様々な面から支援を行なっていますが、全ての支援も『ママの健康』があってこそです。


 
今、もしあなたが体に何か痛みや不調を感じていたり、妊娠前と比べ変わってしまったと感じることがあれば、まずはKenKenに来てください!




 
KenKenでは、
 
『ママのための特別な体験コース』

を用意しています。
 
 

 
以下の画像をタップして、KenKenのLINEに友達追加して、詳細を確認してみてください。


 
 
体験は2980円!

友だち追加して
体験について詳しくみる

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 
友だち追加


↑↑体験の詳細はこちらをタップ!↑↑


 

KenKenをもっく詳しく知りたい!

 


KenKenのことに興味を持って、ここまで読んでいただき、ありがとうございます!
私たちはマタニティ・産後ママのお役に立つことを使命としています!



 
ぜひKenKenのことについて
もう少し詳しく知ってください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
 



料金やコースについて
確認したい方はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
↑↑料金の詳細はこちらをタップ!↑↑




KenKenのプロモーションビデオはこちら
※↓↓タップしてご覧ください!↓↓





 
KenKenの理念は

 
『ママの笑顔が子供の笑顔』


 

1

« 2019年8月 | メインページ | アーカイブ | 2019年11月 »

LINE@のお友達追加

このページのトップへ