産後の骨盤矯正

なぜ産後に腰痛になりやすいか

【イラスト】きれいな骨盤と、産後のゆるんだ骨盤

①靭帯のゆるみ

靭帯妊娠中から産後にかけては卵巣からリラキシンというホルモンが分泌され、体の靭帯がゆるみます。主にゆるむのは、骨盤の「恥骨結合」を固定する靭帯と、「仙腸関節」を固定する靭帯です。ここをゆるめることで、出産時に赤ちゃんが産道をスムーズに通れるようにするのです。

出産前と出産時に伸びた靭帯が元に戻るまでは、およそ3か月かかるとされています。高齢出産や授乳姿勢などによっては、6か月以上もとに戻らないこともあります。靭帯がゆるむと関節が動きやすくなり、体の支えが不安定になります。その不安定さを腰の筋肉で支えようとするため、腰痛が起こりやすくなります。

【イラスト】妊娠前の体型と、妊娠中~産後の体型の比較

②骨盤のゆがみ

靭帯がゆるんで開いた骨盤は、ゆがみやすい状態になっています。そのため、妊娠中にすでにゆがんでいる場合はもちろん、骨盤が小さかったり赤ちゃんが大きかったりすることで、出産時にゆがんでしまうことが多くあります。ゆがんだ骨盤は自ら戻れないため、ゆがんでいるかぎり、周辺の筋肉に負担がかかり、腰痛が起こりやすくなります。

産後の骨盤矯正の大切さ

妊娠・出産を経験することで、これまでなかった悩みに女性は直面します。
骨盤が歪んだ状態が続くと腰痛やスタイルのくずれ尿もれなどの問題が起こりやすくなり、その予防や改善をするために骨盤を矯正することが大切です。

【図解】ケアの流れ

まずはお試しコース!初めてご来院の方限定!3回体験 2,980円

美容・健康コラム