お知らせ

定期開催決定!子どもの健康管理の基礎を学ぶ特別講座

もし、目の前で自分の子どもがけいれんし始めたら、
あなたは冷静に対処できるだろうか?

 

 
親になると、その瞬間から子どもの健康管理に責任を負うことになります。
医師や看護師のように、医療に携わる人の場合を除き、子どもが目の前でけいれんし始めたら、パニックになるのではないでしょうか?
 
 
医師や看護師ですら、自分の子どもの場合冷静になれないこともあるといいます。
 
 
でも、そこでパニックになって、慌ててしまうと、助かる命も助からないかもしれません。
 
 
冷静に症状を見て、適切な処置や対応ができることは、親になったあなたにとって、とても大切な必須スキルではないでしょうか?
 
 
今、ちょっとおかしいと思ったら、すぐ病院につれていけばいいじゃん、と思ったあなた。
 
ちょっと待ってください!
 
あなたの子どもが軽症で、特に心配のない症状なのに病院につれていってしまった場合、その時対応した医師は、あなたの子どもを診る時間で、他の重症な子どもを診ることができたかもしれません。
そうなると、あなたが子どもをつれていったことで、一人の助かる命が、助からなかったかもしれません。
病院も医師の数も無限ではありませんし、医師もスーパーマンではありません。
医師1人が診れる人数にも限界があるのです。
 
 
もちろん病院に行くなとは言いません。
 
 
しかし、病院に行く前に緊急を要する症状なのかどうかを判断できる知識は、最低限持っておいたほうがよいと思います。
 
 
だからといって今から分厚い医学書を読んで、専門知識を身につける必要はありません。
 
 
今あなたに必要なのは、いざという時の知識と基本的な技術です。
 
 
最低限の知識と技術さえあれば、子どもの命を自らの判断ミスや、対応の遅れによって危険にさらす可能性を極めて低く抑えることができるようになります。
 
 
子どもの健康管理の知識について、育児書に書いてある内容だけでは、本当に子どもが急変した時に対処できるのか不安!
 
 
そう感じるのなら!
無理をして分厚い複雑な医学書を読むより、この講座に参加して、子どもの体調管理に自信を持ちませんか?
 
 
☑️普段の健康管理は何をすればいいの?
☑️バイタルチェックの正しいやり方は?
☑️救急外来に行くべき時ってどんな時?
☑️子どもの疾患の見落としを防ぐには?
☑️子どもの変化にいち早く気づくには?
☑️症状別、こんな時はどうすればいい?
 
基礎的な知識と技術を身につける講座です。

 


 
実際の実技も含めて講座を行いますので、1回の講座では収まりきらないであろう内容になりますが、
83ページもの資料ををまとめた
『永久保存版の特別小冊子』
を参加者全員に無料でプレゼントしますので、それをしっかり読めば健康管理の基礎と知識が身につきます!

また、小冊子の内容を元に今後の講座内容を作成していきます。






参加者だけがもらえる『永久保存版特別小冊子』を特別にオンライン販売します! 
特別小冊子だけでも手に入れたい方は、以下のボタンより友だち追加して『特別小冊子』と返信してください!

特別小冊子について詳しくはこちら
子どもの命を守る基礎知識 特別小冊子のご案内

友だち追加  
 
親になったあなたが、子どもの健康管理のカギを握ります。
 

あなたの知識不足は子どもの命の危険に直結します。

 
これは恐ろしいですが、本当のことです。

 
あと1時間早く受診していれば助かった命。
あの時のあの症状を見逃していなければ救えた命。

 

そんな、子どものあと一歩の生死を分けるのは、親であるあなたの判断かもしれません。
後悔したくないのなら、この講座を受講してください。
 

講座に参加して、もしもの時に備えましょう!
 
 
【概要】
開催日時:2018年8月22日11:00~12:00
開催場所:KenKen接骨院内
定  員:10名程度(お子様の同伴可)
受  講  料:2000円(2回目以降の参加で小冊子をお持ちの方は1000円)
講  師:青森健太(KenKen接骨院院長) 
 
【内容】
  1. 正しいバイタルチェック(体温計測・脈拍計測・呼吸計測)のやり方
  2. 緊急を要する症状の見極めポイント
  3. ありふれた症状で時に緊急を要する場合:嘔吐下痢
  4. 脱水症状の注意点と処置
  5. 経口電解質液って何?
・・・など
※内容は時間の許す範囲で行います

【お申し込み】
お申し込みはLINEに『講座参加希望』と返信してください。
その他内容やお申し込みに関するお問い合わせは、LINEでお気軽にメッセージを送信してください。

友だち追加

過去の記事

全て見る