産前(マタニティ)ケア

妊娠中の骨盤の変化

妊娠によって骨盤はわずかに成長し、かつ関節および結合は弛緩します。
また、恥骨結合および仙腸関節では、靭帯の血管などが新生し、関節の運動性および伸展性は増大します。

特に、恥骨結合が著明で、どの変化は妊娠10~12週に見られます。妊娠初期に比べて末期には骨盤は大きくなり、各計測値は0.5~1cm、またはそれ以上に増大することもあります。
しかし、このような関節の変化によって、妊婦さんは歩行時に疲労を感じやすくなったり、腰痛を感じるようになります。

産前(マタニティ)ケアの効果

マタニティ整体には下記のような効果が見込めます。

  • 産後の腰痛や体型の変化の予防
  • 安産、逆子ケア
  • 妊娠中の腰痛や肩こりなどの解消

まずはお試しコース!初めてご来院の方限定!3回体験 2,980円

美容・健康コラム