HOME > お知らせ > 広島市近郊で親子で楽しめるお出かけ情報2019年1月24日

お知らせ

< 広島市近郊で親子で楽しめるお出かけ情報2019年1月18日  |  一覧へ戻る  |  広島市近郊で親子で楽しめるお出かけ情報2019年2月1日 >

広島市近郊で親子で楽しめるお出かけ情報2019年1月24日

こんにちは!広島の産後ママ・子育てママの笑顔と健康を守る、KenKen接骨院の青森です。

今週もママに役立つ情報をお届け!
じっくり読んでみてくださいね。


【子どもの命を守る基礎知識】
ー乳児の心肺蘇生法とAEDー


先日の救命講習会は、6名のママに参加していただき、しっかりと実技の練習を行いました。

あれだけの回数、あれだけの時間触れる講習会はめずらしいのではないでしょうか?

みなさん真剣に受講していただき、もしもについて学び、備えることができたと思います!






 

/////////////////////////////////////////
子育てに役立つ書籍紹介
/////////////////////////////////////////

 



 
◇◇トピック◇◇
P.2 はじめに

どうか、どうか泣いて。早く産声を聞かせて。
3年前の秋の日、私は手術室のベッドの上から、祈るような気持ちで、生まれたばかりの我が子を見つめていた。
 
中略

産声。
それは、ただの「泣き声」ではない。
 
それまで母親の胎盤からへその緒を通して酸素を得ていた赤ちゃんが、初めて自力で呼吸を始めたサインでもある。だから、母親たちは産声を聞いて元気に生まれたことを確認し、安心する。

ひとり産院に取り残された私は、病室に閉じこもり、ほかの赤ちゃんの泣き声が聞こえてくるたびに、耳をふさいだ。

息子はしばらく人工呼吸器をつけていて、泣くことができなかった。

私の赤ちゃんは泣きたくても泣けないのに、と布団をかぶり、声を忍ばせて泣いた。
 
※※※引用※※※
タイトル:産声のない天使たち
著者:深澤友紀
出版社:朝日新聞出版



◆◆オピニオン◆◆

50人に1人の確率と言われる「死産」。

 
今、自分自身がここにあること自体が、途轍もない奇跡だということに気づかせてくれる。


また、目の前にある我が子の命がどれだけの奇跡か。


この本を開いてから、読み終えるまで涙が止まりませんでした。


僕自身、昨年の夏に親友の死を経験しました。


普通に暮らしていた友人が、ある日突然帰らぬ人になる恐怖、寂しさ、自分に何もできない不甲斐なさ。


それと同時に、今ある命のありがたさを感じた経験でした。


毎日開く僕のノートには、ベッドで人工呼吸器をつながれた友人の写真を貼っています。


その写真は僕に、ともすれば当たり前と思ってしまうような『日常』を、『有り難い』ものだと教えてくれます。


親友のおかげで、毎日を大切に全力で生きることができています。
 

この本は、自分のお腹を痛めて子どもを産んだママにとっては、僕のその写真と同じようなものになるかもしれません。


毎日育児に向き合っていると、苦しいことや上手くいかないことの方が多いと思います。


そんな時には、誰だってイライラするし、逃げ出したくもなると思います。


でも、その苦しみを味わえること自体が、『有り難い』奇跡だと思えるなら、ほんの少し、気持ちも楽になると思いませんか?


ぜひ手にとって読んでみてくださいね。
 


 

/////////////////////////////////
女性の体の解体新書
//////////////////////////////////





 
◇◇トピック◇◇


産後の月経再開が腰痛骨盤痛に与える影響
 
【はじめに,目的】
妊娠中はホルモンの変化や体型変化により,多くの女性が腰痛骨盤痛(low back pain and pelvic pain;LBPP)に悩まされる。妊娠中に発症したLBPPは産後持続する事が多く,睡眠障害やうつ病,不安感などを引き起こし,本人の日常生活のみならず子供の発育に悪影響を与えることから解決すべき重要な課題である。妊娠中から産後にLBPPが持続する要因に関する調査は行われているが,一定した見解は得られていない。近年,腰痛の関連因子の一つとして女性ホルモンが着目されており,エストロゲンの低下は痛みの感受性を増加させることがわかってきており,閉経後女性における腰痛有病率の増加の一因になっていると考えられる。一方,産後女性は産後無月経の期間が存在し,この期間は閉経後女性と同様にエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が不十分と考えられる。しかし,産後女性において,女性ホルモンとLBPPの関連を明らかにした研究はない。本研究の目的は,妊娠中にLBPPを有していた女性において産後の無月経の期間と産後4ヶ月時のLBPPとの関連を調査することである。

※※※引用※※※
タイトル:産後の月経再開が腰痛骨盤痛に与える影響
著者:重本 千尋, 海老名 葵, 近藤 有希, 斎藤 貴, 村田 峻輔, 伊佐 常紀, 坪井 大和, 鳥澤 幸太郎, 福田 章真, 奥村 真帆, 松田 直佳, 小野 玲
 


◆◆オピニオン◆◆
 
この研究では、産後の月経再開までの期間のエストロゲン分泌量の低下を指摘し、その影響で痛みを感じやすくなっていることから、腰痛や骨盤痛の原因でないかという仮説のもと、月経再開と腰痛骨盤痛の関連を調査したものです。

 
結果として、月経再開までの期間と、腰痛骨盤痛の有病率は相関があったとのことです。


こういった記事を簡単に信じると、「月経再開が遅いから、腰痛になるんだ!」という思考になってしまいそうですが、よく考えてみましょう。


一口に女性ホルモンといっても、その種類はたくさんあります。


出産後、授乳のために乳汁分泌ホルモンである「プロラクチン」という女性ホルモンの分泌量が増えます。


このホルモンの作用で、排卵が抑制されことにより、月経再開に大きく関与します。


そのプロラクチンと、痛みの感受性を増すエストロゲンの関係は述べられていません。


同じ女性ホルモンだけど、プロラクチンの分泌量は増えて、エストロゲンの分泌量は減るのでしょうか?


この論文だけでは分かりません。


それに、月経再開はとても個人差の大きいものなので、完母なのにも関わらず、2〜3ヶ月で月経が再開するママもいます。


おそらくプロラクチンの分泌量は多いはずなのに、月経が再開するのはなぜ?
この論文だけでは分かりませんね。


現在の医学では、月経再開の直接的な因子も分かっておらず、女性ホルモンの分泌量もその一因とされているにすぎません。


女性ホルモンの作用も多岐にわたり、その全てが解明されているわけでもありません。

 
論文をそのまま鵜呑みにして、


『月経の再開を早めれば、腰痛や骨盤痛に悩まされることがなくなります!』


みたいな記事も書けそうな論文ですが、しっかりと読み込んでみれば、月経再開の有無との関連ではなく、個別の女性ホルモンとの関連を調査した方がいいのでは?ということに気づけると思います。


論文はそのままを信じるのではなく、「ホンマかいな?」という視点を持ちながら読んだ方がいいですよ!

 
 
 

/////////////////////////////////////
人生に役立つ書籍紹介
/////////////////////////////////////





 
◇◇トピック◇◇


P.6
「宿題やった?」と親に聞かれた瞬間、子供にとって宿題が罰になる
親が子供を思う気持ちは大人になってみたらわかりますが、子供のうちは反抗してしまいますよね?
 
ではなぜ「宿題やった?」と聞いてはいけないのか?

お互いに嫌な気持ちになることだけが理由ではないと思います。

一番良くない理由。

それは、子供にとって『宿題が、自らやる行為からやらされる行為に変換される』からではないでしょうか?

勉強以外でもそうかもしれませんが、『自らやる行為とやらされる行為』では、同じやるにしても全く違いますよね?

やる気も理解度も。

宿題つまり勉強が『やらされる行為』になると、同じくらいの量勉強するにしても『自らやる行為』の子供とは格段に成績に差が出ると思います。

子供の遠足登山に似ているのではないでしょうか?

子供の遠足登山は『やらされる行為』ですよね?

もしかしたら僕だけかもですが、嫌でした。

 

何時間もかけて山の頂上まで登り、お弁当を食べていると先生に言われます。

「山の上で食べる弁当は美味しいやろ?」と。

笑顔で頷きましたが、先生には申し訳ないですが、内心は『めちゃくちゃ歩いたからお腹空いてるだけやん!』と思ってしまっていました。

中略

学生の方も社会人の方も「やらされる事柄を、自らやるようにいかに変換するか?」が大切なのではないでしょうか?


※※※引用※※※
タイトル:身の丈にあった勉強法
著者:菅広文
出版社:幻冬社



◆◆オピニオン◆◆


「課題の分離」という言葉をご存知でしょうか?

 
アドラーという心理学者の考えをまとめた本で、『嫌われる勇気』など読んだことがある方は聞いたことがあるかもしれません。


人は、自分以外の人間の課題を解決することはできないという考えです。


たとえそれが、自分の子どもであっても課題を解決するのは本人にしかできないことなのです。


親は、その親心からどうしても先回りして、子どもの世話を焼きがち。


「宿題やった?」だって、この時間までに宿題しとかないと、寝るのが遅くなって、朝起きるのも辛くなるし、学校で授業中に眠たくなるから…と、先のことを考えて、心配の先回りをしているからこその言葉なのではないでしょうか?


ただ、宿題をその時間までに終わらせないことも、寝るのが遅くなって朝辛いのも、授業中居眠りして先生に怒られるのも、すべてその子の課題であり、親の課題ではありません。


こういうと、課題の分離を勘違いして、「子どもに対して何もしない」という風に捉えられることがありますが、それは違います。


子どもに、自らの課題を認識させ、それについてどうすればいいかを考えることを促してあげることが、親の課題なのです。


そう考えると、「宿題やった?」という言葉は、考える行為を促しているとは言えず、具体的な指示になっています。


指示を受けた方は当然、「やらされている」という感覚になります。


そうならないための関わり方は、子どもにどうすればいいか考えるよう促したり、もし宿題をしなかったらどうなるのか?を想像させるような声かけが理想です。


子どもにいくら的確な指示をしても、思い通りには動いてくれません。


子どもは自ら考えて出した答えなら、納得して動きます。


それが「自らやる」ことになるのではないでしょうか?


 
 

///////////////////////
お出かけ情報
///////////////////////

離乳食に関するお話会


【日時】2019年1月31日
【場所】ぷらっとセンターハウス(マリーナホップ内)
【内容】
離乳食(後期~完了期)にかかる悩みや、情報共有・交換会、
講師によるマニュアル本にない実体験に基づく食のお話会です。
定 員:8名
参加費:2500円

公式サイト:https://www.fureai-hometown.jp/seminars/3009/

 
 
西消防団 新春凧あげ大会


【日時】 平成31年1月27日(日) 9時~11時
【場所】西区三滝町 太田川放水路左岸河川敷(三滝橋上流)
【過去の内容(今年も同様とはかぎりません)】
・防火防災コーナー
・起震車による地震体験
・濃煙テントによる煙体験
・ミニ消防車と写真撮影
・放水体験
・女性消防団員による紙芝居
・防災映像の上映
・凧あげ
・消防団員による一斉放水
 
 
 
 
 
第17回おおたけカキ水産まつり



【日時】1月27日(日曜日)10時~15時
【場所】大竹市晴海 晴海臨海公園(小方港横)
【内容】
・あたたハマチtoレモン無料試食会,樽酒無料試飲会,生かき,各種かき料理販売、ライブショー,カープ選手によるトークショー、紅白もちまき
・問い合わせ:おおたけカキ水産まつり実行委員会電話:0827-57-7034(くば漁業協同組合内
 
 
 
 
 
おおがきみなと市場



【日時】1月27日(日曜日)10時から売り切れ次第終了
【場所】江田島市大柿町 柿浦港内駐車場
【内容】
・焼かきの試食,生かきなど海産物の販売
・問い合わせ:大柿町漁業協同組合電話:0823-57-2034
公式サイト:https://www.hiroshima-kankou.com/event/9992
 
 
 
中央公園「もとまち自遊ひろば」



【日時】 1/27(日)
【場所】広島市中央公園芝生広場西側(太田川側)の一画(受付:緑テント)
【内容】
・無料
・段ボール・ロープ・木材・廃材・大工道具・スコップ・七厘などがあります。
泥んこ・木登り・芝スキー・火起こし・木材で何かつくってみたり・・・。ダイナミックな遊びがしたい方へ。
・TEL:082‐545-7611
公式サイト:
 
 
 
みやうち冒険あそび場の会



【日時】2019年1/27(日)2/24(日)3/24(日)
【場所】広島県廿日市市宮内工業団地にある鑓出第三公園
【詳細】
子どもたちの自由な外遊びを保証する、冒険遊び場です。
0歳〜200歳までどなたでも参加可能!
参加費無料!
 
公式サイト:
 
 

< 広島市近郊で親子で楽しめるお出かけ情報2019年1月18日  |  一覧へ戻る  |  広島市近郊で親子で楽しめるお出かけ情報2019年2月1日 >

このページのトップへ