HOME > 美容・健康コラム > 6ページ目

美容・健康コラム 6ページ目

ママセミナー第1回目の開催決定!



こんにちは!
男児女児育児中
ママの身体をサポートするスペシャリスト
柔道整復師の原田です。


「mother`s body care」
「ママセミナー」
多くの方から反響があり
2月にさっそくセミナーが決定いたしました!!


まず第1回目のセミナーの内容ですが
たくさんのお母さんが気になる
「骨盤」をセミナーでわかりやすく
体を動かしながら
変化を知り
ケアーの仕方を知り
お母さんのためになる内容てんこ盛りで
行いたいと思っています(*´▽`*)


場所:kenken接骨院
開催日:2月15日(木)
時間:10:30~11:30
料金:2,000円 (kenken会員様は1,500円)
定員:4名


子連れもちろんOKです!
先着順にて受付します。
反響が大きかったため早めにご予約をおすすめします。


詳しく知りたい方は前回ブログをご覧ください。
http://www.kenkennov18.com/blog/entry/post-53/index.php 


; 友だち追加;
気になる方、「ママセミナー」と
ご返信ください。

ぜひお気軽にお越しください(^^)v









③KenKen接骨院のママスタッフ目線で産後ママが通院しやすい魅力~運動ってどんな運動?~

こんにちは!
産後ママ・子育てママの笑顔と健康を守る
KenKen接骨院の原田です!
 
 
 
 
KenKen接骨院になぜ産後のママが
来院しやすいのか!?
第3弾です!
 
今回は
気になる運動ってどんなことをするの?
紐解いていきます。
 

 気になる運動療法



 
世の中には運動が好きな人
苦手な人様々です。
 
 
 
運動が好きな人は
もっともっと運動がしたい欲が沸き上がってくるかもしれません!
 
運動が苦手な人は
運動できるならしたくないよ~と思うかもしれません。
 
 
ここでママ目線!!
 
 
kenken接骨院では
パワー系の運動マシーンはありません。
どれも妊娠中にできるもの
産後からでもはじめられる運動器具しかありません。
 
 
マシーンでいうと
自転車や歩くマシーン
有酸素運動がメインです。
 
 
ただ女性の体に大切なところに
働きかける運動を
スタッフが必ずつき
マンツーマンで行います。
 
 
 
毎回決まったものだけではなく
その都度様子を聞きながら
その時の体にあった運動を提案しています。
 
 
妊娠中、産後はとても繊細な時期なので
無理は禁物です!
 
 
妊娠中、産後と繊細な時期を
把握しているスタッフが必ず
そばにいるので
運動強度も変わります。
 
 
 
赤ちゃんがお母さーーん
となると
赤ちゃんと一緒にできる運動も
提案してくれるので
子どもにもお母さんにも
楽しんでできる運動時間が過ごすことができますよ(^^)v
 
最初難しい運動でも
継続してがんばっているお母さんは
ほんとにできるようになるので
それもお母さん自身のモチベーションにもつながります!
 
 
 
妊娠、産後で衰えた筋肉を
呼びさます運動です。
 
 
 
 
 
なにより、
1番いいたいこと
 
 
 
施術も運動も来院時ひとまとめでできること
これ魅力です!!
 
 
 
育児で自分の時間がとりずらい中
体のトータルのケア―がすべてできることは
ママにとってとっても有益だと思いますよ(*´▽`*)
 
 
 
つづく



LINEで友達追加すると
オープンスペースや健康な食、
子育てのためになる情報を
毎週4土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから
 
; 友だち追加;  
育児に関するお悩みを
1人で抱え込んでいませんか?
 
1人で苦しまずにぜひご相談ください。
 
ご相談専用お問合せフォームはこちら
 
 
もっとKenKenを詳しく知る
 
産後骨盤矯正について
 
産後ママへKenKenの想い
 
産後骨盤矯正について
 
施術の流れ
 
スタッフ紹介
 
KenKenで笑顔になったママたちの声
 
ブログをもっと読む
 
忙しい育児のすきまでできる
簡単で、効果的なエクササイズ!
 
『育児のスキマde産後体操』

広島の妊娠・出産・育児中の女性がより綺麗に楽しく過ごせるように!



こんにちは!
男児女児育児中
ママの身体をサポートするスペシャリスト
柔道整復師の原田です!
 
 


今年から原田は
kenkenを多くの妊婦さんや産後のママに利用してもらっていることがきっかけで
「もっと多くの妊婦さん、出産、育児をしているお母さんのケアーを広めたい。
「多くの人に正しい妊娠時、産後の体の知識をもつことで気軽に体のケアーができる体制を整えたい」と考えるようになりました。
 
 


現在広島でも産前・産後のサポート事業などがありますが
知っている人ももちろんいるし
知らない人もたっくさんいます。
 
 
 
しかし、
圧倒的に妊娠中の方や育児をがんばっているお母さんをケアーする機会はとても少なく
検索してもなかなか体をケアーするイベントや機会はありません。
 
 
 
きっとお母さんが体の不調や痛みなどに対して
気になった時って
お母さん同士の口コミや、ネット、病院などに足を運ぶと思います。
 
 
しかし
「妊娠中だから・・・」
とか
「産後だから・・・」
などの回答に不安がぬぐい切れず
対処のできないまま
日々をすごすお母さんの声などもたくさん聞きます。
 
 

では
 

もし事故にあい
体がボロボロになったら
みんな体を休めますよね?
 

妊娠出産も女性の体に大きな負担をかけるのに
一定期間入院して
退院して
育児がスタートします。
 
すると 
お母さん自身の体は二の次
子どもが第一の生活になります。
 
 
わたしもそうです。
もちろん子どもがいちばんです!!!!
 
  
 
だけど育児をするお母さんが
体や心の不安定な時期を過ごすとき
「自分の体は二の次」
これが当たり前になりすぎて
お母さん自身が壊れてしまったら
どうなりますか?
 
 
お母さん自身も本調子でない体で
子どもにしたいこと家族にやりたいことが
思っているようにできなかったり
 
いやですよね。
 
 
私自身1人目の出産後
初めての育児に追われ
自分のことをおろそかにしまくっていたら
子どもが離乳食をはじめたころ
くしゃみをしたらぎっくり腰になり
ぜんぜん動けない
子どもは泣いている
抱っこも助けも呼べない状況を体験しました。
 
 
子どもや家族を守るためにも
私自身もきちんとケアーをしなければ
初めてそこで気づきました。
 
 
 
ただケアーの仕方がわからないと
なにも始まりませんよね。
 
  
 
みなさん風邪をひいたことありますよね?
少しの打撲や捻挫などのケガをされたことなど!
経験したことがある方たくさんいらっしゃると思います。
 
 
その時
病院にいったり、薬を飲んだり、冷やしたり
経験したことがあると
「どうやったらこの症状がよくなるか」
を知っているので
自然と治す方向へ舵をすすめることができます。
 
 
だけど出産や妊娠
回数にすると
1回とか2回とか・・
その時その時で症状は違うし
未知なことばかりで
どうしたらいいかわからない
 
 
 
そう
 
 
「わからない」んです。
 
 
 
もし妊娠、出産、育児をしている人が
自分の体はこうなっていて
日常生活でここを気をつけると
体に負担をかけなくてすむ!
といった「正しい知識」を身に着けられていたら
そこから自分にあったものを
正しく選択し
妊娠、出産、育児の体を少しでも
ケアーし大切にできることができると思います。
 
 
 
もっと手軽に簡単に
妊娠時や産後の体ってケアーできることを知ってほしい。
 
  
 
なので
「mother`s body care」
と題し
妊娠時の体や
産後の体のこと
体形を引き締める運動など
多方面にわたり
プレママ
ママをサポートするセミナーや運動教室などを開催しようと考えています。
 
 
 
kenken接骨院でのセミナーはもちろん
遠くてなかなか来れないといった方へ
公共施設へ出張セミナーなども考えています。
このセミナー活動に賛同してくださるママ
または
今現在不安を抱えているママ
今まで不安を抱えたことがあるママで、
こういったセミナーに参加してみたいと思うママは
ぜひLINEにて
「ママセミナー」と返信ください。
 
; 友だち追加;  
 
  ご相談専用お問合せフォームはこちら  
 
 
 
 
 
 

 

②KenKen接骨院のママスタッフ目線で産後ママが通いやすい魅力~施術までのながれは?!~=


こんにちは!
産後ママ・子育てママの笑顔と健康を守る
KenKen接骨院の原田です!
 
 
 
 
KenKen接骨院になぜ産後のママが
来院しやすいのか!?
第2弾です!
 

今回は
きっと気になる施術への流れを
紐解いていきます。
 

施術への流れ


 
 
施術時間が決まっていて
子どもが一緒にいてぐずったりして
完全消化できないまま
体験がすすむのではないか?!
 
 
と、いざ自分の体を子どもと一緒に
ケアーする場に行く前に
不安に思うママもたくさんいらっしゃる思います
 
 
気になりますよね(;´∀`)
 


せっかく自分自身の体のため
子育てを万全な体で行うため
来院しよう!と考えているのに・・
 

ここでママスタッフ目線
 
 
KenKenでは子連れ来院をもちろんOKにしているので
だいたい1時間~1時間半ほど
初診にかける時間を設けています。
 
 
 
お子さま自身
お腹すいた!!
おしっこやうんちがでた!!
などの
 
 
どうしても!!
ママが必要なんだ!!
 
 
という場面もあると思うので
その時はスタッフが臨機応変に対応してくれます。
 

 KenKenの問診


 
もし私自身が産後でKenKenに来院したら
問診のときに
来院するきっかけがきっとあって
その自分の悩みを話して
問診や施術などを受ける流れを想像すると思います。
 
 
 
KenKenのスタッフは
その悩みを聞いて
なおかつ
これからどんな風になっていきたいか
どんな育児ができたら嬉しいか
など!!


深く
深く
掘りさげて
本当のママの気持ち
ママ自身の体への思いを
スタッフが共有することができることも
KenKenの魅力でもあると思います。
 
 
ママのなりたいを共有することって
なかなか友だちなどには言えても
育児をしながら叶える努力をすることを
難しいことだと考えるママも少なくないと思うので。
 
 
 
自分の秘めている考えや
理想なんでもいいんです。
言葉にだしてスタッフに伝えてください!
 
 
 
KenKenのスタッフは
ママの悩みに全力で応えて
かつママに寄り添いながら
一緒に考え
何が今のママにとって最善か
提案してくれますよ(^^)v
 
 
 
 
つづく



LINEで友達追加すると
オープンスペースや産後の体のこと、
子育てのためになる情報を
毎週4土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから
kenken情報が知りたい方
お問い合わせをしてみたい方は
「原田のブログをみた」
と返信してください
 
; 友だち追加; 育児に関するお悩みを
1人で抱え込んでいませんか?
 
1人で苦しまずにぜひご相談ください。
 
ご相談専用お問合せフォームはこちら
 
 
もっとKenKenを詳しく知る
 
産後骨盤矯正について
 
産後ママへKenKenの想い
 
産後骨盤矯正について
 
施術の流れ
 
スタッフ紹介
 
KenKenで笑顔になったママたちの声
 
ブログをもっと読む
 
忙しい育児のすきまでできる
簡単で、効果的なエクササイズ!
 
『育児のスキマde産後体操』
 
赤ちゃんが喜んで、
ママの産後の体形が元に戻る?
 
『赤ちゃんと一緒にできる産後体操』

広島の産後ママを救う!【寝かしつけ大辞典!】

※寝かしつけに悩んだときはこれを読んでください!
(この記事は平成30年6月11日に更新しました) 


こんにちは!産後ママ・子育てママの笑顔と健康を守る!KenKen接骨院の青森です。


子育ての中でも、絶対といっていいほどみんながぶつかる大きな壁。
それは『寝かしつけ』ではないでしょうか?
 
 
私の息子は比較的寝てくれる方だったのですが、それでも妻も私もとても苦労した夜が何度かありました。
 
 
よく考えたら、私たちは寝かしつけの方法なんて、きちんと習うことはないですもんね。
みんな自己流で試行錯誤しながら、寝かしつけを頑張っているのではないでしょうか?
 
 
寝かしつけの方法をインターネットで検索してみると、たくさんのページが出てきますが、どれにどんな効果があるのか?どれがどんな子に向いているのか?
 
 
それぞれのページにいろいろな方法が書いてあるけど、効果や方法論までを体系的にまとめた寝かしつけのページはありませんでした。
 
 
KenKenのスタッフは、毎日たくさんの子どもを抱っこしています。
保育士さんと比べるのは失礼だけど、毎日違う子どもを抱っこするという部分では、かなりの数の子どもを抱っこしてきました。
 
 
それこそ、普通のママは自分の子どもと友達の子どもくらいしか抱っこしません。
寝かしつけに至っては、保育士のような専門家でなければ、自分の子ども以外を寝かしつける機会なんてほとんどないと思います。
 
 
KenKenのスタッフは、毎日違う子どもを抱っこし、毎日はじめましての子どもを抱っこして、時には寝かしつけてきた経験から、いろいろな学びを得ています。
本当に最初の頃は、抱っこですらまともにできなかったスタッフが、今ではママ以外で寝たことのなかった赤ちゃんを寝かしつけるなんてこともあるくらいです。
 
 
そこにはどんな秘密があるのか?
多くの赤ちゃんを抱っこする経験によって学び得たもの、できるようになったものがあるとすれば、それはどんなことなのか?それを明らかにすれば、寝かしつけに苦労しているママの役に立つヒントが見つかるんじゃないか?


そんな思いから、寝かしつけテクニック集と題して、寝かしつけに関するさまざまな情報を集めて、検証し、有益なものを厳選しました。
 
 
寝かしつけを体系的にまとめたページになっていますので、寝かしつけに困っている方はぜひ参考にしてみて下さい!
 
 

【寝かしつけ大辞典】

 
 
あなたは寝かしつけに種類があることをご存知でしょうか?


寝かしつけることに必死でそんなこと考えたことないわ!という声が聞こえてきそうですが、寝かしつけの種類を知っていると、いろいろと組み合わせることができて、寝かしつけの時に気分に合わせてアレンジができるようになります。
 
 
ぜひ種類を覚えて、ご自分のお子様の気分にあったアレンジを編み出してみてくださいね。



 
 

寝かしつけの種類

寝かしつけの種類は大きく分けて2種類
『体感覚系』『聴覚系』に分けられます。


体感覚系』には
・添い寝
・抱っこ(ゆらゆら・とんとん)
・マッサージ(肩首・顔・額・手のひら・足の裏・耳たぶ・背中・おしり)
・タッピング(頭首・背中・お尻)
 
 
聴覚系』には
・呼吸音(マッチング・ペーシング)
・心音(リアル・デジタル)
・BGM(クラシック・オルゴール)
・読み聞かせ
 
 
これだけ種類があるなんて!
 
 
ひとつひとつは、誰もが自然とやっていることだと思います。
あなたも毎日これらを組み合わせながら、寝かしつけをしているのではないでしょうか?
 
 
ただ、これだけ種類があるので、まだ知らない組み合わせがあるかもしれません。
ぜひ、いろんな組み合わせを試してほしいと思います。
 
 
また、一つ一つのテクニックにもコツのようなものがあります。
 
 
例えば疲れにくい抱っこの仕方や、とんっとんっと赤ちゃんの背中をたたく強さなど、細かい部分でコツを覚えると、赤ちゃんがもっと気持ちよく寝てくれるかもしれませんよ!



 
 

テクニックの解説
 
それではテクニックひとつひとつのテクニックを見ていきましょう。

 
体感覚系の寝かしつけテクニック


 
【添い寝】

添い寝にコツなんてあるの?横で寝るだけでしょ?
と思われるかもしれませんが、どんな姿勢だと赤ちゃんが安心をして眠れるのか?
そしてどんな効果があるのか?ということは意外と知らないのではないでしょうか。
 
 
☆コツと効果☆
添い寝のコツはできるだけ体を密着させることです。
体を密着させることで、お互いの体温が伝わり合い、ママがそばにいるという安心感を与えることができます。赤ちゃんは安心感を得ることで、副交感神経が優位になり、眠りやすくなります。
 
 
☆注意点☆
添い寝の時に腕枕などをする場合は、赤ちゃんの首の角度に気を付けてください。
首が曲がると、気道が狭くなり呼吸がしづらくなります。
 
 
【抱っこ】

抱っこのコツは、自分が疲れにくい抱っこをすることです。抱っこは赤ちゃんが大好きなコミュニケーションの一つです。できればいっぱいしてあげたいですよね。たくさん抱っこをするためには自分が疲れにくい方法で行うことが重要なのです。

 
次の写真を見て、疲れにくい抱っこの順番がわかりますか?


よこ抱き①


 
よこ抱き②



よこ抱き③

 


たて抱き①



たて抱き②




 
正解は・・・

【よこ抱き】
②→③→①です。
あなたは違いが分かりますか?

 
 
抱っこしている右腕の手の向きに注目してください。
①では手のひらが赤ちゃんのほうを向いているのに比べ、②は床のほうを向いているのとで違うのが分かると思います。
①と③の違いは、親指を開いていいるか、閉じているかの違いです。
 
 
人の体の構造上、手のひらを上にして抱っこするよりも、手のひらを下に向けて抱っこするほうが、大きい筋肉を使うことができて、疲れにくく、長い時間抱っこできるようになります。
また、親指を開くと余計な力が入り、腱鞘炎の原因になりやすくなります。


【たて抱き】
もうお分かりですね、同じ理由で②です。

 
このように抱っこの仕方にはたて抱きとよこ抱きがありますが、たて抱きが好きな子供でも、寝るときはよこ抱きのほうが安心したり、その逆もあったりするので、うちの子は縦が好きだから!と決めつけてしまわないようにその時々で、柔軟に対応できるようにしましょう。


 
 


【ゆらゆら・とんとん】

抱っこをして、横にゆらゆら、縦にとんとんして振動を伝えることで、赤ちゃんは子宮の中にいるときと同じような感覚になり、安心感を得ることができます。
この時に、ゆらゆらのスピードやとんとんの強さを、赤ちゃんの表情を見ながら調整してあげましょう。男の子だと、少し激し目に揺らしたり、とんとんすると逆に楽しくなってテンションが上がることもあるので、注意が必要です。笑
 
 
☆注意点☆
抱っこでの注意点は、しっかりと首の後ろを支えてあげることです。
ほとんどのママが自然と出来ていることですが、首がすわっていない赤ちゃんも、首がすわった赤ちゃんも、しっかりと首を支えてあげてください。ゆらゆらするときや、とんとんするときにも、首が不安定だと頭が動いて危険ですし、赤ちゃんは安心できません。
 
 
【マッサージ】

マッサージにも種類がありますが、赤ちゃんに使うのはさする・もむの2種類です。
マッサージをする部位によって使い分けます。


実際にマッサージしている様子の動画を撮影したので、動画を見ながらマネしてみて下さい。



☆肩・首:もむ☆
親指とその他の四指を使って首を後ろから挟み込むようにしてもみもみしてあげてください。きっと気持ちよさそうにしますよ。


 



☆顔・額:さする☆
顔は輪郭をなぞるようにさすり、額は眉間を上から下へ優しくさすります。眉間をさすると、まぶたを閉じるという反射が起きることで、自然と眠りを誘います。

 



☆手のひら・足の裏:さする☆
手のひらや、足の裏には感覚受容器といって触った感触を感知するセンサーがたくさんあります。なので優しく弱い力でさするとくすぐったいので、しっかり目に押さえてこするようにしてマッサージしてあげましょう。だんだん手足が温かくなり、ゆっくりと眠気が訪れますよ。





☆耳たぶ:もむ☆
親指と人差し指で耳たぶの一番厚いところをやさしく挟み、こねるようにしてもんであげましょう。耳にはいろいろなツボがありますので、そのツボを刺激することで赤ちゃんが副交感神経優位となり、眠りにつきやすくなります。
 




☆背中:さする☆
背中は赤ちゃんの敏感センサーの一つです。
冷たい・硬いなど嫌な刺激が背中に伝わると、すぐに泣いたりして反応します。
そんな背中は、たて抱きにして、赤ちゃんの左側から一方向に大きく円を描くようにさすります。
 

☆おしり:さする☆
お尻も赤ちゃんの敏感センサーですね。寝かしつけてベッドに置くときにも、お尻から手をはなすのは最後にした方がいいです。そんなお尻も円を描くようにさすってあげましょう。
お尻を触られることで赤ちゃんは安心できます。

 
 



【タッピング】

タッピングとは、手で背中やお尻を軽い力でたたくことです。
タッピングの強さは、飲み物でむせた時に胸をたたくくらいの強さです。意外に強めだと思われるかもしれませんが、赤ちゃんの背中やお尻をタッピングするときは、タンタンと音が出るくらいの強さでちょうどいいようです。首から肩にかけてタッピングする際には、やさしく触れる程度に力を加減して行ってみて下さい。タッピングも、タンッタンッタンッ、タンッタタンッ、などリズムを変えながらいろいろと試してみましょう。
 
私の息子は心臓のリズムに近い、タンタンッ、タンタンッというリズムが心地よいようでした。
タッピングも動画にしていますので、ご確認ください!


 
 


聴覚系の寝かしつけテクニック

 
 
【呼吸音】

赤ちゃんはとても音に敏感です。

そもそも人は外部の音の影響を受けて呼吸数や心拍数などが変化します。

テンポの速い曲を聴いているときに気分が高揚し、ゆったりとしたクラシックなどを聞くと気分が落ち着くという経験は誰でもあるのではないでしょうか?


そして赤ちゃんにとってお腹の中にいるときから聞いていて、一番聞きなれている外部音といえば、ママの呼吸音と心音ではないでしょうか?


呼吸音と心音はともに、羊水を通して赤ちゃんに届いています。お腹にいるときから聞きなれた、ママの呼吸音と心音は赤ちゃんを安心させるのにもってこいの音ですね。


また、呼吸音は心音と違い、自分の意思で長さやリズムを調整することができます。


そのため意識的にゆっくりとしたリズムで呼吸し、吐く息を長めにすることで、リラックスしやすい呼吸音になり、リズムによって副交感神経も優位になり、あっという間に赤ちゃんの眠気を誘います。


赤ちゃんの目を見ながら、やさしい笑顔でゆっくりと呼吸をしてみて下さい。
 
 
また、テクニック的な話になりますが、『マッチング』と『ペーシング』を使うとより呼吸音のリラックス効果を発揮します。
 
 
マッチング

まずは呼吸のペースを赤ちゃんのペースに合わせます。


赤ちゃんの口元や、胸の動きをよく観察して呼吸を合わせるようにしてみましょう。


赤ちゃんの呼吸は、大人と比べて早く浅いものです。最初は呼吸を合わせると息苦しさを感じることもありますが、続けるうちに慣れてきますので、あきらめずに続けてみて下さいね。
 

ペーシング

赤ちゃんと呼吸のペースを合わせることができたら、次に『ペーシング』を使います。


赤ちゃんの呼吸のペースを、ママの呼吸で調整していくことを『ペーシング』といいます。『ペーシング』は最初はなかなか難しいかもしれませんが、赤ちゃんの呼吸ペースから、ちょっとづつ吐く息を長くしていくようなイメージでやってみて下さい。うまくいくと、赤ちゃんがママの呼吸に合わせてゆっくり呼吸をしてくれるようになります。


呼吸がゆっくりになれば、こっちのもの。あとは眠るのを少しの間待つだけです。


この呼吸音を使った寝かしつけのいいところは、副交感神経を優位にして眠ることで、睡眠が安定することです。睡眠が安定するので、ちょっとやそっとでは目を覚ましませんし、しっかりと一定時間眠ってくれます。


この二つのテクニックは、身に着けてもらうと、寝かしつけのとっても強力な武器になります。
 
 
【心音】

心音は呼吸音と同じで、赤ちゃんが聞きなれた一番安心する外部音です。


ただ呼吸と違い、自分の意思でリズムをコントロールすることはなかなかできません。


中国の奥地に住む拳法の達人ならできるかもしれませんが…


ですので、リアルなママの音ではなくYouTubeやアプリなどで赤ちゃんが好みのリズムの呼吸音を探しましょう。


YouTubeやインターネットで「心臓の音 寝かしつけ」などで検索すると、音楽付きのものなどたくさん出てきますので、いろいろと試してみましょう。
 
 
【BGM】

CDショップやインターネット通販などで、赤ちゃんが安心する音楽を集めたものが売っていたり、YouTubeでも寝かしつけの音楽などはたくさんあります。


数ある音楽の中から自分の赤ちゃんが好む音楽を見つけるのは、大変かもしれませんがいくつかポイントを絞って探してみましょう。
 
 
☆BGM選びのポイント☆
1.ママが好きな音楽
2.オルゴール
3.クラシック
 
 
1.ママが好きな音楽
意外に思うかもしれませんが、赤ちゃんの趣味嗜好が完成されていないこの時期には、ママの好きな音楽が赤ちゃんの安心する音楽だったりまします。ママが聞いてリラックスできる音楽から聞かせてあげてみましょう。
 
 
2.オルゴール
KenKenでもBGMは基本的にオルゴールです。これはオルゴールの周波数によってリラックスできる効果を利用したオルゴール療法というものがあるくらい、研究によってオルゴールの効果は立証されているからです。
どれにしようか迷ったら、オルゴールを聞かせてみましょう。
 
 
3.クラシック
クラシックのゆらぎは、1/fと呼ばれる、自然の草木が揺れる振動に似ていると言われます。そのため、リラックス効果などが得られることが、こちらも科学的に証明されています。
 
 
BGMは選ぶことに労力を要しますが、赤ちゃんと同じBGMを聞くことでママにもリラックス効果が得られるという副作用もあるので、ぜひ根気よく探してみてほしいと思います。
 
 
【読み聞かせ】

赤ちゃん~幼児まで幅広く使える寝かしつけの方法が読み聞かせではないでしょうか。

子どもは大好きな絵本を読んでもらって、眠る前に頭の中でいろいろな楽しい想像を膨らませながら眠ることで、睡眠中の記憶や言葉の発育に好影響も期待できます。


気を付けたいのは、結末や内容に怖いものや、悲しいも要素の含まれるもの、そして物語の長いものは避けるということ。


このような絵本は寝かしつけには向きません。


怖いもの、悲しいものは説明不要だと思いますが、怖い気持ち、悲しい気持ちではリラックスして眠りにつくことはできませんし、子どもがどの場面を強く記憶に残すか分からないので、もしママとの別離の場面などを記憶に残した場合、とても悲しい記憶になってしまうことになりますので、避けた方がよいでしょう。


物語が長い場合は、読み切ることができないことがあります。


途中で子ども、もしくはママが眠ってしまっては物語が中断されてしまいます。


中断された物語は理解力を低下させますので、読み切れない長さの物語は避けた方がよいでしょう。


また、絵本を読むママやパパがゆったりとした気持ちで読むことがなにより重要です。


家事やお仕事で疲れているときに無理をして絵本を読んであげなきゃ!と頑張るのはかえって逆効効果かもしれません。
 





まとめ


いかがだったでしょうか?
 
 
寝かしつけってやっぱり奥が深いですね。


今回この記事を書いてみて、改めてそう思いました。


はじめは、寝かしつけに悩んでいるママのヒントになればと思っていたのですが、最後の方は自分が効果を検証したり、いろいろな論文を検証したりと、とても勉強になりました。
 
 
いつか抱っこや寝かしつけのセミナーができたらいいな、とまで思うようになりました。
 
 
また、今後も産後ママや子育てママに役立つ記事を書いていきますので、よろしくお願いいたします。
 
 
寝かしつけ、慣れたころには必要なしかもしれませんね。笑



KenKenのLINEに友達追加すると、お出かけ情報やオープンスペース、子育てのためになる情報を毎週土曜日に定期配信!

友達追加はこちらから
友達追加して『寝かしつけ』と返信すると、『産後の正しい過ごし方』小冊子もらえます!

友だち追加

KenKenに行ってみたいと思った方は下のブログをご覧ください
3回体験4980円で実施中!
産後骨盤ケアについて詳しくはこちら
↓↓↓↓
http://www.kenkennov18.com/smart/blog/entry/post-60/index.php




おしゃれなベビーキッズ用品のセレクトショップ【I love baby(アイラブベビー)】



①KenKen接骨院のママスタッフ目線で産後ママが通いやすい魅力~泣いてもいいんだよ~

こんにちは!
産後ママ・子育てママの笑顔と健康を守る!
KenKen接骨院の原田です。
 
 
これからkenken接骨院に
来院してみようかなと
お考えの方に
ママスタッフの厳しい目線で
Kenken接骨院の
良い所を紹介しようと思います。
 
 
いくつかに分けて
紹介していきます!


子連れで通院できる!


 
まず、第一に子連れで通院できることです!


私自身2人の子どもを
育児中ですが
私が子どもをつれて
美容室だったり
 ご飯を食べにいったり
体のケア―を考えた時
ネットで検索ワードに打つのは
 
「子連れ」
 

というワードを必ずいれます。
 
 
まず子どもがいても過ごせる空間か
お母さんにとって
とっても重要な事だと思います。


キッズスペースや
バウンサー
カフェスペースには子ども用の
イスなどもあるので
安心して通院することができます。


カフェなどに子ども用の
バウンサーやイスなどが
置いてあるのは
子育てしている私からみて
とってもありがたいし
人目で
「ここは子どもを連れてきても大丈夫なんだ」
と感じることができると思います。


またミルクのお湯などもあるので
わざわざお湯を持ちださなくても安心です!


お湯持ちだすの
ただでさえ荷物が多くなるのに
重いですよね(;´∀`)
 

泣いてもいいんだよ


 

そしてkenken接骨院は
「赤ちゃんが泣くのは当たり前」
というスタンスでいるので
泣くことに対して
スタッフ全員が寛容に対応しています。
 

泣くかもしれない
泣いて迷惑をかけるかもしれない
 

と考えているお母さんはたくさんいらっしゃると思います。
私もよく考えます!




しかし
この接骨院ではその不安を
取り除くことができると思います。
 

お母さんと離れて
赤ちゃんが泣くと
お母さんと赤ちゃんの信頼関係が
しっかり築かれていて
育児毎日がんばっているんだなあと
とっても感心すると
あるスタッフが言っていました。


泣いている子どもに対して
笑顔で対応していて
かつ産後1ヵ月前後から
通院されるお母さんもたくさん
いらっしゃるので
首が座っていない赤ちゃんでも


ママスタッフがいうのもなんですが・・・


抱っこがみんな上手でなれてる!!!



普段育児や家事、また仕事に
がんばっているお母さんに
ここにいる間は
自分の体のために
時間を費やしてほしいと
kenkenは考えています(*´▽`*)


 
 
つづく
 
 

LINEで友達追加すると
オープンスペースや体にやさしい食などについて
子育てのためになる情報を
毎月第2第4土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから
また特別クーポンなども配信されることがあるので
登録後「産後ブログ」と送信してください!

 
; 友だち追加;  
 
育児に関するお悩みを
1人で抱え込んでいませんか?
 
1人で苦しまずにぜひご相談ください。
 
ご相談専用お問合せフォームはこちら
 
 
もっとKenKenを詳しく知る
 
産後骨盤矯正について
 
産後ママへKenKenの想い
 
産後骨盤矯正について
 
施術の流れ
 
スタッフ紹介
 
KenKenで笑顔になったママたちの声
 
ブログをもっと読む
 
忙しい育児のすきまでできる
簡単で、効果的なエクササイズ!
 
『育児のスキマde産後体操』
 
赤ちゃんが喜んで、
ママの産後の体形が元に戻る?
 
『赤ちゃんと一緒にできる産後体操』
 
 

広島市で唯一、子連れで通える産後骨盤ケア&産後フィットネス!

(※この記事は2018年12月04日に更新しました)

このブログにたどり着いた方限定!
通常1回6000円のところ
3回4980円で体験できます!

体験のご予約はLINEから
友達追加ボタンをタップして
友達追加→『お試しプラン』と返信

友だち追加




「何もできない育児中だけど、ここなら通える!」
産後9ヶ月 広島市在住、U.Yさま



「自分が元気なことが一番です!」
妊娠中より通院中 広島市在住、N.Tさま



「楽しく、相談しやすく、通いやすい!」
産後5ヶ月 広島在住、井上麻梨香さま
 



このブログにたどり着いてくれたあなただけに!
特別なご案内!

KenKenの産後骨盤ケアプログラム(骨盤矯正や運動療法など)が4980円で3回も体験できる特別お試しプラン!
詳細はページ最下部へ!
 

広島市の産後ママ・子育てママの笑顔と健幸を守るKenKen接骨院

 
人生で最大の痛みと喜びを味わう出産を終えて、体にダメージの残ったママに待っている現実は、かわいい赤ちゃんと笑って過ごす、健幸な毎日!
 
であるはずが、現実はどうでしょう?
 
もちろん子どもはかわいい!でも…
 
✅ おっぱいをあげる時に肩や首が痛くなるのが辛い。

✅ 抱っこしていると腰が痛くなって、長く抱っこしてあげられない。

✅ 骨盤が開いているような気がして不安になる。

✅ 子どもとおしゃれをして出かけたいけど、妊娠前のパンツが入らない。

 
さらに、毎日の家事に追われ、孤独な育児に不安を感じ、自分の体に異変が起きていることは分かっていても、

「どうすることもできない!」
「どうしたらいいのか分からない!」
 
核家族化してしまった現代、こんな不安を抱えたママが多くなっています。
 
もし今、あなたがその一人であるなら、KenKenはあなたの不安を解消するお手伝いができます。
 
 
はじめまして!私は
『産後ママ・子育てママの笑顔と健康を守る!』
を理念にかかげたKenKen接骨院の青森といいます。
 
 
私自身は現在、やんちゃ盛り真っ只中、神楽が大好きな3歳半になる息子に、おもちゃの刀でやっつけられる36歳です。笑


 
 
実はKenKen接骨院は開業当初、中高年の健康寿命を延ばすことを理念に掲げていました。
 
 
しかし、私自身が妻の出産に立ち会い、妻の産後の体の変化、育児の苦労、心の変化など、その変化の大きさを目の当たりにしたことで、私の中で『ある想い』が芽生えはじめました。
 
 
私はそれまで、中高年の健康や高齢者の介護予防に貢献することが自分の使命だと感じていたのですが、妻の妊娠~出産を経験したことで、
 
「産後の女性がもっと笑顔で健幸に、育児の不安なく過ごせるお手伝いがしたい!」
 
と強く想うようになっていました。

これの想いが、どんどん大きくなり、いつしか私の中で『パチンっ!』とはじける音が聞こえました。
 
想いが弾けた私は、一気にその想いを形にしていきました。

KenKen接骨院を産後ママが来やすくするため、キッズスペースを院内に設けたり、スタッフを女性中心にしたり、子育て中のスタッフも子どもと勤務できるようにしたり…
 
 
産後ママが笑顔になれるよう、考えられることすべてをやってきました。


KenKenの今までの変革を物語にしましたので、ぜ観てください。

 
 
3年間の変革の結果、広島市の年間出生数10681人から考えると、まだまだ少ない数字かもしれませんが、昨年は年間963人もの産後ママをKenKenで笑顔に、健幸にすることができました。今年はそれを上回る勢いで、たくさんの産後ママさんがKenKenに来てくれています。
 
 
最初は抱っこすらぎこちなかったスタッフも今では、ぐずっていた赤ちゃんが、スタッフに抱っこされるだけで笑顔になることも!
 
 
3歳半と1歳9ヶ月の二人の子どもを育てているスタッフは、通院中のママから、いろいろなママさんと交流ができること、先輩ママさんから有益な情報を教えてもらい、さらにそれをシェアできることにとても安心感を感じる、と言ってもらったそうです。
 
 
スタッフ自身も同じ子育て中という立場から、悩みに共感したり、最善の手段をアドバイスしたりと、ママに貢献できることにとても喜びを感じています。
 



「産後、疲れやすくなっていた体が、KenKenに通うことで体力に自信がつき、疲れたー!と思うことが少なくなりました」
産後22ヶ月 広島市在住 I.Yさま




「産後、腰の痛みがあり骨盤ベルトをまいていました。まいている間は改善したように感じましたが、KenKenに通うようになってからはまく必要がなくなりました!」
産後10ヶ月 広島市在住 馬屋原志保さま




「産後、骨盤のゆがみが気になって、骨盤ベルトを購入したものの、リラックスできないのであまり着用せず…子どもと通えるKenKenに通院して、骨盤矯正と運動を続けることで、1か月ほどで気にならなくなりました。」
産後8ヶ月 広島市在住 N.Sさま
 
 
たくさんのママが体の変化を実感しています。
 
 

子どもと来れて、運動もできるのはKenKenだけ!

 
 
KenKenの最大の特徴は、運動施設があるということです。
 
 
産後に運動?

と思われるかもしれませんが、フランスをはじめとする欧米では、『産後リハビリ』という言葉が存在するほど、産後の体の回復のためのケアに重点が置かれています。
 
 
その『産後リハビリ』のプログラムの中に、ヨガやピラティス、筋力トレーニング、有酸素運動など様々な運動プログラムが組み込まれています。
 
 
しかも健康保険の適応で、自己負担なしにリハビリプログラムを受けられるそうです。(日本も早くそうなることを願っています。
 
 
妊娠から出産までに、思っている以上に筋力が低下します。
ある研究では、腹筋の筋肉の厚みが妊娠前と産後3ヶ月時点では、20%も薄くなっていたことが分かりました。
それだけ妊娠・出産というのは、女性にとって体に負担がかかる、「命がけの出来事」ということですね。
 
 
日本では多くの女性が、出産後に筋力が低下したまま日常生活に復帰しています。
これは将来の腰痛、骨粗しょう症による骨折のリスクを高めることに直結します。
 
 
欧米の産後リハビリのプログラムに運動が入っていることを考えれば分かるように、産後の筋力回復は、将来の健幸にとって絶対に必要なことなのです。
 
 
現在、広島にも多くの産後専門治療院ができてきていますが、運動施設を併設している産後専門の治療院『KenKen接骨院』だけです
 
 
産後、骨盤矯正をしても筋力の回復がなされないままだと、骨盤はまたゆがみます。
だから多くの治療院では自宅で筋力トレーニングをお伝えしていると思います。
 
 

でも、育児中の自宅で本当に十分なトレーニングができるでしょうか?

 
 
私は自分の経験上、子育てをしながら自宅でトレーニングすることは、かなり難しいと思っています。
 
 
だからKenKen接骨院で子どもを預けて、しっかりとトレーニングできる環境を作りました。

まだ小さいお子様で、ママと離れたくない子どももいます。そんな時は、ママとお子様が一緒にできるトレーニングもお伝えしています。

だから、ママは安心してしっかりと体の回復に取り組むことができます。
 



「子育ては子どものことばかり考えてしまいがちですが、自分のこともきちんとケアすれば、ストレスなく子育てできると思います」
産後9ヶ月 広島市在住 千尋さま
 




「自分が元気なことが一番です! 子連れでも安心して通えます。」
前出の産後4ヶ月 広島市在住 N.Tさま
 




「何もできない育児中だけど、ここなら通える。 しかも楽しく!皆、やさしいし♡体力がつくと自信もつきましたヨ。」
前出の産後9ヶ月 広島市在住、U.Yさま
 
 
KenKenは、子どもと安心して通える、安心して体のケアに取り組める治療院です。
 
 

どんなことをするのか?

 
 
KenKenの産後ママお試しプランでは、主にカウンセリング・検査・骨盤矯正などの必要に応じた施術・運動療法などを行います。

 
【KenKenの初診の流れ】

 
【KenKenの骨盤矯正】
 
 
【KenKenの産後ケアの様子】


【KenKenのマタニティケアの様子】


【お子様の見守りの様子】
 
 
【院内をご紹介します】


【院内のインドアビュー】
http://www.kenkennov18.com/smart/access/


詳しい料金やプランについてはこちら
http://www.kenkennov18.com/menu/



ところで、他のママたちは、どれくらいの期間、どれくらいの頻度で通ってるの?
それで、本当に良くなっているの?

そんな疑問も感じますよね。

こちらをご覧ください!

必見!他のママたちの実際の症例をご紹介!】

http://www.kenkennov18.com/blog/entry/post-103/index.php

 


KenKen接骨院の3回体験を受けることで、あなたが得られるメリットは3つあります。
 
体験であなたが得られるメリット

  1. 自分の体の状態(骨盤のゆがみ・筋力低下)が分かる
  2. セルフケアの方法を学べる
  3. たくさんのママや赤ちゃんと交流できる
 
1.自分の体の状態(骨盤のゆがみ・筋力低下)が分かる
他にもメリットはたくさんありますが、あなたはKenKenの3回体験を受けることで、自分の体の状態がどうなっているのか?を把握し、どうすればもっと良くなるのか?が分かるようになります。
 
2.セルフケアの方法を学べる
育児のスキマ時間でできる体操を学ぶことで、自分でしっかりケアできるようになります。
 
3.たくさんのママや赤ちゃんと交流できる
KenKenに来ている、たくさんのママから子育てや、イベントなどたくさんの情報を得ることができます。
 
 
これだけでも体験を受けてみる価値があると思いませんか?


でも、どうしても初めて行く場所って緊張しますよね
しかも自分体を診てもらうなら、なおさら治療院選びは失敗したくないと思います。

そんなあなたのために、『お試しプラン』を作りました。


まずは、『お試しプラン』で体験してみて、KenKenのことを知ったうえで、続けてケアするかどうか考えてもらいたいと思います。

※お身体の状態によっては、骨盤ケアが必要ない場合など体験をお断りすることがございますので、あらかじめご了承ください。
 
 
お試しプランは4980円で3回!
産後リハビリプログラム(骨盤矯正・運動療法など)を体験できます。
プログラムの内容は、個人のお体の状態に合わせたものを行いますので、具体的な内容は割愛いたします
 
 
3回のお試しプランでは、まず妊娠から出産までの詳細な変化をカウンセリングで伺います。その後、体の検査を行い、現在のお体の状態をご説明します。あなたに体の状態をしっかり理解していただいた上で、お体の状態に合わせた治療プログラムを作成し、治療内容と通院頻度などの説明を行います。
 
 
決して無理な勧誘や、強引な売り込みなどは致しません。
 
 
またカウンセリングと検査により、通院の必要性がないと判断される場合や、そもそもお試しだけのつもりの方など、お試しに使っていただく料金が無駄になる可能性があるときには、こちらからお試しのご利用をお断りする場合もございます。
 
 
ここまで読んでみて、あなたが抱えている不安や悩みを相談してみたい!と思ったなら、ぜひKenKenのLINE@に友達追加してお試しプランを見た!と返信してください。
ご予約方法の詳細をお伝えします。
 
 
友達追加はこちらから
友だち追加
 
この特別な『お試しプラン』があなたにとって、健幸な子育てのきっかけになればと願っております。
 
 

P.S

 
 
KenKen接骨院は、ママが一番に健幸で笑顔になることが、家族の幸せにつながると考えております。
 
 
そのため、自分の体への時間的な投資、経済的な投資の優先順位が低い方のご利用はお断りしております。
 
 
自分の健康を後回しにして、子どもや家族のために時間やお金を使いたいというのは、一見とても素晴らしいことのように見えます。
 
 
しかし将来、あなたが動けなくなってしまったときに、一番悲しむのは誰ですか?
一番大変な思いをするのは誰ですか?

 
 
あなたが優先させてきた、子どもや家族ではありませんか?
 
 
優先させたのに、一番悲しい思いをさせて、苦労をかけてしまう結果になったらどんなに悔やんでも、悔やみきれないのではないでしょうか?
 
 
そうならないために、産後という体を作り直すのに一番適した、「今」のあなたの体に、時間とお金を投資してください。
 
 
私は、あなたとあなたの大切な家族が、いつまでも笑顔で健幸でいられるよう全力を尽くします。
 
 
この『お試しプラン』が、あなたとあなたの家族の笑顔と健幸のきっかけになれば幸いです。

あなたが抱えている不安や悩みを相談してみたい!と思ったなら、ぜひKenKenのLINE@に友達追加して
お試しプランを見たと返信してください。
ご予約方法の詳細をお伝えします。
 
友達追加はこちらから
友だち追加
 



;



;




天然由来成分100%!赤ちゃんと自然にやさしい万能洗剤
;

産後ママの不安を解消します!産後の体質変化について

二人の育児中でも
食事制限なしで
-20㎏のダイエットに成功した
Kenken接骨院の原田です。
 
 
 
前回に引き続き
ブログ閲覧ありがとうございます。



 
産後と産前何が違うの?
 


っといった質問をたまに
お聞きすることがあるので
お答えします!
 
 
産後は体質が変わる?
 
 
女性にとって妊娠・出産は
一つの体の変化を迎える
イベントです。
 
妊娠中食べ物の好みが変わったり
食べられなかったものが
欲しくなったり
 
妊娠することで
いくつもの変化を遂げています。
 
 
ホルモンバランスの変化も
大きな変化のきっかけの一つです。
 
 
女性のホルモンバランスは
特に妊娠中大きく変化します。
 
出産後徐々にもとに戻っていきますが
通常の体のことを考えると
短期間にかなり劇的な変化をします。
 
 
また妊娠中に衰えた筋肉だったり
衰えて疲れやすくなったりと
自分が感じている以上に
体はボロボロです。
 
 
だけどノンストップで
育児はスタートします。
 
 
休息も充分でない
自分の時間が一気になくなる
体力も戻ってない
体力が戻っていないのに
毎日イレギュラーなことの連続で
ご飯もきっとゆっくり食べることができないから
早食い早飲み
消化吸収に時間がかかる
 
 
 
産後ダイエットにかかわらず
自分自身の体にとって
悪循環なことはあげはじめると
きりがないです。
 
 
体質の変化は確かに
あります。
 
 
体力の衰えだって
意図していないけど
出産後の体力低下は明確だし
 
 
生活リズムや
習慣もがらりと変わり
なれていくにも
時間が必ず必要です。
 
 
 
だから産前産後
何が変わるかというと
 
ホルモンバランスが劇的にかわり
体質、体形の変化がおこり
生活習慣が大きくかわり
子ども中心の生活に変わっていきます。
 
 
その中で産後ダイエットをすることは
大変だけど自分自身の体と
向き合えるチャンスです!
 
 
つづく

LINEで友達追加すると
オープンスペースや体にやさしい食などについて
子育てのためになる情報を
毎月第2第4土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから
また不定期にお得クーポンが配信されるので
「産後ブログ」と送信してみてくださいね♪
 
; 友だち追加;  
育児に関するお悩みを
1人で抱え込んでいませんか?
 
1人で苦しまずにぜひご相談ください。
 
ご相談専用お問合せフォームはこちら
 
 
もっとKenKenを詳しく知る
 
産後骨盤矯正について
 
産後ママへKenKenの想い
 
産後骨盤矯正について
 
施術の流れ
 
スタッフ紹介
 
KenKenで笑顔になったママたちの声
 
ブログをもっと読む
 
忙しい育児のすきまでできる
簡単で、効果的なエクササイズ!
 
『育児のスキマde産後体操』
 
赤ちゃんが喜んで、
ママの産後の体形が元に戻る?
 
『赤ちゃんと一緒にできる産後体操』

まだ先のこと?必ず訪れる閉経について、正しく理解しておきましょう

こんにちは!産後ママ・子育てママの笑顔と健康を守る!KenKen接骨院の青森です。
 
 
今回は、女性にいつか必ず訪れる閉経について。



閉経


 
閉経についてあなたはどんなイメージをお持ちでしょうか?
 
 
「閉経」という言葉をインターネットで検索すると、更年期、イライラ、40代…
 
 
あまりポジティブなイメージを連想する言葉は出てこないようです。
 
 
閉経の定義は「卵巣における卵胞の消失による永久的な月経の停止」とされています。つまり「卵巣の活動が低下し、排卵が無くなり月経が止まった状態」です。​
 
 
医学的には、生理終了から12ヶ月連続で生理がない場合に閉経と判定するとされています。
 
 
日本産科婦人科学会によると、日本女性の平均閉経年齢は、約50歳(45~56歳)と報告され、約半数は50~51歳頃までに閉経するとされています。
 
 
ただし、早い人で40歳台前半、遅い人で50歳台後半に閉経を迎えるなど、かなりの個人差があります。



 
 
閉経が近づくと、乳房や性器の変化がみられるようになります。
 
 
まず月経周期が止まり、卵巣から女性ホルモンのエストロゲンの分泌も止まります。
 
 
エストロゲンは乳管を刺激する女性ホルモンのため、分泌が止まると乳房が小さくなります。
 
 
さらに乳房の線維組織は加齢により、脂肪に置き換わるため張りも失われます。
 
 
閉経後は、小陰唇、陰核、窒、尿道の軟部組織に委縮が起こるため薄くなり、慢性的な刺激感、乾燥、おりものが生じることがあったり、子宮や卵管、卵巣なども小さくなるようです。
 
 
また、組織の委縮により感染症のリスクも高くなるため、注意が必要です。
 
 
さらに年齢を重ねると、膀胱や子宮、窒、直腸などを支えている筋肉や靭帯、そのほかの組織も量が減少し、支える力が弱くなります。
 
 
そのため、骨盤の中の圧迫感や充満感、排尿困難、尿失禁、便失禁、性交時の痛みが出たり、臓器が垂れさがり体外に脱出する臓器脱が起こることもあります。
 
 
こういった症状が起こる可能性は、出産経験の多い女性で高くなるようです。
 
 
ほとんどの女性では、加齢に伴う生殖器の変化によって閉経後の性行為や性的な快感が妨げられることはありません。
 
 
閉経後もそれまで以上に性行為を楽しんでいる女性もいて、その理由としては、もはや妊娠の心配がないことが考えられます。
 
 
さらに、閉経後も卵巣と副腎から男性ホルモンの分泌は続きますが、この男性ホルモンには、性欲を維持し、筋肉組織の減少を遅らせ、心身の健康感をもたらす働きがあります。
 


まとめ


 
閉経後、更年期障害、体の変化など様々な変化が起こることは、どうやっても避けようがありません。
 
 
まずは、閉経によって体は変化するものだ、ということを理解して、何か不調を感じたときは、ひとりで抱え込まず、家族やパートナー、友人、そして迷わず医師に相談できる環境を作っておきましょう。
 
 
また、閉経後の女性の中には、「煩わしく大変な生理が無くてすっきりした」や男性ホルモンの影響か、「何だか若い時より元気になったみたい」など、ポジティブな捉え方をする方もいますし、新たな趣味や勉強などを始めて、楽しく充実した時間を過ごしている方も大勢います。
 
 
今からそういった心の準備をしたり、食習慣を見直すことでリスクを減らすことを心がけることが大切なのかもしれませんね。
 
 
 
KenKenでは
産後ママさん、子育てママさんのサポート体制を充実させています。
 

産後の体のことで何かお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談下さいね。
 
 
ご相談はこちらからLINEで友達追加すると、オープンスペースや健康な食について子育てのためになる情報を毎月第2第4土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから『健康』と返信してください!
 

友だち追加;
;  
 
KenKenの産後骨盤矯正について詳しくはこちら!
今ならキャンぺーンで1980円で3回お試しできます!
産後骨盤矯正について
http://www.kenkennov18.com/smart/blog/entry/post-3/

産後2ヶ月までは注意が必要な出産後の血栓はこうして防ぐ!

こんにちは!産後ママ・子育てママの笑顔と健康を守る!KenKen接骨院の青森です。
 
 
今回は出産後2ヶ月頃までは気を付けたい、血栓症について。
 
 

産後の血栓症


 


分娩後6~8週間は血栓症(血の塊ができる)のリスクが高くなるので、気を付けなければなりません。


血栓ができやすいのは、ふくらはぎと骨盤の中です。
 
 
血栓ができて、血の塊が肺や心臓などにとび、血流を詰まらせることがあります。
血流が詰まった先によって、肺塞栓や心筋梗塞、脳梗塞などと呼ばれる命にかかわる病気になるので、しっかりと予防することが大切です。
 
 
ふくらはぎにできる血栓は、痛みがあったり、触れると痛かったり、熱っぽさや腫れなどの症状があるので、気づきやすいのですが、骨盤の中にできた血栓はほとんどが症状がないので気づけないことがほとんどです。
 
 
血栓が肺にとんで肺の血流を詰まらせる肺塞栓の場合、息切れが最初に見られる症状になりますので、産後日常生活での動作によって息切れを感じる場合は放っておかないよう注意が必要です。
 
 
また、心臓や脳に血栓が飛んだ場合は、緊急性の高い疾患になりますが、それぞれ胸の痛みや頭痛を最初に感じることがあるので注意しましょう。
 
 

血栓の治療

  
 
血栓にも種類があり、ふくらはぎなどにできる皮膚に近い静脈の血栓を表在静脈血栓症と呼び、骨盤の中や体の深部の静脈にできる血栓のことを深部静脈血栓症と呼びます。
 
 
表在静脈血栓症に対しては、温罨法(温める)、圧迫包帯(締め付ける)、下肢挙上(足を高くする)などの治療が行われます。
 
 
深部静脈血栓症に対しては、血液を固まりにくくする薬を使って治療を行います。
 
 

血栓の予防

  
 


血栓はなってしまうと、最悪命にかかわる本当に怖い病気です。
 
 
血栓ができないように気を付けて予防することが大切です。
 
 
血栓の予防には具体的に二つの方法があります。
 
 
まずふくらはぎの血栓の予防には、弾性ストッキングの着用をお勧めします。
産後1か月は安静に過ごすほうが良いため、積極的な運動はできません。
歩く頻度が下がると、ふくらはぎに血液がたまりやすく、たまった血液が固まって血栓になりやすくなります。
そのため、ふくらはぎを締め付ける弾性ストッキングを使用して、血液をふくらはぎにためずに、心臓に戻すことで予防しましょう。
 
 
また、足首を動かすことも有効ですので、座ってるときや寝ているときに、足首を積極的に動かしましょう。
足首を動かすと、ふくらはぎの筋肉が収縮して、血流を促したまることを防ぐことができます。
 
 
骨盤の中や体の深部の血管は触れることができません。
そのため直接的な予防はできませんが、しっかりと水分をとることで、血液をサラサラに保って予防しましょう。
体の中の水分が少なくなると、血液がドロドロになり固まりやすくなり、血栓ができるリスクが高くなりますので、積極的に普段よりも多めに水分を摂るよう心がけましょう!
 
 
KenKenでは
産後ママさん、子育てママさんの
サポート体制を充実させています。
 
産後の体のことで何かお悩みがあれば、
ぜひお気軽にご相談下さいね。
 
 
ご相談はこちらから
LINEで友達追加すると
オープンスペースや健康な食について
子育てのためになる情報を
毎月第2第4土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから
『血栓』と返信してください!
 

友だち追加;
;  
 
KenKenの産後骨盤矯正について詳しくはこちら!
今ならキャンぺーンで1980円で3回お試しできます!
産後骨盤矯正について
http://www.kenkennov18.com/smart/blog/entry/post-3/


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ