HOME > 美容・健康コラム > 3ページ目

美容・健康コラム 3ページ目

【見て!聞いて!スッキリ解決!ママの離乳食座談会】

【見て!聞いて!スッキリ解決!ママの離乳食座談会】

あなたは離乳食をはじめて、こんな風に感じたことはありませんか?
 
☑離乳食はじめたけど、本で読んだとおりにいかない・・・
☑思ってるより手間がかかって大変・・・
☑このやり方であってるのか不安・・・
☑なかなか食べてくれなくて・・・
☑味付けってこれくらいでいいの?
☑ついベビーフードに頼ってしまって・・・


 
どれかひとつでも当てはまったら、続きを読んでみて下さい。
 



やっと重い腰を上げて取り組み始めた離乳食。
 
本で読んだり、市民講座で一通り勉強したから大丈夫!
と思って始めてみたものの・・・
 
なかなか思ってた通りには行かず、挫折の連続。



 
 
思ったより食材をすりつぶしたり、細かく刻むのって面倒・・・


味付けも自分では分かったつもりだったけど、本当に大丈夫?


一生懸命すりつぶしたニンジンも、一口でまずいと吐き出されるし・・・


頑張って裏ごしまでしたカボチャも、口に入れた瞬間泣きじゃくる・・・

 
 

一体どうすれば、安心して楽しく離乳食を頑張れるのか?

 正直、離乳食のことなめてた・・・
 
そんな風に思っていませんか?
 
 
私も初めて離乳食作った時、こんなにめんどくさいこと、何カ月もやらないといけないのか・・・
と絶望に近い感情が沸き起こったことを覚えています。
 
 
一生続くわけじゃないとは分かっていても、ニンジンをすり下ろすたび、硬いカボチャを切り刻むたびに、子どもの食べる姿を想像しては、頑張ろう!と自分に言い聞かせていました。
 
 
けれどいざ与えてみれば、一口目で吐き出して、それ以降食べてくれない。
あんなに時間をかけて作ったのに・・・
 
 
これが旦那だったら文句の一つも言えるのに!
なんて思った事も一度や二度ではありませんでした。
 
 
本に書いてあることは一通り勉強したけど、なんだかそれだけじゃ足りないんですよね。
 
 
当時の私は、
 

他のママはどうやって食べさせてるんだろう?
何か食べてくれるような工夫の仕方があるのかな?
 

そんな小さな疑問を持ち続けたまま離乳食が終わりました。


当然、楽しかったなんて記憶はほとんどありません。
もっと楽しい離乳食ライフを想像していたのに・・・
 
 
だからあなたには、
もっと離乳食を楽しんでほしい!
心からそう思っています。
 
 
そこで今回は離乳食ライフを楽しむための講座をご用意しました!
 
 
楽しい離乳食ライフのために、
管理栄養士であり、自身も3児のママである馬明真梨子先生にいろいろと質問をぶつけてみよう!
という座談会形式の講座を開催します。


管理栄養士としてのお話や、自身の体験談などに加え、便利グッズも実物を使ってご紹介します。


 
 
講座は事前に質問をいただき、それにお答えしながら進めていきますが、もちろん当日その場で質問することもできますので、お気軽にご参加ください。

【講座概要】
日時:2018年7月3日(火)12:00~
開催場所:KenKen接骨院
講師:馬明真梨子先生
参加費:2000円
 
【内容】
離乳食を始めたはいいけど、時々感じている本やインターネットに答えのない小さな悩みや不安。
どうしたら楽しく食べてくれるの?この食材って本当に安全なの?もっと簡単な方法ってないのかな?
ママが抱いている疑問すべてにお答えします!どんなささいな疑問でもいいので、この機会にスッキリ解決して離乳食を赤ちゃんと一緒に楽しみましょう。
この講座では事前に質問を募集して、座談会形式でその質問にお答えしながらお話をすすめていきます。堅苦しいセミナーのような聞くだけの講座ではありませんので、たくさん質問していただき、質問にどんどんお答えしていく講座です。また3児の離乳食に奮闘した喜怒哀楽の経験談や栄養士として気をつけていたことの話、便利だった調理グッズなども見て頂きます!ぜひお気軽にお友達やパートナーと一緒に参加されてみてはいかがでしょうか?

【馬明真梨子先生プロフィール】


 
管理栄養士でスポーツトレーナーとしての実績もあり、なによりご自身も3児のママである馬明真梨子先生。
 
広島のスポーツ界を「食」で盛り上げる
 
という想いを胸に、赤ちゃんからスポーツキッズやアスリートの食育サポートを行っている。
 
スポーツ選手としての経験と、フィットネスクラブでの勤務実績、カラダとココロの不調経験…
 
 
そして、『栄養士×トレーナー×3児のママ』としての知識を活かし、一人ひとりの想いや目標に寄り添いながら、『しっかり食べる食べ方』で元氣な身体づくりをサポートしています!

 
お申し込みはLINE@から受け付けています。
 
下のボタンをタップしLINE@に友達追加して
離乳食座談会申し込み
と返信してください!

友だち追加
 
キーワードはお間違いなく!


今すぐできる!食べてお腹スッキリ!産後ダイエット

【今すぐできる!食べてお腹スッキリ!産後ダイエット】
 
産後なかなか体重が戻らない…
あと2〜3キロが落ちない…


あなたはこんなことで悩んでいませんか?

☑️体重は落ちたけど、体型が戻らない…
☑️そんなに食べてないのに体重が戻らない
☑️妊娠前の服が入らない
☑️腰回りについたお肉が
☑️子育てしてると運動する時間ないし
☑️もっと簡単に痩せられないかな
☑️離乳食しながら自分の食事制限なんて無理!
☑️2年以上たっていてもう手遅れなの?
☑️妊娠中に15キロ以上増えてしまった



1つでも当てはまったら、続きを読んでみてください。
 




家族のご飯と自分のご飯を別に作る余裕なんてないし、子どもの食事に手がかかるのに、自分の食事をゆっくり食べるなんて無理!


子どもが大きくなるまで、食事制限なんてできない。
でもそんなこと言ってたら、どんどん体重も体型も変わっていく…



 
「一体どうしたらいいの?」


これがママの本音ではないでしょうか?
 
 
専門家の立場から見ても、ママの体は授乳中であれば赤ちゃんの栄養源です。
ということは食事制限のように栄養素やカロリーを制限する食事にしてしまうと、赤ちゃんの栄養不足にも繋がりかねないということ。
 
 
じゃあ、授乳が終わってから始めればいいか?というと…


授乳が終わった後は、産後1年以上が経過しており、体が変わりやすい時期が過ぎているので、この時期から頑張ろうとしてもなかなか結果に繋がりにくいのも事実。
 
 
ではどうすれば、体の変わりやすい授乳中でも体に負担をかけず、安全に体質を変えながらダイエットができるのでしょうか?
 
 
そんなママの悩みを解決し、希望を叶えるための講座があります。
 

広島では、まだまだ食に関する講座やセミナーに対して、認知度が低く必要性を感じるママは少ないように思います。


けれど産後の女性にとって、「食」がいかに大切なのか?
それを知るきっかけになればと思い、今回は破格の値段で講座を企画しました!
 
 

広島のママがもっと健康に、美しく、自分らしく育児を楽しめる!

 
ママのための食の講座です。
 
 
本気で家族の健康を考えているママ!
自分の体を変えたいと思っているママ!


そんな健康に対して何か不安や悩みのあるママに参加して欲しいと思っています。
 
 
講座は堅苦しいものではなく、質問や相談なども気軽にできるような内容ですので、まずは一度お友達を誘って参加されてみませんか?
もちろんお一人での参加も大歓迎です!


【講座概要】
日時:2018年7月9日(月)12:00~
開催場所:KenKen接骨院
講師:馬明真梨子先生
参加費:2000円


【講座内容】
産後ママ向けに、しっかり食べながら健康的に痩せる食事について解説します。
出産後、まだ赤ちゃんにおっぱいをあげている時期に、ママは食事制限なんてできませんよね。
だけど妊娠~出産で変わってしまった自分の体形や、増えてしまってなかなか戻らない体重に自己嫌悪を感じるママが多いのも事実えす。
あなたも体形や体重をどうにかして戻す方法はないものか・・・と悩んでいませんか?
産後ママの食事について、自身も3児のママである管理栄養士の馬明先生が、ママの体の健幸のための講座をスタート!
カロリー制限のデメリットや、カロリー制限をしない食べ方、太りにくくなるポイントなど、産後ママにとって目からうろこな『食事』に関する情報が盛りだくさんの講座です。
今回は産後の特化したKenKenだからと、特別にコラボが実現しました!
赤ちゃんの栄養源でもあるママの身体の健康を保ちながら、綺麗になる方法をお伝えしますので、産後のママは必見ですよ!


【馬明真梨子先生プロフィール】




 
管理栄養士でスポーツトレーナーとしての実績もあり、なによりご自身も3児のママである馬明真梨子先生。
 
広島のスポーツ界を「食」で盛り上げる
 
という想いを胸に、赤ちゃんからスポーツキッズやアスリートの食育サポートを行っている。
 
スポーツ選手としての経験と、フィットネスクラブでの勤務実績、カラダとココロの不調経験…
 
 
そして、『栄養士×トレーナー×3児のママ』としての知識を活かし、一人ひとりの想いや目標に寄り添いながら、『しっかり食べる食べ方』で元氣な身体づくりをサポートしています!

【保有資格】
管理栄養士・栄養教諭第一種免許・NSCAパーソナルトレーナー・日本体育協会認定ジュニアスポーツ指導員・食アスリートJr.インストラクター・ジュニア野菜ソムリエ・健康食育シニアマスターなど



お申し込みはLINE@から受け付けています。
 
下のボタンをタップしLINE@に友達追加して
産後ダイエット申し込み
と返信してください!

友だち追加
 
キーワードはお間違いなく!
  
あなたからのお申込み心よりお待ちしております。
 
 
 
 


ママセミナーをもっと手軽に楽しく力を借りて、、!うまれかわります!



こんにちは!
女児男児育児中
ママの身体をサポートするスペシャリスト
柔道整復師の原田です!
 
 


ママセミナー」が始動し
参加してくださったお母さん
いいねと伝えてくださったお母さん
たくさんの方にこの活動を支持していただいています。
 
 

本当にうれしくもっとお母さんが気軽に参加できるものや
発展させていきたいなぁといろいろとイベントを考察中です!!
 
 
 



パパや家族で参加する運動教室
オープンスペースなどに出張したり
ランチ会などでママの交流を図りながら座談会形式で
お体の悩みを解決したり
バランスボールのみ1時間フルでエクササイズをひらいたりと
「ママセミナー」を今後発展させていきたいと思います。
 
 
 


ママ向けのイベントを開催されている方
もしくはこれからママの力になりたいと考えている方など
協力できればたくさんのママや子どもたち、家族のかたが
喜ぶ活動が多くできると考えています。
 
 
ぜひご協力をお願いできたら心強いです!!
 
 
興味のある方はkenken接骨院のLINEにて
子育てにやさしい活動」と返信ください
 
 
; 友だち追加;
 
また、ママのサークルや
常時のオープンスペースなど
出張で来てほしいというお声があれば
ぜひ伺いたいと思います(*´▽`*)
 
 
内容は自宅でできる簡単エクササイズや
そのニーズに合わせ行います。

 
 
 
出張申し込みはkenken接骨院のLINEにて
ママセミナー 出張申し込み」と返信ください
 
 
 
; 友だち追加;  
これからじめっとした梅雨に入りますが楽しんで過ごしていきましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 


マタニティヨガレポ①



こんにちは!
女児男児育児中
ママの身体をサポートするスペシャリスト
柔道整復師の原田です!

 
 
5月27日からマタニティヨガスタートしました!
気になる方も多いと思うのでレポをお伝えします♪
 
 

山本典子先生が到着し続々と利用される方が来院されました♪
日曜日の特別なヨガタイムなので
時間に急ぐことなく
ゆったりゆっくりとスタートしました!


 
 
まずは、アンケート!
ここでまさかの利用される方の多くの共通点を発見し、それでわー!!と
場も和み、驚きと喜びでスタートしました♪
 
 
山本典子先生ブレンドの身体に優しい香りと音楽に包まれながらスタート!


 
お子様と一緒に来院されたお母さんは
お母さんと離れ過ぎず、おそばで見守りしました
途中ママー!となりましたが、院内を好きなように動きたかったり
少しママに触れ合いたかったようで
一緒にヨガを楽しんだりしてましたよ♪


 
 
なかなか産みたい産科にヨガ教室がない
したいけどできない、、
子連れでヨガ参加できないといった方には
かなり有意義なお時間を過ごしていただけると思います
 
 
 
 
 
これも1つのお腹の赤ちゃんとのコミュニケーションの1つで
お母さん自身の体をケアーしたり
運動不足になりがちな身体を動かすことが
妊婦さんにとってリフレッシュになったり
体のケアーに繋がります
妊娠中はストレス大敵!!
 


出産すればそこから育児がスタートするまでに
ご自身の体にお時間が使えるあいだを
ぜひ気持ちよく過ごすお手伝いができたら嬉しいです
 
 
終了後は ken ken接骨院のカフェスペースで
女性薬剤師さん調合のハーブティーや
カフェインレスコーヒーを堪能していただいたあと
各自解散となりました♪
 

 
これから定期開催していくために
多くのプレママさん、妊婦さんのお声があると嬉しいです
 
このマタニティヨガに参加してみたい人
いいなぁと思う人
この取り組みに共感がもてた人
 
ぜひ ken ken接骨院LINEにて
マタニティヨガ」と返信ください
 


; 友だち追加;  
ステキな情報が毎週土曜日に配信されます
 
 
 


産後ママのパートナーに読んでほしい手紙

人は自分以外の人間の痛みは、なかなか分からない生きものです。
 
 
本当に他人の痛みを理解しようとすれば、全く同じことを経験しなければなりません。
 
 
しかし、男性は子どもを産むことができません。
産後の女性と全く同じ経験をしたくてもできないのです。
 
 
だから出産や産後の体の悩みは理解できないのです。
 
 
でも、理解できないままでいいのでしょうか?
 
 
理解できないからと言って、あきらめてしまっていいのでしょうか?
 
 
あなたが理解できない間、ずっとパートナーは悩んでいるかもしれません。
 
 
その悩みや苦しみを理解してあげたいと思いませんか?
 
 
パートナーの悩みや苦しみを少しでも理解したい!
そう思った男性だけ、この先をお読みください。
 
 

【あなたは穴の開いた屋根をそのまま放っておきますか?】

 
 
もし屋根に穴が開いていたら、雨が降るたびに雨水がたれ、染み込んで家を腐らせていきます。
 
 
放っておいたら住めない家になってしまうでしょう。
 
 
あなたはそれが分かっているから、すぐに修理を依頼するのではないでしょうか?
しかもできるだけきちんと直してくれる、信頼できる業者を探すのではないでしょうか?
 
 
産後の女性の体は、10ヵ月の妊娠期間を経て出産を終え、とてつもないダメージを受けています。
 
 
穴の開いた屋根と同じなのです。
 
 
産後の女性の体は、産後ケア(修理)が必要なのです。
 
 
当然、産後は病気ではありませんから、見た目には元気そうにも見えるでしょうが、女性の体の中では今までと違う感覚があり、妊娠前との体の変化を感じています。
 
 
産後の体の変化は、交通事故で手足を失うなど、誰の目にも明らかな変化とは違い、理解してもらいにくいものなのです。
 
体の変化は、腰痛や肩こりなどの症状となって現れている場合なども含め、多くの変化は自分だけが感じる変化で、他人が見た目に理解することのできる変化ではありません。
 
 
だから産後(穴が開いたまま)、何もしない(修理を依頼しない)で日常生活に復帰する女性もいます。
あなたがそうでないことを祈りますが、自分の体じゃないからケアの必要性が理解できず、産後ケア(修理)に否定的なことを言う男性もいます。

 
 
これはとても残念なことです。
 
 
あなたは自分の妻の体が、ケアが必要な状態なのにもかかわらず、放っておくことが良いことだと思いますか?
 
 
もし、毎日血を吐いているのを見ても、病院へ行くことを止めますか?
 
 
産後の症状なんて、そんなに重ものじゃないから…
なんて思っているとしたら、それは大きな間違いです。
 
 
屋根の穴をふさがなければ、いつか腐ってしまうように、産後ケアしないことが原因で、数年、数十年後の健康に不利益を与えるとする研究があるのです。
 
 
60~70歳台になり、第2の人生をスタートするときに、パートナーが毎日病院通いが必要な体だったらどうですか?
 
 
出産は女性にとって、人生での一大イベントです。
体にとっても大きなイベントであることには変わりありません。
 
 
だから産後ケア(穴の修理)は、必要なのです。
しかもしっかりと産後ケアできて、信頼できる場所を選ばなければなりません。
 
 
だからって整形外科で産後の腰痛を相談しても、「骨に異常ないからヘルニアだね」なんて言われるでしょう。
 
 
整形外科で産後は関係ありません。
 
 
もちろん産婦人科で腰痛の相談をしても、痛み止めを処方されるくらいでしょう。
 
 
助産師さんで勉強されている人はいますが、助産師さんは助産行為の専門家であり、産後ケアなどの分野も知識はありますが、筋肉や骨格などの運動器についての知識や、施術技術はカバーしていないでしょう。
 
 
では、産後ケアの信頼できる場所ってどこなんでしょうか?
それは当院のような、産後ママを多くみて実績のある接骨院になります。
 
 
接骨院では、体の中でも筋肉や骨格の専門家である柔道整復師という資格を持ったセラピストがいます。
 
 
柔道整復師は基礎医学の知識に加え、特に筋肉や骨格に精通するため産後の体の回復のサポートができるのです。
 
 
さらにキッズスペースや、ママと赤ちゃんのための設備がある接骨院の方が通いやすでしょう。
そういった接骨院には多くのママが通っているので、実績もあるため安心して通えます。
 
 
ここまで読んでくださってありがとうございます。
 
 
いかがですか?
産後ケアの重要性や必要性について理解していただけましたか?
 
 
最後にお願いします。
あなたのパートナーの健幸のために、産後ケアにぜひ協力してあげて下さい。
 
 
よろしくお願いします。

LINE@で毎週『子どもと楽しいお出かけ情報』配信しています。
今なら友達追加すると、『寝かしつけ大辞典』をプレゼント中!

友だち追加


KenKen接骨院に来てみたい方はこちら

3回4,980円で体験できるプランがあります。

詳しくはURLをクリック!
産後ママに必要なのは、骨盤矯正ではなく骨盤ケアだ!



産後ママのパートナーに読んでほしい手紙の続きを読む

産後の不安解消母乳育児による赤ちゃんとママへのメリット

こんにちは!
男児女児育児中
ママの身体をサポートするスペシャリスト
柔道整復師の原田です。
 
 
「母乳」についてです
 
 
よく母乳で体重が減る
母乳でないと赤ちゃんに栄養が・・・
と聞きます。
 
 
「母乳」での
赤ちゃんのメリット
お母さんのメリットを
わかりやすくしました♪
 
 
 赤ちゃんのメリット
 
昔から母乳育児は子どもにとっても
お母さんにとってもいいものだと広く周知されてきました。
 
 
なぜいいのか?
 
病気のリスクが軽減されること。
どんな病気のリスクをどれくらいさげるのか
 
 
病気 リスク減少
急性中耳炎 23%
アトピー性皮膚炎(家族の中に既存する) 42%
喘息(家族の中に既存しない) 27%
下気道感染症による入院 72%
肥満 7~24%
1型糖尿病 19~27%2
Ⅱ方糖尿病 39%
小児白血病 15%
SIDS 乳児突然死 36%
 
 
パーセンテージで書いてあるように
赤ちゃんにとって様々なメリットがあります!
 
 
お母さんにとってのメリット
 
・分娩後の体重の減少
ただし、母乳育児以外にも多くの要因あり!!
なので母乳だからといって絶対体重が落ちるわけではありませんよ!

 
・Ⅱ型糖尿病のリスクの軽減
・乳がんのリスクの軽減
・卵巣がんのリスク軽減
 
 
母乳育児をしなかった人
・浸潤型性の乳がんの危険性  4.3%増加
・閉経後の乳がんの発病率   2.4%増加
・メタボリックシンドローム   1,3倍増加
・心筋梗塞のリスク      1,3倍
 
 
母乳を必ずあげないといけない
というわけではありません
 
お母さん自身のお身体の状態もある
赤ちゃんの哺乳状況など
様々なことがあるので
 
母乳をあげないと病気で亡くなるわけではありません!
ミルクで大きくなったお子様もいっぱいいます!
しかも元気!
 
 
 
母乳は母子にとってメリットのとても多い育児方法の一つです(*´▽`*)



 
  LINEで友達追加すると
オープンスペースや健康な食、
子育てのためになる情報を
毎週土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから

; 友だち追加;   
 
 


産後骨盤矯正を受けたら痩せるの?



 こんにちは!
女児男児育児中
ママの身体をサポートするスペシャリスト
柔道整復師の原田です!
 
 
今日は「骨盤矯正をうけたら痩せるの?」
についてお答えします!!
 
 
結論!!
骨盤矯正したからって痩せません!!!!!
 

 
(ここで楽して痩せます。といった方がみなさんはきっとうれしいと思いますが、、、)

 
が、骨盤矯正といっても
エステや、接骨院、ジムなど
目的の違いがあるので
施術方法によっては「痩せる」ためにおこなう施術や機械を使って効果をあげるところもあります。
 
 
 
Kenken接骨院で行う骨盤矯正は
産後の傷ついた体をケア―していくため
歪んでマイナートラブルの出やすい体を改善するための
「骨盤矯正」という施術を行います。
 
 
よくぽっこりお腹は骨盤のゆがみのせいだとか
内臓が下にさがっているのは骨盤のゆがみのせいだ!
とかいてある記事をよく目にします
 
 
 
一概にそうではない!!とは言い切れませんが
ただ単に「骨盤だけの歪み」にとらわれないでほしい
出産を経験し、たくさんのお母さんの体をサポートしている身としては
強く思います。
 
 
 
なぜか
 


 
産後のお腹ぽっこりは
筋肉の低下や
皮膚が妊娠によって簡単に言えば伸びていたり
赤ちゃんを保護するために
出産を準備するために
骨盤はもちろん
他の器官にも大きな影響をうけています
 
 

 
骨盤矯正を受けたからといって
・1週間に1度も運動(歩いたり)を動かさない
・偏った食生活になってしまう(2日連続で暴飲暴食)
・・・ダイエットにはつながってきません
 

 
骨盤矯正のダイエットの効果としては
体のゆがみを整えた状態になるので
効率よく身体を動かしやすくなり
いつもより大きく体を動かせるようになり
運動の効率もあがります
 
 
 
 
「骨盤矯正を受けたから痩せる」
ではなく
「骨盤矯正を受けたことによって痩せるため自分の力が大きく発揮できるようになる」
と考えていただけたらGOODです!!
 
 
 
 
楽して痩せたいですよね。(私も一瞬で痩せられるなら痩せたい)
だけど楽して痩せるにしても
少しの努力を続けることにより
達成できたときに大きな喜びがあります
 
 
 
「骨盤矯正のみでは痩せない」
※ただしその店舗の目的を正しく把握し痩せる目的の施術もあります
 
 
 
産前でも産後でもなりたい理想は誰しもにあるはず
達成出来る喜びを人任せにせず
ご自身でかなえられる力を備えましょう!!
 
 
 
 
 kenken接骨院のLINEに登録すると
健康のお得情報や
広島県内のおでかけ情報など定期的に配信されています。
kenken接骨院で使えるクーポンもた配信されるので
このブログを見た人は「原田のブログをみた」
と返信ください
 
; 友だち追加;

こんな治療院には気をつけろ!治療メニューがトッピング方式な治療院


治療メニューはトッピングじゃない

 
 
こんにちは!産後ママ・子育てママの笑顔と健康を守る!KenKen接骨院の青森です。



 
 

あなたは治療院で売っているものは、何か分かりますか?


当然、治療院で売られているものは治療メニューであるはずです。
たとえダイエットサプリを販売していても、関節の負担軽減のために必要な減量を助ける目的で販売しているはず。
なので基本的に治療メニューが商品です。


そして治療には、あなたの体にとって必要なものとそうでないものに分けられます。


風邪を引いたあなたに、開腹手術は必要でしょうか?


必要ありませんね。


治療院のメニューも原則は同じで、セラピストが必要な治療を選択して施術します。
 
 
ですが、ときどきこんな治療院の宣伝を見かけます。
 
 
『○○キャンペーン!今だけ〇トレ半額!
この機会にぜひ受けてみませんか?』





 
 
〇トレや〇ボルト治療が本当にあなたの体にとって必要なのであれば、最初の段階で提案されているはずではないでしょうか。
 
 
あとから半額だから受けてみない?ってどう考えても不自然ですよね。
 
 
それともキャンペーンをきっかけに受けるというのは、もともとの治療計画にあったのでしょうか?笑
 
 
患者さんの経済的な負担軽減のため、キャンペーンまで計算して治療計画を?
 
 
そんなはずはないでしょう。笑
 
 
また、こんなのもあります。


○○ドリンク無料お試し!
夏に向けて、シェイプアップ!

 
 
治療院に通う目的が、夏に水着を着ること?笑
 
 
さらにこんなものも…
 
 
○○治療を受けた方は、○○矯正半額!


 
 
もう目を疑いますね。
 
 
○○矯正は必要な治療なのかどうかも分かりません。
 
 
治療メニューがまるでピザのトッピングみたいになっています。
トッピングするかしないか、あなたの判断にゆだねられているって怖いですよ。
 
 
これを病院に置き換えて考えてみましょう。
 
 
風邪で病院に行ったとします。
風邪の処置として、点滴を受けました。
点滴を受けていると看護師さんが横に来て言います。
 
 
「今、お薬のキャンペーンやってまして、すっごくよく眠れる睡眠薬が半額ですが買いませんか?」

「下剤ドリンクが無料でお試しできますが、いかがですか?」

「あと、点滴受けた方はポリープの除去か、ブロック注射が半額で受けられますがいかがですか?」

 
 
……怖いっ怖いっ!


自分で書いてて恐怖を感じました。


風邪で病院に行っただけなのに、風邪以外の治療や薬をすすめられるなんて…
睡眠不足なっていってないのに睡眠薬?
便秘でもないのに下剤?
ポリープ除去、ブロック注射…

考えただけでぞっとします。
 
 
ね?
治療メニューのトッピングを自分で選ぶなんてできませんよね。


病院に置き換えると、さきほどの治療院の宣伝広告が異常なのが良く分かりますね。
 
 
腰が痛くて治療院に行ったのに、ダイエットサプリや腰とは関係ないメニューやドリンクをすすめられる…
 
 
何しに治療院へ行ったんだろう?
って思うのではないでしょうか。
 
 
あなたも治療院を選ぶ時には、全て込みの1回料金を設定しているところか、ひとつづつにきちんと料金を設定していて、必要な治療メニュー組み合わせた(割引とかなしで)治療計画を一番最初に提案してくれるところか、どちらかの治療院を選ぶべきですね。

産後によくある不安を解消!保育園と幼稚園と認定こども園の違い

 
 
子どもの小学校就学前の保育や教育施設の種類って、名前は知ってるけどいまいち違いがよく分かっていない…
 
 
初めての子どもを授かったあと、ママが知っておくべき知識ではありますが、今さら聞けない…
そんなママのために分かりやすく解説します。




保育園・幼稚園・認定こども園はどう違うの?




 
利用のための認定

保育園・地域型保育事業所・幼稚園(一部私立幼稚園を除く)・認定こども園については、利用を希望する施設に合わせて次の3つの区分による認定を受ける必要があります。
 
1号認定
子どもが満3歳以上で、幼稚園などを希望する場合
利用先:幼稚園、認定こども園
 
2号認定
子どもが満3歳以上で、保育の必要な事由に該当し、保育園などを希望する場合
利用先:保育園・認定こども園
 
3号認定
子どもが満3歳未満で、保育の必要な事由に該当し、保育園などを希望する場合
 
※保育の必要な事由とは
保護者の就労、妊娠・出産、疾病・障害、親族の介護・看護など、家庭で子どもを保育できない理由のことです。
 
 
保育園
 
小学校就学前の子どもを持つ保護者が働いていたり、病気などのために、昼間家庭で育児をすることができないとき、保護者に代わって保育するところです。
保育園では、子どもの発達に応じた養護と教育を一体的に行っています。
また、未就園児の園庭開放や子育て相談を通して、地域の子育て家庭への支援も行っています。
 
保育園一覧は広島市のホームページに掲載されています。
URL
公立保育園一覧:http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1144215696607/
私立保育園一覧:http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1128403118438/index.html
 
入園手続き
2号又は3号認定が必要となります。
所定の用紙に、保育が必要なことを証明する書類(在職証明書、就労申立・証明書、診断書等)などを添えて、入園を希望する保育園の所在する区へ申し込みます。
 
申込締切日
入園希望月の前月10日まで。(3.4月入園希望の場合は日程が異なります)
 
利用者負担額(保育料)
各世帯の所得等に応じて、利用者負担額を決定します。
公立でも私立でも認可保育園の利用者負担額は同じです。
 
お問い合わせは下記児童福祉係へ
 
 
地域型保育事業所
 
小規模保育事業所(0~2歳児を預かる)
保育園と同じく、昼間家庭で育児ができないとき、保護者に代わって保育を行います。0~2歳児が対象で、定員19人以下の比較的小規模で保育を行う点で、保育園と異なります。
 
事業所内保育事業所
従業員の子どものほか、地域の子どもについて、保育園と同じく昼間家庭で育児できないとき、保護者に代わって保育を行います。0~2歳児が対象で、従業員の子どもの定員枠と地域の子どもの定員枠があります。
 
入園手続きなど
3号認定が必要となります。所定の用紙に、保育が必要なことを証明する書類(在職証明書、就労申立・証明書、診断書)などを添えて、入園を希望する地域型保育事業所の所在する区へ申し込みます。申込締切日、利用者負担額(保育料)は保育園と同じです。
利用にあたっては、小規模事業所・事業所内保育事業所と利用者が直接契約します。利用者負担額は、保護者が小規模保育事業所・事業所内保育事業所に支払います。
 
小規模保育事業所・事業所内保育事業所一覧は広島市のホームページに記載してあります。
URL
広島市の私立小規模保育事業所の一覧
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1427424877142/index.html
広島市の私立事業所内保育事業所の一覧
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1438246323905/index.html
 
お問い合わせは下記児童福祉係へ
 
各区厚生部保健福祉課(東区は福祉課)児童福祉係一覧
児童福祉係
082-504-2569
082-568-7733
082-250-4131
西 082-294-6342
安佐南 082-831-4945
安佐北 082-819-0605
安芸 082-821-2813
佐伯 082-943-9732
 
 
 
幼稚園(学校教育のスタート)
 
幼稚園は、小学校の前の「幼児教育の役割」を担っていますが、それだけでなく、未就園児対象の園庭開放や子育て相談などの「子育て支援」も行っています。また、預かり保育(通常の日の居残りや、夏休みなどの長期休
業日の預かり)や一時預かりを実施している私立幼稚園もあります。
 
幼稚園一覧は広島市のホームページに掲載してあります。
URL
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/genre/1001000000400/index.html
 
【市立幼稚園】
 
園児募集時期
毎年11月初旬に行います。
 
入園手続
園に入園を申込、内定した後に所定の用紙を園へ提出し1号認定を受けます。
 
利用者負担額(授業料)
各世帯の所得等に応じて、利用者負担額を決定します。
 
082-504-2784
教育委員会学校教育部指導第一課
または各幼稚園
 
授業料に関するお問合せ先
082-504-2469
教育委員会学事課
 
【私立幼稚園】

園児募集時期
毎年9月~10月にかけて行います。
 
入園手続き・利用者負担額
私立幼稚園は、子ども・子育て支援制度に移行している園と移行していない園があります。制度に移行しているかどうかは園にお問合せ下さい。
 
◇制度に移行している園を利用する場合は、園に入園を申し込み、内定した後に所定の用紙を園へ提出し1号認定を受けます。利用者負担額は各世帯の所得に応じて決定します。
 
◇制度に移行していない園を利用する場合は認定申請の必要はなく、利用者負担額は園が設定している金額となります。世帯の市民税所得割額等に応じて補助される制度(就園奨励費)があります。
 
各幼稚園
082-261-5850
一般社団法人広島私立幼稚園協会
南区松原町5-1 広島市総合福祉センター内
HP:http://www.h-shiyoukyou.or.jp/
 
就園奨励費に関するお問合せ先
082-504-2469
教育委員会学事課、各幼稚園
 
 
認定こども園(教育と保育を一体的に)
 
幼稚園と保育園の両方の機能や特徴をあわせもち、「就学前の子どもを受け入れて、教育・保育を一体的に行う」「地域における子育て支援を行う」と認可・認定された施設です。
 
入園手続きなど
◇2号又は3号認定で入園を希望する場合は所定の用紙に、保育が必要なことを証明する書類(在職証明書、就労申立・証明書、診断書等)などを添えて、入園を希望する認定こども園の所在する区へ申し込みます。申込締切日、利用者負担額(保育料)は保育園と同じです。
 
◇1号認定で入園を希望する場合は、認定こども園に入園を申し込み、内定した後に所定の用紙を園へ提出し1号認定を受けます。園児募集時期は、幼稚園と同じです。
 
◇利用にあたっては、各認定こども園と利用者が直接契約します。利用者負担額は、保護者が認定こども園に支払います(市立認定こども園を除く)。
 
認定こども園一覧は広島市のホームページに掲載されています。
URL
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1167284992624/index.html
 
お問合せ
各区厚生部保健福祉課(東区は福祉課)児童福祉係一覧

児童福祉係
082-504-2569
082-568-7733
082-250-4131
西 082-294-6342
安佐南 082-831-4945
安佐北 082-819-0605
安芸 082-821-2813
佐伯 082-943-9732
 
認可外保育施設
 
一時預かりや休日保育・夜間保育など、利用者のニーズに対応したサービスを受けることができます。広島市の認可を受けていませんが、安全で適切な保育サービスが受けられるよう、広島市が国の指導監督基準に基づき、原則として年1回、立ち入り調査を行っています。
 
施設を選ぶときのポイントや、国の基準を満たす施設の一覧は広島市のホームページに掲載されています。
URL
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/genre/1001000000393/index.html
 
就学前の子どもの保育施設、学校教育施設などの種類
施設 利用できる
保護者
対象年齢 利用時間
0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳
保育園 保育の必要な
事由がある人
夕方まで。(園によりさらに延長保育を実施)
地域型保育事業所 保育の必要な
事由がある人
      夕方まで。
(事業所により異なる)
幼稚園 制限なし       昼過ぎ頃まで。
園により教育時間の前後や休日の預かり保育(一時預かり)を実施
認定こども園 制限なし       昼過ぎ頃まで。
園により教育時間の前後や休日の預かり保育(一時預かり)を実施
保育の必要な
事由がある人
夕方まで。(園によりさらに延長保育を実施)



保育園に子どもを預けて、お仕事に復帰される前に・・・

あなたの身体の健幸は大丈夫ですか?

ママの健幸なしに、家族や子どもの健幸はあり得ません。

ぜひお仕事復帰の前に、
出産でダメージを受けた自分の体を、
元に戻すことも考えてみて下さい。

KenKenでは産後ケアを専門に行っており、
通院している方の98%がお子様連れのママです。

産後ケア受けてみようかな?
と思ったら、3回体験4980円でお試しください!

お申し込みはLINEから受け付けています。
下のボタンをタップして友達追加
産後ケア体験』と返信してください!
キーワードの返信をお忘れなく!


友だち追加

こちらのページに産後ケアについて詳しく書いていますので、のぞいてみて下さい。
http://www.kenkennov18.com/smart/blog/entry/post-60/index.php


広島市で産後のお出かけに!子どもと一緒に過ごせる場所


自由にマイペースで利用できる
『常設型オープンスペース』


 
 
常設型のオープンスペースでは、おもちゃや絵本などをそろえたスペースに専任のスタッフが常駐しているので、乳幼児とその保護者が気軽に楽しく過ごすことができます。
広島市が設置するものが各区に1か所と民間の団体が設置・運営するオープンスペースがあります。
 
 
常設型オープンスペースはこんな場所
 
それぞれが自由に過ごす空間

決まったあそびはありません。それぞれの親子がそれぞれのペースで過ごせる場所です。
 
子どもが喜ぶ空間づくり、明るく広いスペースには、絵本やおもちゃがたくさん。
今日は何して遊ぼうかな?
 
いつでも気軽に予約や登録は不要です。
少し時間があいたとき、子育てにつかれたとき、パパ、ママ同士で交流したいときなどに立ち寄ってみてください。
 
スタッフが常駐しています
子育てに悩んだら、専任のスタッフに気軽に相談してみてください。
子育ての情報もお知らせしています。
 
楽しいイベントもあります
定期的に保育士などによる子育てに関する講座やイベントが行われています。
興味があるものに参加してみてください。(※事前予約が必要な場合があります)
 
 区常設オープンスペース一覧(広島市が設置)

名称 所在地・電話 開設日時
つどいの広場
「げんキッズ」
広島市総合健康センター5階健康科学館内
☎082-246-9100
https://goo.gl/5iKahB
日曜日・火~土曜日10:00~15:00
祝日にあたる月曜日は実施
(祝日の翌日〈土日にあたる場合は実施〉、年末年始を除く)
ぽっぽひがし 東区総合福祉センター3階
☎082-261-0315
https://goo.gl/5iKahB
 
日~木曜日10:00~15:00
(第3日曜日、祝日・休日、お盆、年末年始、8月6日を除く)
キッズひろばみなみ 南区役所別館3階
☎082-250-4134
https://goo.gl/5iKahB
 
月~金曜日10:00~15:00
(祝日・休日、お盆、年末年始、8月6日を除く)
にしくニコニコひろば 西区地域福祉センター3階
☎082-503-6288
https://goo.gl/5iKahB
 
月~金曜日10:00~15:00
(祝日・休日、お盆、年末年始、8月6日を除く)
オアシスあさみなみ 安佐南区総合福祉センター4階
☎082-877-2146
https://goo.gl/5iKahB
 
月~金曜日10:00~15:00
(祝日・休日、お盆、年末年始、8月6日を除く)
スマイルあさきた 安佐北区総合福祉センター4階
☎082-819-0617
https://goo.gl/5iKahB
 
月~金曜日10:00~15:00
(祝日・休日、お盆、年末年始、8月6日を除く)
あおぞら安芸っ子 安芸区総合福祉センター4階
☎082-821-2821
https://goo.gl/5iKahB
 
月~金曜日10:00~15:00
(祝日・休日、お盆、年末年始、8月6日を除く)
おやこっこさえき 佐伯区役所別館6階
☎082-921-5010
https://goo.gl/5iKahB
 
月~金曜日10:00~15:00
(祝日・休日、お盆、年末年始、8月6日を除く)
 
 
 
 
 
 
 
公募型常設オープンスペース一覧(民間の団体が設置・運営)
 
名称 所在地・電話・公式サイト 開設日時
子育てオープンスペース
つばさ
中区立町6-1立町ウイングビル5階
☎082-246-0024
http://tsubasa.npoc.or.jp/
 
月~土曜日10:30~16:00
(祝日・休日、年末年始を除く)
〈一時預かり〉月~土曜日10:00~18:00
(祝日・休日、年末年始を除く)
オープンスペース光明
わくわくランド
東区牛田本町5-1-2 広島光明学園5階
☎082-228-5595
http://komyo5595.blogspot.jp/2017/11/blog-post_23.html
 
月~水・金曜日9:00~14:00
(祝日・休日、年末年始を除く)
あいあいキッズ
イオン宇品店
南区宇品東6-1-15イオン宇品店2階
☎082-255-9707
https://comolib.com/places/659592
 
日・火~土曜日10:00~17:00
(年末年始を除く)
〈一時預かり〉上記と同一日時
こどもケアセンター
いーぐる
南区宇品西5-13-18 広島都市学園大学内
☎070-6553-1484
https://www.hcu.ac.jp/eagle/index.html
 
月~金曜日10:00~15:00
(祝日・休日、年末年始を除く)
子育てひろば ころろ 西区横川町2-3-1 川崎ビル3階
☎082-231-8015
http://kororo.kodomo-net.jp/
 
火~土曜日10:30~15:30
(祝日・休日、年末年始を除く)
ひろばKUSU-KUSU祇園 安佐南区祇園3-25-23 ドゥエリングビル601号
☎082-299-0511
https://e-kosodate.net/
 
火~土曜日10:00~15:00
(祝日・休日、年末年始を除く)
ひろばKUSU-KUSU佐東 安佐南区緑井5-17-5 グランデュア緑井401号
☎082-209-6860
https://e-kosodate.net/
 
火~土曜日10:00~15:00
(祝日・休日、年末年始を除く)
すずらんひろば高陽 安佐北区亀崎1-2-4 高陽タウンセンタービル地下1階
☎082-516-5353
https://www.h-bunkyo.ac.jp/suzuranhiroba/touhyou.html
 
月~金曜日10:00~15:00
(祝日・休日、年末年始を除く)
あひるClub 佐伯区五日市1-3-13 ハイツソレイユ103・101号
☎082-275-5551
http://kidani-ch.bemyself.org/10.html
 
月~金曜日10:00~15:00
(祝日・休日、年末年始を除く)
※上記以外の不定期な休日や悪天候などによる急な変更もあります。また、公募型常設オープンスペースの中には、利用料(1日1家族につき100円。一時預かり利用料は別途。)等が必要な場合もあります。
詳しい開設日時、利用料等は、ホームページをご覧いただくか、各施設に直接お問合せ下さい。



<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ