HOME > 美容・健康コラム > mother`s body care > 広島市で妊婦さん向けのマタニティ整体・マタニティケア

美容・健康コラム

< 産前から予防しておきたい、骨盤臓器脱(腟脱)  |  一覧へ戻る  |  広島で子どもと通える産後骨盤矯正&産前マタニティケア 産後ママと妊婦さんのための専門治療院 >

広島市で妊婦さん向けのマタニティ整体・マタニティケア





このブログにたどり着いたあなたは、


今お腹の中に小さな命を宿し、


あと数ヶ月で会える我が子の顔を想像しながら、


大きな喜びと少しの不安が入り混じった日々を過ごしているのではないでしょうか?


 
 
KenKenにくる妊婦さんの多くが次のような不安を感じています
 
✅鼻からスイカが出るってどのくらい痛いんだろう?

✅陣痛に耐えられなかったらどうしよう?

✅流産になってしまったらどうしよう?

✅本当にちゃんと産んであげられるかな?

✅赤ちゃんがちゃんと大きくなってくれてるかな?

✅もし障害を持って産まれてきたら…

✅子供が生まれた後、どんな生活になるのか不安

✅夫に相談しても「大丈夫だよ!」と聞いてくれない
 

あなたがもし、こんな不安を抱えているのなら、私たちはあなたのお役に立てるかもしれません。
 


初めて感じる自分の体の変化




妊娠してから、出産まで自分の体がどうなっていくのか?

 
また出産後どうなるのか?

 
1人目の妊娠で明確にイメージできている人は、ほとんどいないのではないでしょうか?
 
 
2人目以降の出産の場合も、全く同じ出産はありませんから、自分の体がどうなるのか?
 
 
1人目と同じように不安を感じる方もいらっしゃると思います。
 
 
そこで大切なのが、あなたの心です。


あなたにとって幸せなお産って何ですか?
 
 
私たちは、全ての女性に幸せで喜びに満ちたお産をしてほしいと願っています。
 
 
そのためにはまず、どんなお産が幸せなお産で、どんなお産に喜びを感じるか?ということを考えなければなりません。
 
 
こういうと、多くの妊婦さんは、子供が無事に産まれてくれればそれでいい!

 
そう思うかもしれません。
 
 
たしかに、無事に赤ちゃんが産まれることは最重要事項でしょう。
 
 
でも、本当にそれだけでいいですか?
 
 
✅子どもは無事に産まれたけれど、ママの体はボロボロになって、産後は育児どころではなく、立ち上がることもできなくなってしまった。
 
 
✅子どもは無事に産まれたけれど、夫は仕事で忙しく、近くに頼れる家族もいない、ワンオペ育児が始まり、子供の泣き声にイライラしてしまう。
 
 
✅子どもは無事に産まれたけれど、自分の変わってしまった体を鏡で見るたびに、どうしようもない悲しさを感じる。
 
 
赤ちゃんが無事に産まれたけれど、ママが幸せではないことは意外にも多いのです。
 
 
これは、今からママになるあなたも、パパになるパートナーも、どんなお産が幸せで、どんなお産に喜びを感じるかを、真剣に考え、イメージしたことがないからではないでしょうか?
 
 
私たちは、あなたが幸せで、喜びに満ちたお産ができるよう、体のサポートを中心にお手伝いをしています。
 
 
KenKenでマタニティケアを受けて、出産を終えたママの声をお聞きください!
 
 
 
 
いかがですか?
みんなそれぞれ、お産について感じている幸せも、喜びも違います。
幸せなお産、お産の喜びは、『人それぞれ』『家族それぞれ』なのです。
 
 
ですがいきなり、どんなお産にしたいか?と聞かれても、すぐにパッと浮かばないし、分からないと思います。

 
当然、じっくり考えることも必要ですが、一人で考えても、なかなかしっくりくる答えにはたどり着かないかもしれません。

 
そこで、何が幸せで、何が喜びかをご家族と一緒に考えてもらいたいのです。


そして私たちは、体のサポートをするプロです。
その私たちは幸せで喜びに満ちたお産を迎えるあなたのことをこうなってほしいと考えています。
 
 
「産むことや、産んだ後のことを考えると、ワクワクして楽しくなってくる体と心」

 
出産は女性にとって、人生のターニングポイントです。

 
ターニングポイントだから、しっかり考えてほしいと思います。
もちろん私たちも「あなたにとって幸せな喜びに満ちたお産が何か?」について一緒に考えます!
そして、あなたの「幸せで喜びに満ちたお産」がどんなものかを踏まえた上で、そのお産を心から楽しみにできる、体と心の状態を作るサポートをします!
 
あなたは、お産を心から楽しみにしていますか?
その体と心の準備できていますか?

 
よかったら、KenKenでマタニティケア を受けてみませんか?


といきなり言われても、

✅KenKenってどんなところ?

✅どんな先生がいるの?

✅マタニティケアってどんなことするの?

✅自分に合うのかな?

✅痛いことされたりしない?

などなど、いろいろな不安や疑問がいっぱいだと思います。

まずはそんな不安を取り除いて欲しいから!
3回体験を4980円で受けつけています。
 
お申し込みは下のボタンから
LINEに友達追加して、『マタニティ』と返信してください。 
 
友だち追加



KenKenってどんなところ?
 
実はKenKenは、はじめは高齢者の健康寿命を延ばすことを使命として誕生しました。
しかし、あることがきっかけで、産前産後の女性を笑顔にすることに、新たな使命を感じるようになっていきました。

そのきっかけを物語にしたので、ぜひ見てください。

 





先輩ママたちの声を聞いてみませんか?

KenKenに通う患者様の98%が産前産後の女性です。
そして産後女性のほとんどが当然子供と一緒に来院します。

毎日、赤ちゃんの泣き声が絶えない院内ですが、その中でもママたちは自分の体と向き合い、より一層子育てを楽しんでいます。

きっとあなたと同じように悩み、辛い思いをしているママもいます。

そんな先輩ママたちの声をご紹介します。

タップ→http://www.kenkennov18.com/voice/



お申し込みは下のボタンから
LINEに友達追加して、『マタニティ』と返信してください。 
 
友だち追加

 

カテゴリ:

< 産前から予防しておきたい、骨盤臓器脱(腟脱)  |  一覧へ戻る  |  広島で子どもと通える産後骨盤矯正&産前マタニティケア 産後ママと妊婦さんのための専門治療院 >

同じカテゴリの記事

kenken接骨院イベントレポ~2018夏祭り~


こんにちは!
男児女児育児中3人目妊娠8ヶ月!!
ママの身体をサポートするスペシャリスト
柔道整復師の原田です!
 
 
 
8月18日(土)に開催された恒例の夏祭りのレポをお伝えします!
 
 

Kenken接骨院のイベントは親子連れで
お母さんだけでなくそのご家族も参加もちろんOKなので
家族で楽しんでいただけるイベントがたっくさんあります!
まずはこのいいお肉を「みんな見て~!!」と見せていた院長
 
 
 
12時半からスタートして
会員の方がご家族で来られたり、ご兄弟みんなできてくれたり!
 
 
今回は食べて食べて
親子でノンアル!アルコール!ジュース!
少しでも楽しい夏の思い出の一つになればいいなということで
院長、持西さんはひたすら焼いて
移動するのは大変なので焼きあがったら
テーブルに運んで食べました!





持西さん手作りのちらしそうめんはもう力作すぎてどっからたべようか迷いました!

 
 
 
 
 
子どもたちもたくさん食べながら
遊んで、アニメの映画をみて楽しんでいる様子でした♪
 
 
 
 
Kenken接骨院の会員の方ばかりなので
顔なじみだったり
いつの間にか大きくなりできることがたくさん増えた子どもたちを見て
会話が自然と生まれていました(^^♪
 
 
初げそデビューだったり(すっごい上手に食べてました!!)
離乳食をたくさん食べてみんなをすごいと関心したり
お兄ちゃんのあとをついて遊んでみたり
子どもたちの会話や反応にみんなが笑顔になったり
 
 
 
書き出すときりがありません!(笑)



今年のイベントは「パンケーキ飾り付け選手権」
公平な投票にて1番票の多かった方には
院長から「ジブリ博覧会」へのご招待券が贈呈されました!!


 
 
普段の営業日とは違うので
スタッフや会員様との距離もグッと近くなるイベントは
わたしたちスタッフにとっても毎度楽しみにしてます
 
 
 
ぜひ都合の良い時に気軽に参加してみてください
 
 
 
来月のイベントもお楽しみに!

kenken接骨院でのイベントなど!
定期配信されるLINE登録がおススメです!
LINE登録はこちらから!

; 友だち追加;


育児中、いざという災害時に困らないために~体験を通して~「食」

こんにちは!
女児男児育児中、3人目妊娠中
ママの身体をサポートするスペシャリスト
柔道整復師の原田です!
 
 
 
7月6日に起こった「西日本豪雨
私自身、広島市安芸区矢野東に住んでおり
テレビで放送されていたところは
毎日車で通るところです。
 
 
今回被災し、
今の私の経験でなにか伝えることで
育児中のご家庭や
妊娠中の方が
これから「もし」なにかあった時に
少しでも命や必要最低限の生活を守ることができる
きっかけになればとっても嬉しいです
 
 
 

ありがたいことに
家には被害はなかったものの
生活道路は崩壊し
「孤立」をした状態になりました
 

 
「孤立」状態で
1番初めに頭によぎったことは
「こどもたちの衣・食・住」
確保するべきものは子どもたちの食べ物や飲み物
また、おむつなどの衛生面をどうにか確保しなくてはと不安になりました。
 
 
 
 
まずは「
 
 
何度も停電になり、冷蔵庫にあるものが腐ってしまうと
ゴミを出すところもないので
とにかくどれくらいの食べ物があるのか
子どもたちはもちろん家族の食べ物は確保できるか
確認しました。
 
 
常備しておくものを普段から用意しておくべきだと
このときすごく痛感しました。
 (ネットを探すときちんと災害セット販売されてるんです( ;∀;))

 
 


確認すると・・・
調理を前提とした食べ物ばかりで
緊急時のお湯がなくても、解凍しなくても口にできるものが
自分があればいいなと考えていたものより
ずっと少なく感じました。
 
 
「買いに行ったらあるかも」
 
 
 
甘い!!
 
 

この写真は災害が起こった直後の近くのローソンです。
このあとローソンは一時閉店になりました。

 
パンなど確実に簡単に袋から出したら栄養を摂取できるものは
まずお店から消えます
大事な水などもそうです。
家族や個人を守るため何百、何千、何万の人々が同時に
物を求めてお店に集中します。
 
 
当然物流は機能しておらず
いつなにがどこのお店に入荷されるかわからないので
お店に行けば「ものがある」は
かなり甘い考えです!!
交通手段も限られてきます。
徒歩1分のお店でも、必要な物品が売っていない可能性がかなり高いです。
 
 
 
育児中のご家庭は食べ物に関していうと
2日分あれば安心とテレビなどでよく聞きますが
物流が機能し始めたのは被災して1週間
その間に断水、停電ざらにあります。
 
 
 
確実に水分を多めに確保すること
水、また栄養を補給する面でいうと
ポカリや経口補水液など脱水症状を起こさないためにも
必要です。
 
パンなどは保存がきかないので
日々常備できているものがあれば特別購入しなくてもたくさん食べ過ぎない限りは
困りません
(災害時のパンも販売してます!)
 
 
インスタントの食品はお湯が沸かせなくても温かくはないですが
水で長めに10分ほど放置しておけば食べることができるので
保存しとくにはもってこいだと思いました!
 
 
あとはスナック菓子など
食べないより確実に食べることができるものなどあると
とてつもなく助かります。
 

 
3歳と1歳の小さい子供なので
本当はしっかりと栄養を考えたものを食べさせたいけど
「生きるため」
食べることができないといった状況はどうしても避けなければいけないので
(長男に先天的な病気もあるため)
とにかく食料や水だけは常に常備することが
いざ、というときに必要以上に焦ることなく
必要最低限過ごすことができる最低ラインです。



次回は「衣」について!


このブログを見て
災害について少しでも備えなきゃ
備えておくと安心
子どもを守るためにもっと知りたい
など!
kenken接骨院LINE登録後
災害時の備え」と返信ください。
LINEの定期配信にて
気になる子どもへのいざというときの応急処置の方法のセミナー案内など
お得な情報が届きます!



; 友だち追加;


 
 
 
 


ママセミナーをもっと手軽に楽しく力を借りて、、!うまれかわります!



こんにちは!
女児男児育児中
ママの身体をサポートするスペシャリスト
柔道整復師の原田です!
 
 


ママセミナー」が始動し
参加してくださったお母さん
いいねと伝えてくださったお母さん
たくさんの方にこの活動を支持していただいています。
 
 

本当にうれしくもっとお母さんが気軽に参加できるものや
発展させていきたいなぁといろいろとイベントを考察中です!!
 
 
 



パパや家族で参加する運動教室
オープンスペースなどに出張したり
ランチ会などでママの交流を図りながら座談会形式で
お体の悩みを解決したり
バランスボールのみ1時間フルでエクササイズをひらいたりと
「ママセミナー」を今後発展させていきたいと思います。
 
 
 


ママ向けのイベントを開催されている方
もしくはこれからママの力になりたいと考えている方など
協力できればたくさんのママや子どもたち、家族のかたが
喜ぶ活動が多くできると考えています。
 
 
ぜひご協力をお願いできたら心強いです!!
 
 
興味のある方はkenken接骨院のLINEにて
子育てにやさしい活動」と返信ください
 
 
; 友だち追加;
 
また、ママのサークルや
常時のオープンスペースなど
出張で来てほしいというお声があれば
ぜひ伺いたいと思います(*´▽`*)
 
 
内容は自宅でできる簡単エクササイズや
そのニーズに合わせ行います。

 
 
 
出張申し込みはkenken接骨院のLINEにて
ママセミナー 出張申し込み」と返信ください
 
 
 
; 友だち追加;  
これからじめっとした梅雨に入りますが楽しんで過ごしていきましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 


マタニティヨガレポ①



こんにちは!
女児男児育児中
ママの身体をサポートするスペシャリスト
柔道整復師の原田です!

 
 
5月27日からマタニティヨガスタートしました!
気になる方も多いと思うのでレポをお伝えします♪
 
 

山本典子先生が到着し続々と利用される方が来院されました♪
日曜日の特別なヨガタイムなので
時間に急ぐことなく
ゆったりゆっくりとスタートしました!


 
 
まずは、アンケート!
ここでまさかの利用される方の多くの共通点を発見し、それでわー!!と
場も和み、驚きと喜びでスタートしました♪
 
 
山本典子先生ブレンドの身体に優しい香りと音楽に包まれながらスタート!


 
お子様と一緒に来院されたお母さんは
お母さんと離れ過ぎず、おそばで見守りしました
途中ママー!となりましたが、院内を好きなように動きたかったり
少しママに触れ合いたかったようで
一緒にヨガを楽しんだりしてましたよ♪


 
 
なかなか産みたい産科にヨガ教室がない
したいけどできない、、
子連れでヨガ参加できないといった方には
かなり有意義なお時間を過ごしていただけると思います
 
 
 
 
 
これも1つのお腹の赤ちゃんとのコミュニケーションの1つで
お母さん自身の体をケアーしたり
運動不足になりがちな身体を動かすことが
妊婦さんにとってリフレッシュになったり
体のケアーに繋がります
妊娠中はストレス大敵!!
 


出産すればそこから育児がスタートするまでに
ご自身の体にお時間が使えるあいだを
ぜひ気持ちよく過ごすお手伝いができたら嬉しいです
 
 
終了後は ken ken接骨院のカフェスペースで
女性薬剤師さん調合のハーブティーや
カフェインレスコーヒーを堪能していただいたあと
各自解散となりました♪
 

 
これから定期開催していくために
多くのプレママさん、妊婦さんのお声があると嬉しいです
 
このマタニティヨガに参加してみたい人
いいなぁと思う人
この取り組みに共感がもてた人
 
ぜひ ken ken接骨院LINEにて
マタニティヨガ」と返信ください
 


; 友だち追加;  
ステキな情報が毎週土曜日に配信されます
 
 
 


産後の不安解消母乳育児による赤ちゃんとママへのメリット

こんにちは!
男児女児育児中
ママの身体をサポートするスペシャリスト
柔道整復師の原田です。
 
 
「母乳」についてです
 
 
よく母乳で体重が減る
母乳でないと赤ちゃんに栄養が・・・
と聞きます。
 
 
「母乳」での
赤ちゃんのメリット
お母さんのメリットを
わかりやすくしました♪
 
 
 赤ちゃんのメリット
 
昔から母乳育児は子どもにとっても
お母さんにとってもいいものだと広く周知されてきました。
 
 
なぜいいのか?
 
病気のリスクが軽減されること。
どんな病気のリスクをどれくらいさげるのか
 
 
病気 リスク減少
急性中耳炎 23%
アトピー性皮膚炎(家族の中に既存する) 42%
喘息(家族の中に既存しない) 27%
下気道感染症による入院 72%
肥満 7~24%
1型糖尿病 19~27%2
Ⅱ方糖尿病 39%
小児白血病 15%
SIDS 乳児突然死 36%
 
 
パーセンテージで書いてあるように
赤ちゃんにとって様々なメリットがあります!
 
 
お母さんにとってのメリット
 
・分娩後の体重の減少
ただし、母乳育児以外にも多くの要因あり!!
なので母乳だからといって絶対体重が落ちるわけではありませんよ!

 
・Ⅱ型糖尿病のリスクの軽減
・乳がんのリスクの軽減
・卵巣がんのリスク軽減
 
 
母乳育児をしなかった人
・浸潤型性の乳がんの危険性  4.3%増加
・閉経後の乳がんの発病率   2.4%増加
・メタボリックシンドローム   1,3倍増加
・心筋梗塞のリスク      1,3倍
 
 
母乳を必ずあげないといけない
というわけではありません
 
お母さん自身のお身体の状態もある
赤ちゃんの哺乳状況など
様々なことがあるので
 
母乳をあげないと病気で亡くなるわけではありません!
ミルクで大きくなったお子様もいっぱいいます!
しかも元気!
 
 
 
母乳は母子にとってメリットのとても多い育児方法の一つです(*´▽`*)



 
  LINEで友達追加すると
オープンスペースや健康な食、
子育てのためになる情報を
毎週土曜日に定期配信!
友達追加はこちらから

; 友だち追加;   
 
 


このページのトップへ